未知なる回路:気・霊感・予知
253387 未知の世界の知性?
 
あおい ( 30 群馬 OL ) 11/06/22 PM07 【印刷用へ
未知の世界の人からお聞きした予言やお話をブログにアップしている「幸福への道」の照さん。(リンク
その方のブログに、その未知の世界の人たちの存在を紐解くヒントになる記事をみつけましたので紹介します。

以下引用です。
*********************************
<世見> 2011/06/21(リンク
不思議な世界の皆様が、どんな知恵を出されたのか凄く興味が湧いてきました。

「はやぶさから、長期間通信が途絶えた事があったでしょう。」
「そうなのですか。」
「そうなの。あの時私達は、はやぶさの姿勢を正し、エンジンにも一工夫プラスしておいたのを関係者諸君は分かったかなァ。いや分からない事だろうネ。
だって私達の存在を知ることなど無いからネ。それと、自分達の技術と云うか知恵に酔っている為に、気付く事はないでしょうネ。」
(中略)
「それから、サンプル回収の時も大変だった。私達は大宇宙を移動出来るのには限界があり、皆様のように考えを行動に移せる肉体がない為に、はやぶさに関わるスタッフを動かさないと事が運ばない、その為に、こちらから知恵なるエネルギーを送るのですが、頭が堅過ぎて大変でした。」
「あの不思議な世界の皆様って、私達今世に生きる人をコントロール出来るのですか」

<世見> 2011/06/22(リンク
「誤解をしてはいけません。人間一人一人を、こちらから操る様な事は出来ません。ただ、人類が一心に思いを掛けている時はその人の意識に溶け込み、その人の純なる思いの中で共に生きる事が出来るのです。私の話を「まさか」とか「ありえない」と疑問を持っている人には、勿論一体化などは出来ませんが、純粋に考えている人の心とは結び付けるのです。発見・発明の多くは私達が、その人とひとつになれた時に出来ている事の方が多いと思います。所が多くの発明・発見者はすぐに自分の力だと自惚れる。すると、次が中々進まなくなるのです。どんな時でも、閃きは自分一人の能力ではない事を忘れてはいけません。」
「はやぶさについて何故、私達が協力したのかは、地球星を守る為です。あのイオンエンジンが実用化されるようになると、地球は美しい星に戻るでしょう。その為のヒントを教えておきます。」
「前にも話をしたと思うのですが、希ガスをもっと研究し、それを利用する事です。それと、イオンの同素体を良く考えるのです。もうひとつがイオンとイオンの結合です。この三つを研究者が真剣に考える時、私達はその人と一体化して大発見を成し得る事になるのです。さて、どの方がこの話を理解してくれる事になるのか、こちらから見ている事に致します。」
「私の話を聞いてくれている皆様、私達は皆様が思われる神様ではありません。皆様と同じ考えを持つこちらで生きている者です。皆様が清らかな思いの日にはいつでもお心の中に行ける準備をし始めています。どうか、思い遣る気持ちを育てられ大仕事をしませんか・・・」
声が遠くなった。
*********************************
引用ここまで。

※「はやぶさ」とは2003年に、宇宙科学研究所が打ち上げた小惑星探査機のことです。2005年にアポロ群の小惑星イトカワに到達し、その表面を詳しく観測してサンプル採集を試みた後、2010年に戻ってきました。地球重力圏外にある天体の固体表面に着陸してのサンプルリターンは、世界初の試みでした。
この「はやぶさ」は一時は通信が1ヵ月近く断絶するなど数々のトラブルに見舞われ、帰還が難しいと思われていましたが、無事乗り越えて帰還を果たしました。

私は、今まで、未知の世界の方(不思議な世界の方)は、未来から来られていると思っていたのですが、それは違うようですね。どうやら肉体はないが宇宙におり、同じ時を感じている方のようです。
みんなの潜在意識の集合体のようなものなのでしょうか?
もしかしたら、心を清らかにしたら、みんなこの声が聞こえるのかなと思いました。
 
  List
  この記事は 247210 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253387
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
272465 iPS細胞・山中伸弥教授と「はやぶさ」川口淳一郎博士が示す道(1) 岡本誠 13/01/24 PM00
254787 ジョン・タイター氏が予言した2020年の日本列島 ハイネケン 11/07/26 AM01
254427 自らの体感温度を低く感じさせる超省エネ効果!? たっぴ 11/07/16 AM01
「南から見た縄文」最終回〜南方からの視点で見えてきた可能性 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/06/26 AM00
253492 未知の世界の知性と、小惑星探索機「はやぶさ」との関係 たっぴ 11/06/25 PM03
253491 見えない世界からの警告か?或いは、未知なる世界への幕開けか?そして、UFOの飛来も頻繁に? たっぴ 11/06/25 PM03
253448 なるほど!「やる気」の構造 田野健 11/06/24 AM03
「宇宙人はいるのか?」 〜宇宙人にまつわる事件と概要のリンク集 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/06/23 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp