西洋医療と東洋医療
253344 学者の作り出した「定説」は、自己正当化のためだけにある(2)
 
田中直人 ( 壮年 越前町 あれこれ兼業 ) 11/06/21 PM07 【印刷用へ
≪続きです≫

異論「骨髄造血」:正論「腸造血」 リンク より

●正論「腸造血説」は、何故に封印されたか?

「食べた物が血となり、骨や肉になる」、ごく当たり前の論理です。
健康を維持する為に「定期的にご飯を食べ水分を補給する」、この循環が滞ると生きる事は出来ません。
これは、生体の定義です。
消化器官は、一つの無駄もありません。 食べた物は、胃・小腸・結腸・膵臓・脾臓・胆嚢・肝臓から血液を造り、心臓を経由して体中に栄養(エネルギー)として送っているのです。
「食べた物が骨髄液になる(骨髄造血説)」と「食べた物が血になる(腸造血説)」、二つの論理は天と地ほど違いがあり、確実にどちらかが間違っています。

具体的な事例を紹介します。
それは、ベストセラーになった『五体不満足』の著者で(現)小学校教諭の“乙武洋匡”さんと、ホームラン記録保持者で(現)ソフトバンク・ホークス監督“王貞治”さんの健康比較です。 
先天的に手足が短く骨髄量が明らかに少ない乙武さんが、貧血症状もなく健康体であるのに比べ、頑丈な骨格を誇る王さんは、昨年の七月胃ガン治療で胃の全摘出手術を受け、極端に痩せて病弱感が拭えない事です。
王さんに限らず胃や腸などの内臓を切除した人は、総じて貧血症を患い手術前の体力を回復する事など出来ないのです。 一方、乙武さんは骨髄量に関係なく健全な内臓を保持している為、五体不満足であってもスポーツで鍛えた骨でなくても、それ相応の健康を維持できるのです。
お二人の健康状態は、骨髄から来るものではなく、内臓が左右しているのは明白です。胃腸に欠陥がある人は、一様に痩せて血色が悪いものです。
この事例は「腸造血説」の信義を、証明しているのではないでしょうか!

不思議な事に「骨髄移植」と言う、白血病治癒に効果があるとされる治療法が存在します。
テレビコマーシャルで頻繁に流れる「命のリレーは、骨髄バンク登録から・・・」(公共広告機構)が、それです。
ある意味で、最先端医療?と言えるのかも知れません。
日本では、1991年に骨髄移植財団が設立され、1993年から骨髄移植が行われています。
その医療の目的は、白血病や再生不良性貧血などの難治性血液疾患に、ドナーから採取した正常な細胞の移植が、造血幹細胞の機能が低下した患者に対し、治癒効果があるとされています。
ただし「骨髄造血説」が正論でなければ、「骨髄移植」は幻の(実体のない)医療でしかありません。
その後、骨髄移植は臍帯血移植を含め、現在までに約1万例の実績がある様です。
何故か、骨髄移植を推進する医療界は、治癒結果の公表を渋っています。
「患者とドナーのプライバシーを厳守する為」と弁解してしていますが、現実には秘密裏にしなければならない理由があります。
それは、治癒率が余りにも低い為に公開できないのです!

「骨髄造血説」から生まれた「骨髄移植」や「臍帯血移植」は、論理そのものが曖昧なのです。
推理や推測から生まれた医療は、当然の如く治療法も曖昧です。
まず、ドナーから採取した貴重な骨髄液を、白血病で苦しむ患者に移植します。
その療法が、患者の骨髄に直接移植するのであれば、何らかの治癒効果は期待できます。
しかし、ドナーの腰骨から採取した骨髄液を、患者胸部の静脈へ点滴(輸血)するのですから、移植の効果は過渡的に薄れます。
まるで「二階から目薬」です!
100ミリリットルにも満たない骨髄液を4リットルの血液の中に混ぜ入れ、患者の造血にどの様な効果が期待できるのでしょうか?
この療法は、単なる少量の輸血に他なりません。
輸血で難病が治るのであれば、世の中からガンや白血病は無くなります。
十数年前「健康な若者の血液がガン治癒に効果がある」と宣伝し、スポーツクラブに在籍する大学生から血液を買い、裕福なガン患者に治療と称して輸血し、高額医療費を騙し取った「売血偽治療事件」がありました。 
その事例と“大同小異”です。
移植とも輸血とも区別できない治療法が、良い結果を生む道理がありません。
当然「骨髄移植」で、ドナーの骨髄液が患者の骨髄に定着する確率は、この移植の治癒確率同様に低いのです。
論拠のない「骨髄造血説」に基づいた「骨髄移植」の治癒率は、限りなくゼロに等しいと言っても過言ではありません。
仮に「骨髄移植」で白血病が治ったとしても、それは奇跡に近い偶然です。
「骨髄移植」は、ボランティアであるドナーの誠意と、白血病で苦しむ患者の希望を裏切る、次元も治癒率も低い曖昧な治療法なのです。

一般人が「太陽が昇る」とか「日が沈む」と言うのは自由です。
しかし教育者や学者が、コペルニクスの「地動説」を否定し、「天動説」を人々に吹聴されては困ります。
特に、人の命を与る医者の思考が「天動説モドキ」では、お話になりません。人々に説明し、理解され納得されない医療は、進歩的でも科学的でもありません。間違いが間違いを増長し、終いには収拾がつかなくなるのです。
それは、白血病に限らずガン疾患においても同じ事が言えます。
要するに、理に適わない医療は、良い結果など残さないのです。
ぜひ、医療関係者は「骨髄造血説」の不合理を、再確認して下さい。
そして「太陽を中心に地球が回る」=「腸造血説」を、真剣に学習して下さい。「医者に病気は治せない」と、揶揄されない為にも!
【引用ここまで】
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253344
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp