市場は環境を守れない、社会を統合できない
253065 6/5なんでや劇場(4) 金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/06/16 AM00 【印刷用へ
確かに金貸したちは近代社会を支配してきた。しかし、彼らが人間奴隷化計画だとか世界支配計画を持っているといった類の話に惑わされてはならない。その話そのものが騙しである、彼らのやってきたことを冷静に見ていけば、そのことがわかる。

彼らは、世界経済をバブル化して今や世界は崩壊の危機に瀕しているが、彼らがやってきたことは経済破壊だけではなく、それと同時に、放射能と電磁波という最先端技術を使って地球をも破壊してきた(大量の電磁波によって、地球上空の電離層が破壊されつつある。電離層に穴が開いたら、太陽からの放射線が大量に地球に降り注ぐことになる)。

しかも、彼らは地球を破壊し続けながら、その後の地球をどうする?という目処を何一つ持っていないということが、福島原発事故によって明らかになった。
例えば、彼らは未だに放射能を無効化する技術を開発していない。また、壊れた電離層を修復する技術にいたっては、何一つ考えてもいない。放射能にしても、電磁波による電離層破壊にしても、全て見切り発車で突っ走ってきたにすぎない。つまり、金貸したちは目先の利益追求に追われて、次々と破滅的技術を導入し、その結果として地球を破壊してきただけなのである。そんな連中に、人間牧場化計画とかワンワールド計画などという「壮大な」計画があるはずがないだろう。

あるいは金貸しの背後には宇宙人がいるというトンデモない話まであるが、それも含めて全ては、後で考え出したこじつけの屁理屈にすぎない。おそらくは、彼ら支配勢力がいかに強大な力を持っているかを印象づけ、大衆に抵抗を諦めさせる狙いの騙しである。なぜなら、彼らは単に目先の利益追求に追われているだけであって、「その後どうするか?」など全く考えていないことは、これまで彼らがやってきたこと(放射能と電磁波による地球破壊)から明らかだからである。

私権時代は終焉の時を迎え、もはや武力や資力の時代ではない。今や、共認力の時代である。従って、彼らの最後の武器は、彼らが支配するマスコミであり、それだけが彼らの最後の防衛線である。従って、彼ら支配勢力に対する共認闘争にどうやったら勝てるか? 日本を再生できるかどうかは、その一点にかかっている。
 
  List
  この記事は 253023 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253065
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261478 ヨーロッパに襲いかかった福島の巨大津波の余波(1)〜純利益1箇所1日1億円!:ドイツの原子力発電所 橋口健一 12/02/17 PM07
254202 300人委員会による人間牧場計画 ダイアF 11/07/10 AM01
なんでや劇場のご案内  7/3(日) 14:00〜18:00   「ブログ de なんで屋 @東京」 11/06/23 PM07
253321 「自業自得」…なんでしょうかね?ミズーリ州洪水で原発危機 Silentservice 11/06/21 AM06
【シリーズ】なんでや劇場リポート〜福島原発は、日本が金貸し・マスコミの共認支配から脱却するチャンス〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/06/20 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp