日本を守るのに、右も左もない
253023 6/5なんでや劇場(3) 日本の首相がアホばかりになったもう一つの理由
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/06/15 AM00 【印刷用へ
‘85年以降、とりわけ21世紀に入ってから、日本の政治状況は目も当てられないくらい混迷しているが、それは何故か?

バックにいるロスチャイルドやロックフェラーが追い詰められているからだというのが、これまでの分析であったが、もう一つの視点を提起する。

日本を支配する裏天皇と言っても彼自身に能力があるわけではなく、有能な参謀・ご意見番に支えられてきたから保っていたにすぎない。例えば、保守政権のご意見番(精神的支柱)として存在していた安岡正篤や瀬島龍三、笹川良一、児玉誉士夫などがそれである。
’85年までの自民党政権が、最後はロックフェラーやロスチャイルドの命令に従わざるを得なかったとしても、国民の生活を守るための最低限の手を尽くしてきたのは、彼らの尽力によるところが大きい。

ところが、’80年代中ごろ〜’90年代にかけて彼らが相次いで亡くなってゆく。’83年安岡正篤、’84年児玉誉士夫、’95年笹川良一、’00年代に入って瀬島龍三も逝く。ロスチャイルドやロックフェラーの攻勢に対して最低限の防御線を敷いてきた大物たちを亡くしたことと、’00年小泉以降、日本の首相がアホばかりになったことは、決して無縁ではない。例えば、もし安岡正篤が生きていたら、こんなアホな連中を首相にすることなど、決して認めなかっただろう。つまり、政界を束ねる人間がいなくなったことも、アホ首相の連続と政局の混迷の一因である。

束ねる人間がいないということは、同時に、今や裏天皇も旧陸軍勢力も力を持っていないということを意味する。実際、福島原発事故における東電の迷走ぶりは、旧陸軍勢力の傘下企業群に対する指揮系統が機能していないことを示している。裏で参謀が指揮しているのであれば、あんな場当たり的な対応に終始するはずがない。

また、岸以来の〜小泉〜安部〜福田〜麻生という清和会系の系譜、彼らが100%ロックフェラーの手先だという認識も改める必要がある。

岸は戦前・戦時中は満州にいて利権を貪っていたことから見て、元はロスチャイルド系だったと考えられるが、巣鴨プリズンでロックフェラーに転向し、その後日米安保条約を強行採決した。ところが、彼らは心底からロックフェラーに服従しているわけではなく、隙あらば戦前の軍国主義(日本主義)の復活をと狙っていた。だから彼らは、鵺のような行動を取る二重スパイのような存在であった。だから、ロックフェラーの命令を素直に聞かない。最終的にはロックフェラーとの力関係で言い成りになるのだが、すぐには首を縦に振らない。だから安部や福田や麻生はすぐに切られた。

そこが、何の信念もなく完全に言い成りになる菅との違いである。闇の勢力が、何でもすぐに言うことを聞く言い成り人間を必要としているのは、今やそうしなければ彼ら自身が成り行かない段階にまで切迫しているからである。

一方、今回の内閣不信任案のドタバタ劇で、田中派(経世会)の流れを汲む小沢は急速に求心力を低下させている。ロスチャイルドは小沢を切って、今後は鳩山を操るつもりだろう。252529

考えてみれば、小沢が新党を立ち上げるタイミングは、以前から何度もあった(政治資金がらみで検察の捜査を受け始めた時、郵政民営化停止法案の時、尖閣諸島問題の時、不正な代表選挙で菅直人が首相になった時、など)。民主党政権誕生時に民主党への票として結実した民意は、その時もまだ残っていたのだから、菅内閣成立時に小沢が党を割って新党を立ち上げていれば”、アメリカの言いなりとなって自滅していく菅・民主党を大衆は見限って、小沢新党への期待は大きく高まったであろう。3・11東北大地震〜福島原発事故の前に新党を立ち上げていれば、決定的な流れとなったはずだ。それをしなかったのは、政権与党の座に固執したからであろう。それが党を割り新党を立ち上げる判断を鈍らせてきたことになる。

小沢が切られた以上、当分は、菅政権と同じかそれ以上の言い成り政権(無能政権)しか登場しないだろう。252533
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253023
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
6/5なんでや劇場(13)〜(14) 日本の首相がアホ化した理由と目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけの金貸し 「日本を守るのに右も左もない」 11/07/14 PM11
254286 皇統の争い〜現天皇家:闇組織の謀略〜 彗星 11/07/12 PM04
253065 6/5なんでや劇場(4) 金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ 冨田彰男 11/06/16 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp