実現論を塗り重ねてゆく
253001 【中国】中国の歴史とは、漢民族の歴史ではなく、異民族の歴史を継はぎした物
 
麻丘東出 ( 50 兵庫 環境コンサルタント ) 11/06/14 PM03 【印刷用へ
一般的には、漢民族の由来は漢帝国の時代に遡るが、その漢民族が、周辺の異民族を吸収し感化し中国文明を作り上げてきたというのは歴史的事実に反する。
中国の歴史は絶え間ない民族・人種の混合であり、実情は異民族に征服され、統治されることでその異文化の恩恵を受けて漢民族は進歩できた。

さらにいえば、漢朝の最盛期には人口が6000万人を数えたが、黄巾の乱などの後漢末から異民族国家の乱立期(五胡十六国から南北朝にかけて)に、戦火による大虐殺でその人口が約700万人まで激減しており、漢民族はその時から極少数民族でしかない(※岡田英弘はこの時点でオリジナルな漢民族は滅亡したと考察している)。

中国は、異民族に絶え間なく侵略・征服、支配され続けてきた。
中国の歴史とは「漢民族の歴史」ではなく、異民族の歴史を継はぎした物に他ならない。

---------------------------------------------------
『変水流体術 「漢民族の歴史を中国史に塗り替える」中国共産党の偽史と少数民族支配の欺瞞』リンク より転載

漢民族が、周辺の異民族を感化し中国文明を作り上げてきたというのは歴史的事実に反する。実情は異民族に征服され、統治されることでその異文化の恩恵を受けて漢民族は進歩できたのだ。

事実、漢民族が中国を支配した時代はその歴史の約1/4程にしか過ぎず。秦や元などの異民族が支配する時代にもっとも文化的な発展をしている。

(秦人はもともと、甘粛省の草原の遊牧民「西戎」である。ちなみに唐の高祖・太宗とも鮮卑であり漢民族ではない。彼らはその姓を「李」といいその始祖を李玄盛といい、今の甘粛省の人だ)

つまり、歴史的に漢民族(実は諸民族の混血種)の支配する中原(黄河中・下流域)とは、異民族(秦など)が支配する広大な地域の一部でしかなかった。異民族に支配されることで、その領土が拡大し、文化が発展してきたというのが中国の真の歴史だ。大都(今の北京)を作ったフビライにしても、支那(中国)はその支配する広大な地域(チベット・モンゴル・ウイグルなど)の一部でしかなく、彼は支那を管理するために定期的に大都を訪れるだけで、そこから南(支那の地)には一度も足を踏み入れたことは無い。

秦や元、或いは清にしても、その政治システムや文化は漢民族が作り上げたものではない。支那は支那の政治システムに任せただけで、その上にモンゴルなど支配民族の統治システムがある。(元では、漢民族の身分は色目人[イラン人など]より格下で、金の支配下にあった河北の漢人が第三番目、南宋の支配下にあった南の漢人は第四番目であり、中原「中華」に行くほど身分が低い)

支那の語源でもある異民族の秦によって初めて中国大陸が統一され、支那人(現在漢民族と言われている混血民族)が人為的に作り上げられたが、そのシナ人は、周知されているように、異民族国家の乱立期(五胡十六国から南北朝にかけて)に戦火による大虐殺でその人口が約700万人まで激減した。

それ以来漢民族に代わって蒙古系、ツングース系、チベット系、南方系が中原を占めるようになる。これら混血民族の子孫である今の支那人は、勝手に漢民族だと自称しているに過ぎない。

結論を言えば・・・中国の歴史とは「漢民族の歴史」ではなく、異民族の歴史を継はぎした物に他ならない。

その異民族の歴史と文化の継承してきたに過ぎない中国を中国政府(中国共産党や国民党)はどう見てきたか。

中国共産党の見解は右記の通りである。「伝統的には中華と夷狄は区別されていたとしても、近代国家建設においては、中国という枠組の中に、そこに住む民族はすべて『中華民族』として融合されてきた」と言っている。

だから、漢民族はもとより、チベット民族、モンゴル民族、ウイグル民族やその他少数民族は中華民族の一員だとの主張なのである。

しかし、この論理は支配される少数民族(決して少数ではないが)にしてみれば、それは漢民族(中国共産党や国民党)の身勝手な言い分に過ぎない。

事実、元朝のみならず清朝でもウイグルやモンゴル、チベットは決して中国(支那)の一部ではなかった。支那の統治に関しては、科挙により役人になった者が行政に参加できたが、それ以外の帝国全体の統治システムは満州人(清の民族)の仕事であり、中国人(支那人)は参加できなかった。(その税制も5つの国ではまったく違う制度を設けていた。モンゴル帝国の後継者である清朝では、モンゴル人からは一切税金を取っていない)

また、辛亥革命の基本的理念は、光復革命(野蛮な異民族支配を打倒し、優れた漢民族による異民族支配の確立を目指した革命)の実現であり、孫文でさえ自惚れにすぎないその中華思想から、優秀な漢民族が中国を統治するのが望ましいと述べている。

異民族(モンゴル・チベット・ウイグル)の側からすれば、漢民族が光復革命を掲げて清朝から独立するのであれば、我々も同様に清朝からの独立を目指すことが出来るということになる。

実際、モンゴルはそう宣言し、ソ連の支援のもとに中国共産党の支配から辛くも抜け出すことが出来た。


今日の少数民族の悲劇の根源は、孫文の「建国方略」にある。彼は中国の実業振興をうたい文句にモンゴル、ウイグルへの漢民族の殖民を推進し、鉄道網の整備を計画推進した。その目的はウイグル自治区などの鉱物資源の獲得である。

いわく「モンゴル、新疆への殖民は、鉄道計画を補助するものである。(中略)移民の数は1千万とし、人口が多い省から西北地域へ移し、自然の富源を開発すれば、商業活動の利益があまねく広がってく」・・・つまり人口の少ない少数民族の地域に漢民族を送り込み、漢化させるという構想だ。
 
  List
  この記事は 252999 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253001
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
253325 【中国】中華のまん中も牧民の世界 麻丘東出 11/06/21 AM08
253004 【中国】中国は、現代に至るまでの4千年間、毎年必ず国内のどこかで戦争があった 麻丘東出 11/06/14 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp