日本人と縄文体質
252990 6/5なんでや劇場(2) 庶民にとって「お上」のことなど、どうでもよかった
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/06/14 AM11 【印刷用へ
日本の支配階級たち(裏天皇や旧陸軍勢力)がやってきたことを再度、俯瞰してみる。

明治維新や日露戦争まではロスチャイルドのおかげで成功したと言えても、太平洋戦争では大量の戦死者を出し、日本は焦土化し、最後には原爆を落とされて悲惨な敗戦を喫した。続いて25年前、御巣鷹山事変で米ソに戦闘を仕掛けた証拠を握られて屈服し、プラザ合意以降、日本の財産を巻き上げられ続けてきた。また、平行して日本中に原発を50基も建てまくって、今や日本中を汚染している。

こうして俯瞰してみると、裏天皇や旧陸軍勢力がやってきたことは、ことごとく日本を破壊することばかりではないか。

それに対して、庶民はどうだったか?

日本は縄文時代まで共同体社会であった。庶民(縄文人)にとって外からやってきた支配者たちの世界は、自分たちには無関係な世界であった。庶民にとっては自分たちの共同体の共認充足が維持できればそれでよいので、支配階級の世界は捨象してきたと言ってもよい。「お上」という言葉が、自分たちとは無関係であって、「どうでもよいもの」という庶民の感覚を良く示している。だから日本人は社会や政治を捨象し、観念も捨象してきたのである。

このような庶民の意識をいいことに、朝鮮から来た支配階級はやりたい放題の権力闘争を繰り返してきた。この土台の上に明治以来の試験制度が塗り重ねられると、試験制度の勝者である少数のエリートも、支配階級の価値観に染められ、組み込まれてゆく。

一方で日本の支配階級には、民の生活第一という価値観が底流として存在したのも事実であるが、それは次のような理由からである。

朝鮮から来た支配階級にとって、縄文人は信じられないくらい素直で従順であり、ほとんど戦争をすることなく、支配体制が受け入れられてきた。世界の常識では当たり前の、力の原理に物を言わせて従わせるということが、縄文体質の世界では全く不要なのである。これは世界的に見ても極めて特異なことである。すると、支配階級の側も力で制圧するのではなく、縄文人たちと仲良くやった方が得→庶民の生活が第一という意識が形成されてゆく。このように「みんなのため」「民の生活第一」という発想が日本の支配階級の間で形成されたのも、庶民大衆が縄文体質だったからである。

しかし、支配階級が国民生活第一だったのも、’85年御巣鷹山事変までの話である。アメリカに弱みを握られて言い成りになり、その上、金融危機で追い詰められたロスチャイルドやロックフェラーの日本に対する要求が苛烈になるに従って、日本の支配勢力は国民生活のことなど全く考えなくなってゆく。
 
  List
  この記事は 252930 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_252990
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
6/5なんでや劇場(11)〜(12) 支配階級の属国根性と、「お上」のことなどどうでもよい庶民の感覚 「日本を守るのに右も左もない」 11/07/09 PM03
253797 日本では、実権を持っている者はノーチェック(丸山真男の日本の思想) 岸良造 11/07/01 PM09
253688 我々が残す「縄文体質」は健全なのか、可能性なのか HAYABUSA 11/06/29 PM11
253149 東電福島原発事故を防げなかった要因:日本人の運命受容型価値観か 猛獣王S 11/06/17 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp