人工物質の脅威:大気・水・食品
252826 【放射線量測定】6/9大阪 〜大きな変化はなし/放射線を防護する食べ物(フランス医学系サイトより)〜
 
三浦弘之 ( 31 静岡 会社員 ) 11/06/11 AM00 【印刷用へ
大きな変化はなし

測定場所:大阪 新大阪
測定機器:COLIY 900+
測定位置:SRC造ビル/8F:窓際(窓開放時)、室内(接客スペース)/1F:屋外(1m)、地表面/屋上(11F)
測定方法:10分間の累積線量から1時間あたりの数値に換算(10分間の累積線量を6倍しています)。1日に12時と24時の2回測定。
測定放射線:α線+β線+γ線

注)BG線(自然発生放射線。0.1〜0.3μSv/h程度)を含む。

測定結果(←昨日値)
6/9 昼 晴 単位:μSv/h
窓際 :0.162(←0.222)
室内 :0.204(←0.198)
屋外 :0.216(←0.186)
地表面:0.240(←0.258)
屋上 :0.192(←0.216)

6/9 夜 晴 単位:μSv/h
窓際 :0.258(←0.216)
室内 :0.198(←0.210)
屋外 :0.210(←0.186)
地表面:0.288(←0.252)
屋上 :0.186(←0.198)


☆放射線マメ知識〜放射線を防護する食べ物(フランス医学系サイトより)〜☆

フランスの医学系サイト「MEDECIN direct」の3月23日の記事「放射線を防護する食べ物は?」では、次のように説明しています。(一部抜粋)(リンク

3つの基本
@選択吸収:体内が有益なミネラルですでに飽和状態であれば、放射性鉱物はより少なく吸収する
Aキレート:食品のなかには、放射性物質を組織から取り除き、器官から排泄するものがある
Bからだの抗酸化・抗酵素のレベルを高くキープし、免疫力を向上させる

@選択吸収はどうしていいのか?
・pHバランスをややアルカリ性気味の中性が、放射線への抵抗力が高いとの研究結果がでている。pHバランスを保つ(酸性になりすぎない)ために、有益なミネラル(カルシウムやマグネシウム)を体内にためておくのがよい。
・特に砂糖を控え、肉やソーセージを減らす。

そのためには、どのようなミネラルがいいですか?
カルシウムは、ストロンチウム90、ストロンチウム58、バリウム140、ラジウムに取って代わり、骨を守る。
カリウムは、セシウム137・134、カリウム42に取って代わり、筋肉、腎臓、肝臓、生殖器を守る。
ヨウ素は、ヨウ素131に取って代わり、甲状腺や生殖腺を守る。
鉄は、プルトニウム238・239、鉄238・239に取って代わり、肺、肝臓、生殖腺を守る。
亜鉛は、亜鉛65に取って代わり、骨と生殖腺を守る。
ビタミンB12は、コバルト60を防ぎ、肝臓と生殖器を守る。
イオウは、イオウ135に効果があり、皮膚を守る。
こうしたミネラルが豊富に含む食品を摂取するのは、放射線防護をするうえで必要となる。

Aキレート食品は何がありますか?
アルギン酸塩:海藻(ワカメ、コンブ、ヒジキなど)に含まれる。
ジビコリン酸:味噌に含まれる。
ペクチンと食物繊維:リンゴ、精製していない穀類、ヒマワリやカボチャの種、野菜、大豆
イオン酸:キャベツ類、カブの葉、ロケット、ラディッシュの葉

B抗酸化食品は何がありますか?
蜂花粉(ビーポーレン):免疫力を高める。
ビート:造血作用がある。
酵母:ビタミン12を含み、放射線を防ぐ。
ニンニク、高麗人参、タマネギ
クロロフィル:レタス、生野菜、クロレラ、大麦の葉、新芽、海藻
赤いフルーツ
緑茶、昆布茶
 
  List
  この記事は 252744 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_252826
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
追求お題『この食品が放射線から身を守る3つの視点』 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/06/27 AM10
252835 【放射線量測定】6/10大阪 〜大きな変化はなし/胎児への影響〜 吉田達乃鯉 11/06/11 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp