日本を守るのに、右も左もない
252789 日航事故C 旧陸軍勢力の背後にいるのはロスチャイルド
 
縄文男児 ( 60代 経営 ) 11/06/10 AM00 【印刷用へ
B氏曰く、この旧陸軍勢力と繋がっているのはソ中独仏とのこと。つまり、ロスチャイルドである。B氏は、ロスチャイルドの名前は出さずに「ヨーロッパ勢」という言い方をしているが、ロスチャイルドだと考えて間違いないだろう。

では、B氏の正体は?

旧陸軍勢力と敵対とする旧海軍側の人物だと考えられる。旧海軍は米英と近く、真珠湾攻撃も含めて日本の情報を米にリークしたのは旧海軍に違いなく、もっとはっきり言えば、B氏のバックにいるのはデビッド・ロックフェラーだろう。B氏の表向きの肩書きは中曽根首相の軍事面の補佐官であるが、本当は中曽根の監視役として送り込まれたデビッドのエージェントではないか。

また、B氏によれば、この事変当時の首相は中曽根で、事変対応の責任者は小沢一郎、隠蔽工作担当は亀井静香、揉み消しに動いた地元の弁護士が福島瑞穂とのことである。そのことを証明するような出来事が、つい先日にもあった。地下原発議員連盟の発足である。そこには、鳩山・羽田牧や亀井静香らロスチャイルド系政治家(および森・安部・平沼や谷垣ら核武装派の政治家)が顔を並べている。福島原発事故が世界中で注視されているこの期に及んで尚、ロスチャイルドは原発を止めるつもりはなく、あくまで原発を推進するという意志表示として発足させたのが地下原発議員連盟だろう。

では、ここに小沢の名前がないのは、どういうことか?
鳩山や亀井はロスチャイルドの指令に従わざるを得なかったが、小沢は抵抗した。その結果、小沢はロスチャイルドから見捨てられたのだろう。その表れが、先日の内閣不信任案騒動である。

このように、旧陸軍勢力のバックにいたのはロスチャイルドである。
おそらく、その関係は旧陸軍が発足した明治維新まで遡ることができる。
実際、倒幕もロスチャイルドの力で実現したものだし、明治政権も元勲はロスチャイルド系で、長州を中心としたロスチャイルド政権である。
従って、「旧陸軍勢力は何を考えていたのか?」を解明するためには、明治維新〜太平洋戦争〜’85年御巣鷹山事変に至るまでのロスチャイルドと旧陸軍勢力との繋がりを見ておく必要がある。
 
  List
  この記事は 252787 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_252789
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
6/5なんでや劇場(7)〜(10) ロスチャイルド(とロックフェラー)に乗せられた明治維新〜太平洋戦争 「日本を守るのに右も左もない」 11/06/30 PM08
252822 日航事故D ロスチャイルドに乗せられた明治維新と日露戦争 縄文男児 11/06/11 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp