人工物質の脅威:大気・水・食品
251726 【放射能対策】米のとぎ汁で乳酸菌を培養してみました☆A
 
長谷川文 ( 大阪 会社員 ) 11/05/25 AM00 【印刷用へ
ネット界では飯山語録を集めて発信している方がいらっしゃるようで、それも紹介します。
乳酸菌についての基礎知識もあったりして勉強になります。

リンク より抜粋しました。
*****************************************************************

【11】米のとぎ汁から培養した乳酸菌液を二次培養することは可能です。最初の米のとぎ汁が良く発酵してPhが3.8以下になったら、黒砂糖3%、粗塩0.5%の溶液で倍に薄めて拡大培養していく方法です。ただし拡大する度に、新鮮な米のとぎ汁を少々加えることが必要です。
【23】切り干し大根は、乳酸菌で戻すと、とても甘くなる。

【24】乳酸菌入りドレッシングみそみかん味は、乳酸菌にみかん汁を少しと白味噌をほんの少し。絶品です。

【25】お風呂に入れるとアトピー性皮膚炎に効果。

【26】お肉や魚介類を漬け込むと発酵し、いつまでも腐らないし、しかも美味しく食べられる。

【27】口切り詰めるってのは、酸素が少ないほうがいいということです。

【28】玄米で作ると白米のときより格段にいいそうです。

【29】研ぎ汁発酵後の保存は、粗塩1%黒砂糖3%を入れておけば、1ヶ月は保存できる。それより、どんどん使うこと、バンバンつくること。

【32】光合成細菌は放射性物質を捕食するために鞭毛で移動していきます。放射性物質が菌体内に入れば、α線は出てきません。また放射線がエネルギーとして利用されて放射性物質は「劣化」します。放射性物質が微生物の体内に取り込まれて「劣化」するとは、半減期が縮小するほどではなく、微生物の電磁誘導作用に「感化」され電磁粒子を放射してしまう現象です。

【33】微生物や植物の放射線や放射能に対する耐性は強力です。のみならず、微生物や植物は放射線や放射能を生命エネルギーとして利用しています。その利用の仕方は、核種の高エネルギーの一発的瞬間的発射ではなく、時間的に遅延させて少しずつ発射させるという仕組みです。

【34】乳酸菌や光合成細菌は放射性物質を捕食し生命エネルギーとして利用する。この性質を利用して、肺の中に吸い込んだ菌体に肺臓内の放射性物質を捕食させ、痰として体外に出す。そのための乳酸菌培養です。生物学的原子転換は、この後の問題です。

【35】玄米を百回以上も噛んでいると、口のなかは唾液で一杯になるが、玄米の美味さが身体一杯にひろがる感じになる。これ、じつは、米の豊富な栄養分を全身が求めている証拠なのだ。玄米を噛んでいるうちに、口内で玄米乳酸菌が増殖する。噛めば噛むほど乳酸菌が増える。この乳酸菌が放射能を無害化する…。

【36】岡山大学医学部の研究によれば、腸内微生物から乳酸菌が消えると人間(とくに老人)は死亡するということです。人間の健康にとって、乳酸菌は絶対に必要なものです。

【37】玄米の御飯。100℃で沸騰させるので常識的には乳酸菌は高温殺菌されて死んでいるはずだが、どっこい生きている。玄米ご飯をシャーレに入れて培養すると、乳酸菌も光合成細菌も生き返る。ま、生命が発生したときの原始地球の表面温度は300℃だから、熱には強い。

【38】ビフィズス菌は大腸から直腸付近で生きている乳酸菌で、自然環境の中では生きられませんが、大腸ガンや直腸ガンを発生させない、ガンが発生してもピタリと治す。という素晴らしい菌です。元気なビフィズス菌を大増殖させるにはオリゴ糖がいいのですが、ヤーコンはオリゴ糖の塊です。

【39】日本人の常識は、菌の世界の非常識。日本人の常識は、殺菌、滅菌、除菌、抗菌。バイ菌殺せ! 消毒消毒! 菌を殺す考え方。これからは、乳酸菌をせっせと培養し、飲み、肺に吸い込む日本人だけが生き残る! キレイキレイ大嫌い! トイレに入った後、手を洗う人大嫌い! 食事の前に手を洗う人も大嫌い! ボクはウンコしった後も手を洗わない、この40年。

2011-4/30〜
【40】米のとぎ汁の残留農薬は,全く心配無用です。万々一、残留農薬があっても、今の農薬は分解が早いし、乳酸菌が分解(生分解)してしまいます。安心して放射物質の浄化に使って下さい。 
【41】米の一番とぎ汁の発酵中は、置いたままより1日に1回ほど、沈澱物をよく混ぜるほうがいいです。置いたままだと、良く発酵する部分と、雑菌が繁殖する部分(上部の酸素に触れる部分)に分かれてしまう。

【42】硫黄っぽい味!それは米が良くないです。良く出来た発酵水は、甘酸っぱくて、遠い昔の初恋のヒトの匂いがしましたです。はい。

【43】砂糖は黒砂糖が理想。黒砂糖には細胞分裂に必要な非常に多くのミネラル分が含まれていますからね。タイミングは次の日。翌日。生き物にエサをやる感じ。「おいちいよー」と声をかけてやったほーがE。甜菜糖は栄養分不十分。

【46】発酵が失敗する米は保管方法や保管場所が良くなかった,とか,白米の状態が長かった(2ヶ月以上)とか,色々原因があります.米の一番とぎ汁は,普通は,良く発酵して,甘酸っぱくていい匂いになります。

【47】洗米汁乳酸菌は放射能以外にも対処します。肺の中に入ってしまった雑菌、チリ、ホコリ、死んだ肺細胞、ニコチン、タール、キスしている時に思わず吸い込んでしまった彼の歯クソ。色々出てきます。

2011-5/3
【49】米のとぎ汁乳酸菌は、黒糖蜜など上質なエサをやれば何年も生き続けます。
2011-5-4
【52】吸い込む前、噴霧器の中にレモン汁を1〜2滴たらすと、「吸い込み味」が良くなるし、痰の出も早くなります。

2011-5/5
【55】菌の培養にはサトウキビ由来の黒糖が最適。細胞分裂に必要なミネラルが沢山ふくまれているからです。塩もNaClが99。99%の食塩ではダメです。少なくともMg、Ca、Kは必須です。

【56】先ず1日目に入れた磨ぎ汁がよく発酵して、味もニオイもOK!というのを確認したら、その後は新しいとぎ汁を足していってもいいです。粗塩も足す。

【57】新鮮な米を丁寧にといで、その一番汁だけをペットボトルに入れる。そのときロングライフ牛乳10%、黒砂糖3%、粗塩1%の割合で入れる。こたつがあればこたつに入れ、夜は抱いて寝て、常時30℃ぐらいの温度をかけていれば、必ず!甘酸っぱく発酵します。やってみて

【58】米のとぎ汁を発酵させる時、これからは必ず粗塩を入れるようにしましょう!塩は、海のなかで発生した地球上の生命体にとって必須のミネラルだ。生命現象は必ず細胞のなかで進行する。この細胞、とりわけ細胞膜は塩がないと形成されない。塩がないと細胞分裂も発生しないのだ。

2011-5/6
【59】米の一番とぎ汁に粗塩をひとつまみ落としてからペットボトルに入れフタはゆるゆるにして風呂の残り湯につけたり股にはさんで抱いて寝たりして30℃ぐらいの温度を保てば2〜3日でブクブクするので口にふくんで甘酸っぱい味がしたら成功なので後はとぎ汁を足していけばいい。

【60】米のとぎ汁乳酸菌の成功失敗の原因は先ず何と言っても米の新鮮度。玄米を精米して2ヶ月も経つと雑菌や空気中の腐敗菌が付着してしまうので良く発酵しない。最初は失敗しやすい。人間の体には雑菌が付いるからね。一度成功すると、その米の乳酸菌が体につくので、これが成功原因。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_251726
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
256304 ヨーグルト食べれば寿命が伸びる〜ビフィズス菌の驚くべき効果を解明 猛獣王S 11/09/01 PM08
254655 米のとぎ汁で作る乳酸菌での内部被爆対策〜その3 保存と拡大培養〜 菅野敬子 11/07/24 AM00
254654 米のとぎ汁で作る乳酸菌での内部被爆対策〜その2 作り方〜 菅野敬子 11/07/24 AM00
254653 米のとぎ汁で作る乳酸菌での内部被爆対策〜その1 材料〜 菅野敬子 11/07/24 AM00
253286 癌のリサイクル社会 川井孝浩 11/06/25 AM00
253158 乳酸菌は土壌の放射性物質を無効化するのか実験してみます!! fujita 11/06/22 AM00
252809 水入りペットボトルを積みあげて放射線約50%カット!福島の小学校☆ あおい 11/06/15 AM00
251825 「論より証拠」???? Silentservice 11/05/27 AM00
251802 微生物や植物は,放射線や紫外線をエネルギー源として活用している 西村真治 11/05/26 AM00
251785 植物の移行係数・元素別の移行係数の比較 羽根田誠 11/05/26 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp