共認運動をどう実現してゆくか?
250418 ツイッターでも事実収束の流れが加速しています!!
 
樫村志穂美 ( 28 茨城 OL ) 11/04/27 PM06 【印刷用へ
>現在のマスコミ不信から、事実収束へ向っている人は多くなっています。この潮流をより加速する事が重要になってくると思います。(250305)

ツイッターをやっているのですが、最近特に、原発ネタをつぶやくと、リツイートされたり、返信を下さったり、新たにフォロワーになって下さったりと、本当にたくさんの方々の反応があって驚いています。

さらに、こうやって新たにつながりが出来た方々のプロフィールを見ていると、「震災をきっかけに、事実を知りたくて、ツイッターを始めた・力を入れだした」という方の多さにも驚かされます。

一部ですが、そういった方々のプロフィールの紹介です。

*********************************

・21年9月20日生まれの息子がいますっ☆仕事もしている新米ママですっ☆・・・311震災経験しました。最近ほぼ震災ネタです。

・札幌出身大阪在住のアラフォー主婦です。小6女子と小4男子の母。日本に未来がありますように。私にできることを1つ1つやっていこう。

・Twitter新米、大震災・原発事故で情報収集の必要性を感じて始めました。40代主婦、ヨロシク。

・福島県田村市出身 35歳 既婚 男性普段は、コンピューターシステムの営業をしています週末は主夫(?)をすこししています。東北関東大地震 東京電力原発事故をきっかけにはじめました

・東京在住。3.11後ツイッターを始める。原発で死ぬのは嫌だ! 子供たちが死んでいくのを見るのは嫌だ! 温泉とおいしい海山の幸にめぐまれた、うつくしま福島をもとどおりにして返して! 私たちがいまなんとかしなければ、日本はもう破滅です。

・福島県南相馬市出身なので、原発や震災ばかりツイートしてますが、武蔵小山で「食にまつわる本と雑貨のお店」やってます。

・山口から、山陽小野田から3月11日からの大地震、大津波、原発事故で被害にあわれた方救助されている方を応援しています。

・原発問題専用にアカウント作りました。現在32歳。子供はいませんが将来の子供に素晴らしき世界を見せてあげたいと思っています。私一人で出来ることなんて皆無に等しいですが、みんなで力を合わせれば世界はちょっとずつ良い方向へ変わっていくと信じてます。僕も仲間にいれてください。よろしくお願いいたします。

・東京在住。40代。男。独身。・・・マスコミに腹立ててます。被災地の方をフォローします。リツイートメインですが、現地情報と原発関連は拡散します。

・高知の農家の息子、東京在住37歳、仕事食品関係。・・・3月13日初ツイート。初心者ですがよろしくお願いします。

・いてもたってもいられなくなりとにかく出来ることをします。原発に関する情報をつぶやきます。最後は自分で判断して行動してください。

*********************************

こういった方々の、原発関連のつぶやきへの反応数増は、震災直後よりも、マスコミが原発報道をほとんどしなくなった、4月以降(特にこの1,2週間)の方が顕著です!!

脱マスコミもそうですが、「自ら事実を追求していこう!!」
そんな人々の、能動的な事実収束の流れを感じています♪♪
 
  List
  この記事は 250305 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_250418
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp