原発
250323 1 福島原発の現状:ミニ水蒸気爆発でウランが粉末状になって飛散か?
 
小暮 勇午 ( 33 滋賀 路上人 ) 11/04/26 PM03 【印刷用へ
■福島原発の現状

日本原子力学会が認めているように、核燃料の溶融は既に始まっており、「溶融した燃料は細かい粒子状になり、圧力容器(内釜)の下部にたまって冷えている」とされている(リンク)。

┌─────────────┐
|コンクリート建屋(水素爆発で吹っ飛んだ)
|             |
| ┌─────────┐ |
| | 格納容器(外釜) | |
| |         | |
| | ┏━━━━━┓ | |
| | ┃圧力容器 ========→水蒸気
| | ┃  (内釜)┃ | |
| | ┃     ========←冷却水
| | ┃ ‖‖‖ ┃ | |
| | ┃ 核燃料 ┃ | |
| | ┃ ‖‖‖ ┃ | |
| | ┃ ‖‖‖ ┃ | |
| | ┃     ┃ | |
| | ┃ ……… ┃ | |
| | ┗━━━━━┛ | |
| └─────────┘ |
└─────────────┘
<参考リンク

■ミニ水蒸気爆発でウランが粉末状になって飛散

溶融したウランは水滴のように少量ずつ落下して圧力容器(内釜)の高温水と接触し、そのたびにミニ水蒸気爆発を起こして、ウランを粉末状に分解・飛散させ続けていると推定される。そして、ウランの一部は空中に放出され、大半は内釜の底にたまると共にその一部は高濃度汚染水と一緒に外部に漏出し続けていると考えられる。
そして、現状は、今までもそうであったように、政府や原子力委員会が公表している事態よりも一歩進んでいる可能性が高い。そうすると、圧力容器(内釜)の下部では、中性子を吸収する制御棒が無いために、集積した核燃料が再び臨界状態(連続分裂状態)に入っている可能性が高い。

■福島原発は”爆発”するのか?

この再臨界状態に入って高温になった核燃料物質は、内釜容器の底を溶かしていく。現在でも内釜の底面や側面の亀裂を通じて、粉末状になった核燃料物質が格納容器(外釜)に漏れ出て行っているであろう。外釜に漏れ出た核燃料は、今度は外釜底部の水と反応し再び小さな水蒸気爆発を起こしていると考えられる。

外釜底部に蓄積された核燃料は、一定の量が溜まると、ここでも臨界状態(連続分裂)に入る。臨界(連続分裂)状態に入った核燃料物質は高温化し、床面のコンクリートを熱分解するとともに、コンクリート成分を巻き込んで侵食する。非常に大量の水素と一酸化炭素等ガスが出る。ガスが何らかの経路で出ると圧力が上がり、外釜(格納容器)が破損される可能性も考えられる。

外釜底部に溜まった各燃料を冷温停止することができなければ、コンクリートと鉄板の容器を突き破り、外釜から外に出て行くことになる。この時、一度に落下する溶融燃料の量が多いと、外釜の下部の水と反応しかなり大きな水蒸気爆発(一気に発生する蒸気の圧力波が周囲のものを破壊し、飛散させていく)の可能性が高くなる。

つまり、余震などの影響で半日あるいは一日でも冷却できない時間が続くと、上記の反応が一気に進み、爆発することになる。これを最も恐れている東京電力及び原子力安全委員は、建物の消火ポンプ+消火水槽で必死に注水し続けている(これは既に循環型冷却系統が壊れているためである)。従って、放射能物質に汚染された水が、処理できずに大量に蓄積されていくことになる。しかも、核燃料を覆っていた金属被覆管が溶けているため、冷却水が核燃料と直接触れ、通常以上に高度に汚染された水が溜まっていくことになる。

また、上記のようなケース以外でも、大量に発生した水蒸気によって生じる圧力に、外釜、内釜が耐え切れなくなれば、容器ごと爆発してしまう。これを避けるために、今までに5回ベント(水蒸気を逃がして、圧力を下げる)を行っているが、通常なら電気系統を使って遠隔操作で弁を開けるところを、電気系統が壊れているため手動でやっている。手動でベントを行うためには数多くの作業員を組織して厳重に防護服を着、炉の側まで近寄って作業する以外にない。だから、現場作業員が逃げ出し(or人材供給が追いつかず)、「ベントする人間がいなくなると」、炉内の圧力上昇によって、原子炉ごと吹き飛ぶことになる。
 
  List
  この記事は 250250 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_250323
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「放射性物質の拡散予測」シリーズ 〜「放射性物質154兆ベクレル」から、核燃料の放出量を推定する 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/05/11 AM00
250718 「放射性物質154兆ベクレル」から、放射性物質・核燃料の放出量を推定 深紫 11/05/02 PM00
250643 【福島原発】今後ますます作業できる作業員が足りなくなる可能性が高い 西村真治 11/05/01 AM01
250369 原子炉建屋の設計図がネット流出 福島第一1号機か 深紫 11/04/27 AM00
250330 2 福島原発では、核爆弾のような”核爆発”は起こらない 小暮 勇午 11/04/26 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp