人工物質の脅威:大気・水・食品
250115 【原発】水蒸気爆発の原理とは?1
 
西田香織 11/04/23 PM10 【印刷用へ
水蒸気爆発の原理を調べました。

水蒸気爆発に関する研究より(リンク
*リンク先に、図も載っています。合わせて見ると解りやすいです。
*********************************

■蒸気爆発のメカニズム
 蒸気爆発という現象を明らかにするためには、まず、その発生手順を明らかにする必要があります。さまざまな研究者がこの現象を観察し、大まかには右図のような手順で起こっているということが明らかとなりました。 
 
(1) まず初めに、高温のドロドロ熔けた金属Aと冷たい水Bが何らかの要因で接触します。
 
(2) すると、熔けた金属は水の中で細かく分裂し、その分裂した塊(熔融液滴といいます)1つ1つが蒸気の膜で覆われます(この現象は「Premixing(粗混合)」と呼ばれています。)。この蒸気の膜は断熱材と同じ効果をもっており、熔融液滴は熱をもったままの状態となります。
 
(3) 熔融液滴周りの蒸気の膜が何らかの要因で壊れ、液状の熔融液滴と水が直接接触した場合(溶けた液体状の金属と水が接触するので「Liquid-liquid contact(液−液接触)」と言います)、熔融液滴は更に細かく分裂し(この現象は「Atomization(微粒化)」と呼ばれています。)、水と直接接触する面積が更に増えます。そして、断熱材の役割を果たしていた蒸気の膜がなくなったので、急速に熱が移動し、水が蒸発することによって蒸気が発生します。蒸気の体積は水の体積よりもかなり大きいので、発生した蒸気が水を急激に押しのけようとします。この現象によって、圧力波が発生します。
 
(4) この圧力波が水中を伝播し、周りにある熔融液滴の蒸気膜を壊し始めます。そして、(3)の現象がおきます。この(3)、(4)が水の中で連鎖していき、最後は大きな圧力波を発生させ、爆発的な現象となります。
 
この4つの段階で、(3)の段階は蒸気爆発を起こすか起こさないかを決める段階であり、「Triggering(トリガリング)」と呼ばれています。つまり、このトリガリングを明らかにすることによって、蒸気爆発の発生条件を調べることができるのです。

********************************
(2に続く)
 
 
  この記事は 250080 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_250115
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
250248 爆発(水素爆発、水蒸気爆発)するかどうかは、放射能を外部へジワジワと放出し続ける冷却注水をいつまで続けるかによる@ 麻丘東出 11/04/25 PM01
250169 【水蒸気爆発の原理】 水蒸気の逃げ場がなく溶融した金属に取り囲まれたときに水蒸気爆発の程度が大きくなる 匿名希望 11/04/24 PM03
250129 原発内でどのように水蒸気爆発が起こるのか? きっちょむ 11/04/23 PM11
250116 【原発】水蒸気爆発の原理とは?2 西田香織 11/04/23 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(1)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(2)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(3)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(4)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、41年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp