地震・噴火・気象
249954 4/17なんでや劇場(5) マントル内部で電子レンジ状態⇒熱の通り道ができる
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/04/21 PM00 【印刷用へ
●次に、マントルの構造はどうなっているのか?
○資料:【図2】マントルトモグラフィ(深度レベルごとの平面図)リンク
マントルトモグラフィの青い部分は固まっている部分、赤い部分は溶けている部分を示す。

○資料:「角田史雄『地震の癖』要点」【図6】「マントルのアリの巣状温度構造」リンク
この図の、灰色は冷たい固体部分、白色〜黄色は固体ではあるが熱が高く柔らかい部分、赤色は溶けてマグマ化している部分を示す。

厚さ3000kmのマントルは冷たく硬い所や熱く柔らかい所が複雑に入り組んで、アリの巣のような状態になっている。その大部分は固体であるが、おそらくは10%程度が溶けていると考えられる。

ここで最大の問題は、表面に近い、深さ100〜200kmの所が一番熱く、溶けていることである。「マントルは内部ほど熱い」という、これまでの常識とは正反対である。

それは何故か?

外核のマグマが重力に逆らって3000kmも上ってくるということは考え難い。唯一考えられるのは高圧ガスや水蒸気の力であるが、噴火で放出される火山灰だけでも凄まじい重量である(ex.縄文時代の九州で噴火した火山灰は北海道でも積もったほどの量である)。しかも、火山は世界中に存在している。それだけの重量を運ぶエネルギー量には到底届かない。

しかし、世界中に火山があるのは事実である。
では、マグマはどのようにして作られるのか?

その答えが、5000〜6000度もの超高温の外核が発する電磁波によって作られるという仮説である。

物質の熱エネルギーが波動の運動エネルギーに転換する。これが電磁波であるが、冷たい岩盤ほど電磁波の反射率が大きいと考えられる。

では、冷たい岩盤の分布はどうなっているか?
日本列島の下の断面図(図6「マントルのアリの巣状温度構造」リンク
)では、深さ100kmより下が熱くなっており、深さ300kmで冷たい岩盤が横たわっている、外核から発した電磁波は地下300km辺りの冷えた岩盤の隙間を通って、今度は冷えた地表面の地盤で反射される。こうして、電磁波は冷えた地表面と地下300kmの冷えた岩盤との間を行ったり来たりして、電子レンジ状態になると考えられる。

また平面図(図9「古太平洋をつくったバイカル変動」リンク
)では、太平洋の両側は冷たく重い岩塊が取り巻いており、太平洋の真ん中の表面に近い部分は冷たい岩盤で覆われている。この冷たい岩盤の間を電磁波が往復する。

このような配置条件を充たす場所、すなわち、冷たい岩盤に挟まれて電磁波が反射する、かつ、柔らかく溶けやすい岩石で構成された場所が熱の通り道となる。熱の通り道は外核から伝わるだけではない。電磁波の往復によって溶かされた場所からも電磁波が発せられ、玉突き的に熱が伝わってゆくと考えられる。

この熱の通り道は、「角田史雄著『地震の癖』表紙」リンクにあるように、深くは南極近くから始まって上昇し、ニュージーランドの南域で三方に分かれる。地中海方面へ向かうルート、南米のチリへ向かうルート、アジアに向かうルート。アジアルートはさらに、3ルートに分かれる。
@スンダランド(ジャワ)→スマトラ→四川→黄河流域というルート
A台湾→九州→西日本→信州・東北と日本列島を貫くルート
Bマリアナ諸島→伊豆諸島→日本列島へ入るルート

熱の通り道と言っても、常にマグマがあるわけではない。時には溶けてマグマ化し、時には冷えて岩化している。
ある場所が電子レンジ状態になると、溶けたマグマが電磁波を出し、熱の移送ルートの次の場所を玉突き的に温めてゆくと考えられる。こうして、熱が移送していくのが、マグマ化説(熱移送説)の仕組みである。

この配置条件を充たす、つまり冷たい岩盤に挟まれている最たる所が日本列島であり、それに次ぐのが地中海や南米である。

電磁波によって岩盤がマグマ化すると考えれば、プレートがどのようにしてできたのかも説明できる。

例えば、プレートの境目にある日本海溝の下には、5億年前には最も熱い熱の通り道があったと考えられる。その熱でプレートが熱せられて折れ、太平洋側のプレートが乗っかっているスポンジのような温かい岩磐層が、上のプレートの自重で10km沈んでできたのが日本海溝である。そして、大陸側のプレートが沈んでゆくと熱の通り道が左(西)にずれてゆく。こうして、最も熱い通り道が日本列島の下にできたと考えられる。

造山運動もマグマ化の仕業である。

ヒマラヤも元は海底であった所が、その下にある熱の道によって岩盤が押し上げられて高くなったものである。プレート説では、プレート同士の圧縮or沈み込みによって説明しようとするが、それでは(砕けた岩石が8000メートルまで積み上がったとは云えても)海の底が海の底の表面を保ったまま高さ8000mになることは説明できない。

また、黄河が曲がっているのも、その下にあった岩盤が押し上げられ、とりわけ黄土高原の南側が盛り上がったためである。

熱くなって膨張したのが、冷めても沈まなかったのは何故か?
火山は凄まじい量の噴煙を放出するが、この噴煙は岩盤が砕けたものである。ということは、熱の通り道は溶けた岩盤群も運んでいると考えられる。つまり熱の通り道によって、地下の岩盤量(容積)も増えているのではないだろうか。
火山爆発だけでは日本列島もエベレストもできない。噴火を何度も繰り返す噴煙の原材料が、その都度運ばれてきていると考えるべきだろう。

そうして運ばれてきた岩盤の残骸が積ってゆくと高い山になる。あるいは、火山噴火で流されたマグマや噴出物の堆積で山が高くなる。両方のストーリーが考えられる。

☆『地震の癖』のマントルトモグラフィリンクでは、ヒマラヤ周辺の深さ300kmまでは冷たくなっている。400〜600kmの深さでは熱くなっている。ヒマラヤは熱の通り道が通常より深い所or浅い所を通っているのではないか? それを検証するためには、もっと詳しいマントルトモグラフィが必要。
 
  List
  この記事は 249953 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249954
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261884 地震と噴火の関係〜噴火すると大地震は起きない!?〜 本田友人 12/03/03 AM01
【地震のメカニズム】8.マグマ化説〜電磁波による玉突き的熱移送〜 「地球と気象・地震を考える」 12/03/03 AM00
251258 【地震理論】電子レンジ状態の原理構造A 大脇正嗣 11/05/12 AM03
251257 【地震理論】電子レンジ状態の原理構造@ 大脇正嗣 11/05/12 AM03
【3.11東北沖地震のメカニズムを解明する】1地球の構造 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/04/30 PM03
4/17なんでや劇場(5)マントル内部で電子レンジ状態⇒熱の通り道ができる 「日本を守るのに右も左もない」 11/04/28 AM00
249961 4/17なんでや劇場(6) 熱膨張による地殻の破断と岩盤の再溶接 冨田彰男 11/04/21 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp