企業を共同体化するには?
24993 共同体では、子供はみんなで育てる。
 
槇原賢二 ( 30代 大阪 塾講師 ) 02/02/26 PM00 【印刷用へ
大家族制度で知られる飛騨白川郷からの江馬三枝子氏の考察もおもしろいです。

飛騨白川郷の大家族の家々では、一軒の家の縁側に、エズコ、エズメなどと呼ばれる藁でつくった入れ物が六つも七つも並べてあり、その容器に赤んぼうたちを入れて、母親たちは田畑に出かけた。赤んぼのほうは母親の帰りを待っている。

仕事を終えて家に帰ってきた母親は、まず泣いている赤んぼに乳を飲ませる。それは誰の子でも差し支えない。その赤んぼ満腹して泣きやみ、まだ乳が出る場合には自分の子に飲ませる。だが、前の子に充分飲ませるために、自分の子が飲み足りないことがある。すると次にやってきた母親に自分の子供を渡して、乳を飲ませてくれと頼み、また働きに出かけていく、といったふうであった。

この話は真の共同生活を確保するためには、女たちの育児の共同性にまで及ばないとならぬことを示唆している。子供が生まれた場合、母と子の強固な紐帯が生まれて、他者との連帯を脅かすようになる。白川郷の場合、それがたくみに抑止されている。
 -----------------------------------------------------------

上記の事例は、生産集団である共同体を基盤とし、その共同体を維持するための規範に基づく行動が残存していたといえます。共同体を構築し、維持するには生産・闘争過程だけを共同にするだけでは不十分で、子を育てるといった生殖過程も包括しなければいけないことをあらわしています。また、誰の子というこだわりなく育てていくことで女性の自我も自然と抑制される、または自我が萌芽しないといったほうがいいかもしれません。

意識が個人に分割された現代でのお互いの助け合いといった母親たちの動機に比べると、集団に立脚している分、女性の強さを感じます。
 
  List
  この記事は 24991 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24993
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
271424 言葉や構造を知っていることで、いろんなことを感じられる★ 嶺山志保 12/12/18 PM10
人は集団の中で育つ 「共同体社会と人類婚姻史」 12/08/20 PM09
共同体社会の実現に向けて ―27 〜実現論序7.企業を共同体化し、統合機関を交代担当制にする(その4)〜 「日本を守るのに右も左もない」 12/05/11 PM09
236622 具体的な子育て方法は、生産の中から生まれる 村上祥典 10/08/22 PM01
227387 新入社員も、みんなで育てる。 Lucky 10/03/01 AM00
217964 集まるだけではダメ 匿名希望 09/10/24 AM00
214638 『女共認』が集団を、社会を再生していく☆+゜ ぴのこ 09/09/09 PM05
共同保育の可能性(^υ^)/part5〜共同保育事例:白川郷の子育て 「感謝の心を育むには」 08/07/31 AM00
出産・子育ては集団全体の課題 「共同体社会と人類婚姻史」 07/08/18 PM07
狩猟採集民アンダマン諸島人の子供の家族間移籍 「共同体社会と人類婚姻史」 07/01/26 AM01
共同体再生の萌し!? 「感謝の心を育むには」 06/12/04 AM00
106897 共同保育って? 奥村博己 06/03/07 AM01
106688 母親の自己効力感 神原由佳 06/03/04 AM01
105839 親子関係を越えた母親から母親への伝授をしたがっているのかも 塩貝弘一郎 06/02/16 PM10
105824 男の存在ゼロからの出発 たっぴ 06/02/16 PM09
105805 本当に仕事を続けながら子育てできるの? 中北千奈美 06/02/16 PM07
105590 男性参加の共同保育 たっぴ 06/02/12 AM03
105457 生産と生殖は共同体にとって対をなす課題 一力広明 06/02/10 AM01
子育てをどうする?〜昔の子育て〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/10/26 AM11
98766 同類意識に焦点をあてる 吉川功祐 05/10/08 PM10
98376 もらい乳をどう思いますか? 山田純子 05/10/02 PM09
98311 生産と生殖が一つの共同体を実現したい! 清水志保 05/10/01 PM10
98000 子供を育てられるのだろうか? 西村真治 05/09/27 PM10
『共同体社会』再考。 「いつもここから☆」 05/08/23 PM02
96183 共同体でのみんなで子育てのメリット 仲西大輔 05/08/18 PM10
95774 Re:共同体では、子供はみんなで育てる。 呉珍之 05/08/09 PM10
94528 自分の子→みんなの子 西村典綱 05/07/14 PM11
94102 母子間の親和充足の重要性 福田尚正 05/07/07 PM11
94083 現代の共同生活の課題はなんだろうか 鈴木康夫 05/07/07 PM10
子供を産むのは何で? 「〜恋愛の行方〜」 05/05/27 AM01
91073 子育て包括した共同体社会の再生が必要 山名宏明 05/05/19 PM11
女性みんなにとっての子育て 「新しい露店主のカタチ〜充足発信〜」 05/05/06 AM00
89985 露店を子育ての場として機能させる。 高梨俊寛 05/05/03 PM11
88899 先人の知恵は自然科学だけではない 大河明日 05/04/15 PM03
安心できる共認空間で 「開放空間「THE ROTEN」」 05/04/09 PM04
88102 共同保育より共同体保育をやってみたいな 佐藤英幸 05/03/29 PM10
86874 子育てセミナーへの危機感「こどもはみんなで育てる」 志水満 05/03/06 PM03
83092 沢山もらった応望充足 浦野てる代 04/12/24 PM00
82760 共同保育は、生物的にも優れた方法だったのでは? 森本亜希子 04/12/18 AM08
82017 「みんなで子育て」再考 大木康子 04/12/03 PM02
39109 よその子におっぱいあげるって簡単なこと 佐藤千苗 02/09/01 AM03
34802 気をつかいたくない?! 川畑梨奈 02/06/28 AM06
25925 共同体には多重な親子関係がある。 槇原賢二 02/03/07 PM00
25233 意識を変えることから 川田宏子 02/02/28 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp