現代意識潮流を探る
24981 新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/02/26 AM03 【印刷用へ
’90年代、バブルの崩壊で私権の衰弱が顕在化する。私権観念の土台がグラグラになって社会捨象・観念捨象の防波堤が崩れ出し、急速に潜在的な社会不全→外向欠乏が強まっていく(ニュース番組や事実収集やサークル活動etcの増大=潜在的な社会探索の潮流)。
ただ、私権観念は無効化しつつも、社会や課題や観念を捨象するというマイナス(捨象)面では機能しており、それが社会捨象・課題捨象の充足基調を維持させ続ける(’70・’80年代と同じ)。
しかし、私権に前向きに収束させるというプラス面ではもはや失格で機能せず、その結果、私権の衰弱に応じた潜在思念の本源収束が急速に進んだ(この点が’70・’80年代と異なる所である)。但し、私権制度が残存しているので本源収束し切れずに表層化し、「明るく」「前向きに」「皆仲良く」etc本源風の規範観念に収束した。
注:この時代は私権不全よりも、活力⇒収束先を見失った統合不全(≒自分不全)が中心となり、多くの者が個室収束や自分探しに向かった。
注:統合不全とは本能不全や共認不全を超えた観念不全であり、従来の解脱(発散)では解消されない答え欠乏=認識欠乏が増大してゆく時代でもある。

そして’00年頃、私権統合の崩壊が決定的となり、閉塞感が強まって、遂に私権観念が瓦解した。私権観念の防波堤が破れたことによって、一気に社会不全が大きくなり、私権の衰弱も相まって潜在思念の源泉部が私権不全から社会不全へと大転換した。
社会不全が大きくなれば、外向欠乏が強くなる。しかし、答えがないので課題捨象の充足基調⇒本源収束が続いている。
注:現在は、充足基調を維持すべく、潜在思念に増大してゆく社会不全を、「等身大の幸せ」「分り易い言葉」「身近な運動」etcの誤魔化しの言葉に縋ることよって、頭で必死に課題捨象している段階だとも云える。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24981
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
249271 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流('90・'00年代) 藤澤仁 11/04/11 PM06
248361 自分探しの答えを海外に求めた人々 藤澤仁 11/03/31 PM02
242645 必死になって捨象する事なんてない!!まっすぐ充足に向かおう☆ 中村淳子 10/12/22 PM11
242643 新たな言葉は可能性の実現の為にある ば〜ちぃ♪ 10/12/22 PM11
新しい潮流シリーズ-4 〜新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/12/12 PM09
241883 本当に豊かなものとは? SHOW 10/12/07 PM09
236552 【図解】新し潮流1.2(充足基調から社会収束への可能性) 田村正道 10/08/21 AM10
233408 充足基調の移り変わり K.G 10/06/18 PM09
233362 時代の流れ もりちゃん 10/06/17 PM11
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/06/15 PM07
232377 【幹図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 樫村志穂美 10/05/28 PM10
230609 本源収束の潮流が形成→拡大 KITUNE 10/04/24 PM06
229286 【図解】新しい潮流1〜2 加賀見香苗 10/04/01 AM09
229003 共認充足があるから課題収束 石川笑美 10/03/27 PM07
228992 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 三浦弘之 10/03/27 AM11
211717 現在の社会収束の高まりが、これからの社会を変える最大の可能性! 疾風怒濤 09/07/28 PM08
211525 私権観念の崩壊 kenn 09/07/25 PM10
208499 「遊んでいると不安になる…」 ちよ 09/06/09 PM11
207890 新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)【図解】 ギニュー特戦隊 09/06/01 AM01
207820 現在は歴史的な大変革中、これが何であるのかという「構造的理解」(=答え)が必要 猪飼野 09/05/31 AM00
207709 『答えがない』ってことに気付けるかどうか スガイク 09/05/29 PM04
207600 やっぱり「歴史構造の解明!」 三輪歩未 09/05/28 AM09
207587 『答えはある!!』この可能性を感じれれば、考え方も変ってくる♪ 樫村志穂美 09/05/28 AM04
207575 最近、上手く行かなくなった30代〜40代。この10年に何をしてきたか? 西田美和 09/05/28 AM00
206490 過半数の人が個人の利益より国・社会の利益優先 岸良造 09/05/14 AM09
206389 現状肯定しているだけでは発展はない 小林雅志 09/05/13 AM00
206229 ひきこもりと自分探しの共通点 木田彩美 09/05/10 PM05
206052 個人から社会へ〜態度保留者の価値判断が意識潮流を加速している こん 09/05/08 PM01
206011 新しい潮流2 〜 本源『風』収束を『7つの習慣』でみる ガンちゃん 09/05/07 PM08
205384 90年代バブル崩壊から外向欠乏へ 木田彩美 09/04/28 AM08
202909 私権観念とは〜2つの特徴〜 お百姓さん 09/03/26 AM00
202372 【図解】新しい潮流1(’70・’80年代)、2(’90・’00年代) 匿名希望 09/03/18 AM10
202279 外圧と観念にて潜在思念は変わっていく Rivet16 09/03/17 AM00
202244 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 新川啓一 09/03/16 PM04
201547 規範化が充足基調⇒観念収束への流れを創りだす 西村真治 09/03/06 PM09
199891 日本のバブル崩壊とアメリカの金融崩壊の類似性 岸良造 09/02/16 PM09
199795 ‘09年ようやくパラダイム転換の時代に突入 星埜洋 09/02/15 PM05
199794 図解 新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 山本豊 09/02/15 PM04
199227 マスコミ⇒ネットへ 越見太士 09/02/07 PM11
195801 捨象できない現実から本源収束の高まり 井上光利 08/12/27 PM08
195753 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 浅見昌良 08/12/27 AM08
195751 社会不全の増大は絶好の機会 浅野信夫 08/12/27 AM08
195721 『本源収束』の時代はすぐそこに 八代至誠 08/12/26 PM08
195311 必至に答え出そう=構造化しようとしている 澤根和治 08/12/20 PM06
193690 現象事実と人の意識のつながり 熊澤敬輔 08/12/01 AM10
193614 失われた10年と今の就職難との違いは? 大嶋洋一 08/11/30 AM08
192363 サロンの参加原因は統合不全だからでした。 眼鏡人 08/11/15 PM11
192362 不全だけを解決するという思考はあり得ない 澤根和治 08/11/15 PM11
190783 ’10年代の可能性 向芳孝 08/10/27 PM00
190770 グランドセオリーが『充足基調⇒本源収束』の流れを加速させる タンロン 08/10/26 PM11
189122 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 「るいネット」ファン 08/10/07 PM03
185311 90年以降の認識のズレ 上林大輔 08/09/10 PM07
183868 「自分探し」が主体性を喪失させていく 橋口健一 08/08/23 PM03
183825 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 船長 08/08/23 AM04
183807 本源収束が、新たな可能性なのはなんで? たっぴ 08/08/22 PM10
182528 私権観念の瓦解⇒新認識への収束が高まる center_axis 08/08/01 PM06
181267 答えがないから課題捨象なのか、課題捨象しているから答えがないのか…? 宮谷和枝 08/07/15 PM03
181226 90’年代と00’年代の外向欠乏の違い ゆずりょくちゃ 08/07/14 PM09
181215 不全が変わっても、答えがなければ目先収束できない historyroad 08/07/14 PM08
178860 私権統合の崩壊と時代の流れ 中野雅之 08/06/10 PM06
178854 「人の役に立ちたい」気持ちから生まれる達成感☆ 匿名希望 08/06/10 PM04
178786 「本源風」と「誤魔化し」歴史は・・・ 禿靖彦 08/06/09 PM08
178315 社会不全を真っ当に捉えるにはどうする? 匿名希望 08/06/04 AM00
178285 社会不全の中で 八木佳世 08/06/03 PM08
178249 充足基調から本来の充足に向かえるか 匿名希望 08/06/03 AM11
178142 ’00年以降の意識変化 熊澤敬輔 08/06/02 AM03
176955 「答え」さえあればみんなと社会不全へ向かっていける時代 中瀬由貴 08/05/20 PM05
176935 時代が変われば社会へむかう 匿名希望 08/05/20 AM11
176807 誤魔化しの思考は社会不全に盲目になる 高橋智彦 08/05/18 PM07
175584 私権観念が観念捨象に繋がるには? 村田貞雄 08/05/02 AM09
175219 新しい潮流の転換期〜私権社会の終焉と社会探索への潮流 安藤広海 08/04/26 PM11
172922 「なるほど。」という気持ち 桑村佳直 08/03/23 PM06
172813 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) ぴんから体操 08/03/21 PM11
172808 充足基調は、不可逆的で絶対的な潮流。だから、答えの出そうにない課題を捨象してきた。 匿名希望 08/03/21 PM10
172792 バブルの萌芽と崩壊 千葉敏昭 08/03/21 PM02
172388 なぜ人々は目標を見失うのか? 飯野由香 08/03/14 AM08
172384 選択肢の数は多いほうがいいのか?少ないほうがいいのか? 佐々木尊一 08/03/14 AM03
172355 なぜ人々は目標を失ったのか 角まゆみ 08/03/13 PM05
172241 社会不全の増大とマスコミ離れの関係 多田奨 08/03/11 PM04
172224 「目先の充足では答えになっていない!」 安藤太地 08/03/10 PM10
172111 目先の充足基調の次へ 川井孝浩 08/03/08 PM11
171928 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) ぴんぐー 08/03/05 AM06
171342 バブル末期は、潜在的には既に私権衰弱していた 山田孝治 08/02/22 PM10
170664 新しい言葉(=実現論)が求められる理由 こうた 08/02/10 PM07
170661 本能不全と共認不全と観念不全 彗星 08/02/10 PM06
170649 【失われた10年】は【可能性を見出すに必要な10年】と言える。 近藤文人 08/02/10 PM00
170556 観念不全の地平 長谷川文 08/02/08 PM10
170125 バブル崩壊を契機に日本人は変った 磯貝朋広 08/02/01 AM10
「亡国」とは... 「晴耕雨読」 07/12/08 AM11
166142 【幹図解】 新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流 喜田育樹 07/11/29 PM10
166131 課題に向かわないと、突破はできない。 田中瑠衣 07/11/29 PM08
166124 不全捨象の充足基調から真の本源収束へ 村田頼哉 07/11/29 PM05
就職活動にやる気が出ない。。。〜「三丁目の夕日」の時代と何が違う? 「これからは共同体の時代」 07/11/14 PM10
164842 同級生(中高年)の多くが感じる時代雰囲気 岸良造 07/11/08 AM09
163283 やりたいことが見つからないのは・・・・・ フォルテッシモ 07/10/12 PM00
163037 仕事の源泉部分は社会不全であるという心得 田村正道 07/10/08 PM00
163017 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 菅原正輝 07/10/08 AM02
163014 社会収束⇒本源収束の時代、答えを出すことが一番の充足に繋がる 佐藤晴彦 07/10/08 AM01
162726 「本源風の規範観念」が、かえって充足を遠ざけている 矢ヶ崎裕 07/10/04 PM07
162200 充足基調は限界に近づいて、まっとうな可能性を求めている 村上祥典 07/09/27 PM04
161979 時代の転換期のおける「潜在」と「顕在」、「個人」と「社会」 奥の細道 07/09/24 AM09
161724 勉強が必要なのは仕組みや構造を理解するため 菅野敬子 07/09/20 PM10
161719 現代人よ!その両手には何がある?? 旅人。 07/09/20 PM10
160427 誤魔化しのきかない時代 匿名希望 07/09/04 PM01
160396 時代は仕事でも私権を超えた関係を求めている 狒狒 07/09/04 AM00
160205 答えのないマスコミから本格的追求のブログへの流れ 井上光利 07/09/01 PM03
159636 ”社会捨象できない”時代になった 澤根和治 07/08/24 PM04
158386 本源風の書籍 匿名希望 07/08/06 PM08
158370 私権圧力からの脱却 匿名希望 07/08/06 PM03
157688 「本源風の規範観念」時流に乗って部数を伸ばした【少年ジャンプ】 りんいちろう 07/07/27 AM02
中国の留学生さんが御来店! 「路上で世直し なんで屋【関西】」 07/07/13 PM07
150286 「既存の制度を変えたい」と思った 磯貝朋広 07/04/26 AM11
150279 皆、同じ地平にいるのに…。 村田頼哉 07/04/26 AM08
149342 「仕事とプライベート」だけが人生じゃない 小松由布樹 07/04/14 AM11
149276 防波堤が崩れた先には社会が広がっている☆ 鹿村幸代 07/04/13 PM07
148703 マスコミが見捨てられる日も近い 匿名希望 07/04/05 PM08
148670 どうすれば課題捨象しなくなるか? 田野健 07/04/05 AM01
148171 覚醒したがゆえに突きつけられた現実課題 阿部佳容子 07/03/28 PM06
148148 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 布田貴士 07/03/28 PM01
147895 中学生達がマスコミの嘘や誤魔化しを潜在的に分かりだしているように思います 匿名希望 07/03/24 PM01
146927 「どうする、オレ」の答えは「みんな(社会不全)の期待に答えていける祭り場」に参加できるか? 志水誠 07/03/10 PM10
145972 引きこもりが増えたのはなんで? 匿名希望 07/02/27 PM07
145971 私権不全から社会不全への契機 松下直城 07/02/27 PM07
145375 等身大の幸せって さかな 07/02/20 AM09
145189 今までの言葉とか基準では…もうムリ。。。 中瀬由貴 07/02/17 PM05
145180 再確認☆新観念がないと答えは出ない!! 宮崎未帆 07/02/17 PM04
145144 すでに目に見えているから… にわとり。 07/02/17 AM03
144955 何か忘れてない? 鈴木隆史 07/02/14 PM09
143952 目先でもいいから答えが欲しい。 長谷暢二 07/02/02 PM00
143841 頭で必死に課題捨象 馬場真一 07/01/31 PM11
143836 頭と心の断絶 関谷啓太郎 07/01/31 PM11
143148 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90、’00)から 匿名希望 07/01/24 AM02
142488 残存した私権観念からは活力は生まれない 樫村志穂美 07/01/16 PM06
140841 「分り易さ」からの脱却 船長 06/12/22 PM09
140838 ’00年から急速に社会不全が高まりつつある原因 大西敏博 06/12/22 PM08
140818 社会収束を顕在化させる為にも 塩貝弘一郎 06/12/22 PM05
140812 社会を統合し直すため 高菜ごはん 06/12/22 PM04
140719 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 小林雅志 06/12/21 PM06
140577 社会を「内」、家庭を「外」と見れるかどうか。 匿名希望 06/12/19 PM07
140547 犯罪行為 ジャック・ダニエル 06/12/19 PM00
140540 政治不信の増大と答え欠乏 かにかに 06/12/19 AM10
140517 意識の大転換 32 06/12/18 PM10
140515 人々の社会収束を邪魔するもの かにかに 06/12/18 PM09
140480 認識闘争の場作り 藤澤仁 06/12/18 PM01
140467 '00年以降は社会探索先が変わった。 永峰正規 06/12/18 AM11
140450 10年でこれだけ社会は変わる! チウエ* 06/12/18 AM01
140438 課題直視の充足基調へ! くるくま 06/12/17 PM11
140399 社会不全を課題化する ぐんくい 06/12/17 PM02
137246 本源収束するのは人間の外せない原基部分だから 山上勝義 06/11/12 AM06
137220 「社会不全→外向収束」なんだ!! 倉橋利弘 06/11/11 PM11
137216 新しい認識が響く時代 根木貴大 06/11/11 PM11
135639 社会の要請に応えるために ブルマン 06/10/27 AM03
134236 【図解】新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代) 前山修司 06/10/14 PM01
131319 時代の変化は逡巡を許さず 日浦雅俊 06/09/19 AM08
131263 私権不全と社会不全の圧力差が能力格差を広げる 新井重雄 06/09/18 PM05
130949 社会収束の潮流’90〜’00〜社会不全の図解 馬場康一郎 06/09/15 PM09
130256 「集団を超えた社会をどう統合し直すのか?」についての図解 菅原正輝 06/09/07 PM10
129823 '90以降、社会不全が高まっても社会収束しきれないのはなんで? 匿名希望 06/09/02 PM08
129783 右傾化・保守化を加速させる社会捨象 林昭光 06/09/02 AM08
129742 答えがなければやはり閉塞する…。 匿名希望 06/09/01 PM10
129555 大学に行く理由 渡邊かお里 06/08/31 AM10
129491 等身大の幸せから抜け出て、みんなの充足する答えを提起する時代。 近藤文人 06/08/30 PM05
127209 課題捨象の潮流がミスの多発を促した? 匿名希望 06/08/01 PM10
127201 ミスは社会収束度に規定される?! 佐藤祥司 06/08/01 PM08
127185 収束不全時代にはいって、すでに意識が社会を動かしている 鈴木康夫 06/08/01 PM03
127156 不全⇒先端可能性という不可逆反応 鈴木康夫 06/08/01 AM00
125693 統合軸の根本的な転換が求められている 匿名希望 06/07/13 PM01
125690 ‘90年代と’00年代の大きな違いは 田原康夫 06/07/13 PM00
125686 社会不全の観念化が可能性を開く 新川啓一 06/07/13 AM11
125428 改めて、「課題捨象の充足基調」を突破するには 吉国幹雄 06/07/10 PM08
124939 危機感 ぎゃお 06/07/05 PM09
124932 なんで外向収束なのに、自分・個室や収束するの? √177√ 06/07/05 PM09
123720 「プラス思考」について 渡邊真也 06/06/25 AM02
116868 教育基本法改正で国のガタガタはよくなるか 浅野信夫 06/05/28 PM10
114720 本源的な社会収束 嶺山志保 06/05/19 PM08
114250 自分だけが不安なわけじゃない。 岩村麻里子 06/05/17 PM10
107858 逃げれば逃げるほど,問題が大きくなってゆく 匿名希望 06/03/23 PM01
107846 根源の共認 匿名希望 06/03/23 AM02
107820 悩むことで観念探索している若者達 いい男がいない 06/03/22 PM09
107630 課題捨象してない? 仲西大輔 06/03/18 PM11
105922 最近思っている事 田中令三 06/02/18 PM01
103920 社会不全はいつの世にも誰にもある、それをどう捉えるかだ magarimame 06/01/12 PM01
102011 麻痺感からの脱却を ポリプテルス 05/12/04 PM10
101910 父親の答え欠乏に応える 琵琶湖 05/12/03 PM00
99073 「前向きに」って本源っぽいけど… 匿名希望 05/10/14 PM00
98018 何かおかしいと感じた者が発信しなければヤバイ 山上勝義 05/09/28 AM00
95598 『先端可能性』を見つけていく!! 宮崎未帆 05/08/05 PM06
94699 新たな解脱様式とは 高利 05/07/17 PM06
94429 年代別のヒット曲 長谷川文 05/07/13 PM06
94359 「当たり前」が通用する時代は過ぎた 矢野悟 05/07/12 PM02
93758 充足基調に潜む私権観念 山田純子 05/07/02 AM10
93422 「自分」意識の変遷 田中素 05/06/26 PM11
92216 私権統合の崩壊と社会収束の潮流=やるべきことを追い求めた時代 廣重圭一 05/06/07 AM00
「みんな探索」と「自分収束」 「なんで屋<男塾>梅田」 05/05/28 PM06
90610 現場教 佐々木健二 05/05/13 AM03
89960 30歳代から見た現代意識潮流 酒井俊弘 05/05/03 PM06
89797 旧観念を捨てれば最初は本源しか残らない 佐藤英幸 05/04/30 PM07
89703 自分収束は、観念探索の始まり 冨田彰男 05/04/28 PM10
政治・社会関連年表〜2000年以降 「勉強・ノート」 05/04/25 PM08
89242 現場を統合していく視点、意識。 佐々木健二 05/04/21 AM04
政治・社会関連年表〜1990年代 「勉強・ノート」 05/04/18 PM09
89081 見せかけの本源潮流 マー 05/04/18 PM01
88886 「集団に入ったのではなく社会に出たのだ」という色褪せない認識 松下直城 05/04/15 PM01
88235 「等身大の幸せ」を超えて 安藤太地 05/04/01 PM08
87738 私権に前向きに収束しなかった時代 あいうえお 05/03/22 PM01
86625 電車の中での事例 矢野聡子 05/03/02 PM08
85445 「私権不全」の切り口では現実の答えにならない 石川笑美 05/02/10 AM01
84893 ‘70以降は、目先(充足)収束→活力衰弱の過程 山田真寛 05/01/30 PM10
83694 音楽は再び深い本源充足を求めはじめた? 野田晋一郎 05/01/07 AM00
83551 ガタガタからますます新しい活力再生の場が広がりますように。 原田昭雄 05/01/03 PM01
83515 本当に取り組むべき外圧へ 小林雅志 05/01/02 PM03
83445 今年のプロ野球球団にみられる秩序崩壊 井上光利 04/12/31 PM10
83215 私権制度への収束度の衰弱 ゲン 04/12/26 PM03
83151 充足基調を維持すべく・・・誤魔化し続けるマスコミ。 峯川満章 04/12/25 PM08
82973 探索範囲まで旧観念に支配されている現実を認識すべし。 タコ墨。 04/12/22 AM11
82664 「やりたいことが見つからない」が国民病に 野田雄二 04/12/16 PM08
82521 旧い人間関係はガタガタ 小松由布樹 04/12/14 AM01
82188 必要なのは、やはり答え 田中一成 04/12/07 AM01
81975 収束不全な世論データ 平川要 04/12/02 PM09
81935 私権時代と収束不全A 安西伸大 04/12/01 PM10
81934 私権時代と収束不全@ 安西伸大 04/12/01 PM10
81798 もはや課題捨象も限界? 田中素 04/11/28 PM11
81790 ガタガタの表層家庭 三浦弘之 04/11/28 PM10
81663 韓国のカンニング報道に見る序列原理の健在ぶり 高橋克己 04/11/27 PM10
34354 新聞投稿数の変化に見る社会収束 佐々木健二 02/06/22 PM10
25601 「私権観念の防波堤の崩壊」は極めて重要な認識。 阿部紘 02/03/04 PM09
25309 やはり決定打は答。 佐藤賢志 02/03/01 AM00
25157 一体、NWとは何なのであろうか? 佐々木健二 02/02/27 PM09
25048 課題捨象から可能性探索へ 山本士峰 02/02/26 PM10
25005 応えたいけど、答えがわからん。 坂本和久 02/02/26 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp