日本人の起源(縄文・弥生・大和)
24964 渡来人の出自(2)
 
橋口健一 HP ( 38 大阪 技術者 ) 02/02/26 AM00 【印刷用へ
弥生時代に関係する中国大陸の民族移動の様子について、安田喜憲著「龍の文明・太陽の文明」の中に以下のような記述があります。

>四千年前頃、長江文明が気候の乾燥化と北方の畑作・牧畜民の侵略によって衰退すると、北方の龍族が大きな力を持って南下し、ついに長江流域に生活していた苗(ミャオ)族など、三苗(さんびょう)とよばれる太陽族・鳥族・蛇族を駆逐しはじめた。とりわけ三千年前以降の気候の寒冷化は龍族の南下に拍車をかけた。かくして、太陽族・鳥族・蛇族の苗族たちは敗れ、雲南省や貴州省の山岳地帯へとおちのびていく。その一派が海上難民として日本列島にも到達し、稲作と太陽信仰、鳥信仰をもたらしたのである。

安田氏は北方の畑作・牧畜民によって南方へ追いやられた稲作・漁労民が東シナ海に逃れ、対馬暖流を北上して九州南部(隼人)へ、さらに九州北部を経由し出雲へ、最後は富山の越の国へ至る「南方渡来説」の立場のようです。そして、朝鮮半島から北方の畑作・牧畜民が日本列島に渡来するのは弥生時代後期から邪馬台国の時代と区分されています。

渡来人の第一波は南方からであり、弥生時代の基礎を創った。その後、第二派が弥生時代の後半に北方より押し寄せ古墳時代の基礎を創ったと考えると弥生時代が判りやすくなるのではないでしょうか。つまり、縄文を最基底にした三層構造の塗り重ね度合いが地域差として現れているのではないでしょうか。

いずれにしても、渡来人は中国大陸から玉突き的に押し出され逃れてきた民であり、何よりも北方部族との闘いを経験していることは見逃せません。縄文人と共通する森の文化を持っていたとしても略奪闘争の経験は弥生時代にも色濃く反映されていると思います。そして、後からやってくる渡来人ほど略奪性に感化されていると考えられます。
 
  List
  この記事は 24959 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24964
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
240025 弥生時代の中国☆ hey 10/10/28 PM11
140488 日本に父系制が入ってきたのは? 三輪歩未 06/12/18 PM03
139376 「弥生時代の渡来人」がやってきたルートは4つある? 加藤弘行 06/12/06 AM02
長江文明の担い手『苗族』が日本に渡来し、稲作文化を伝えた 「縄文と古代文明を探求しよう!」 06/11/18 PM10
113322 八咫烏も大陸から渡ってきた!? 尾曲圭介 06/05/13 PM01
89994 日本の略奪闘争の起源 澤根和治 05/05/04 AM00
85197 渡来人の出自に関する金関説 廣重圭一 05/02/05 PM10
25087 水稲の渡来ルート 岡本誠 02/02/27 AM00
25086 渡来人の出自 岡本誠 02/02/27 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp