健康と食と医
249573 流通している発酵食品は生きた発酵菌のいないものが大半!?
 
石敢當 ( 29 神戸 ) 11/04/15 PM09 【印刷用へ
私たち日本人は、もともとは菌が生きたままの納豆・漬物・味噌をはじめとする発酵食品をたくさん食べていました。

ところが、良質な発酵食品は、次の3つの側面から締めつけられ、激減してしまっています。

第一は、食品が広域流通するようになったことで、日持ちする食品しか流通できなくなってしまいました。

そのため、菌が生きていて、質が変化しやすい良質の発酵食品はほとんど排除されてしまったのです。


第二は、無菌がいいとする食品衛生法思想です。納豆やヨーグルトのように生きた菌が入っている食品は別として、食品衛生法に基づく食品規格や、調理・製造規格のほとんどは、菌数がゼロに設定されています。

有用な菌がいて発酵すると、食品の風味が向上し、微量栄養素も含まれるようになるのです。

有用菌はいたほうがいいのに、無菌で食品を製造するようになっているのです。

こうしてできた食品は風味が良くないので、食品メーカーは香料をつけ、化学調味料で味をつけて、見せかけの刺激を強くし、魅力を追加した食品にして、販売せざるを得ないのです。

アメリカの食品衛生思想を反映させて食品衛生法が作られ、アメリカで勉強した食品衛生の専門家のもとで、日本の食品衛生は近代化を図ってきたので、伝統的な発酵技術はさまざまな制約を課され、日本の食品の多くは無菌食品になってしまったのです。


その責任の一端は、私たち消費者にもあります。

有用菌による発酵なら、食品が変化しても腐ったわけではないのに、食品メーカーに文句を言いい、味が変わる食品を避けて、加熱殺菌した食品を食べ、菌をろ過して取り除いた発酵飲料を飲むようにしてきたからです。

しかし、耐性菌から食品を見直してみると、本当に健康にいいのは、殺菌していない発酵食品でした。

今となっては、菌が生きている発酵食品は、ヨーグルトとナチュラルチーズと納豆を除くと、非常に少なくなってしまうのです。


何か今の時代に合った手作りの発酵食作りを広める方法はないものでしょうか?
 
  List
  この記事は 249517 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249573
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
251684 無駄のない自然のサイクルは、微生物によって成り立っている。 funikura arch 11/05/20 AM00
251669 無菌食品に化学調味料添加って、、、 なでしこ☆ 11/05/19 PM10
251668 微生物が放射線に有効なのはなぜか?の仮説と疑問 匿名希望 11/05/19 PM10
251667 すごい!発酵食品★ 石田春花 11/05/19 PM10
251666 食品は手作りが1番☆ 藤田真弓 11/05/19 PM10
250459 『流通している発酵食品は生きた発酵菌のいないものが大半』なら、自分たちで作ればいい♪ ふぇりちゃん 11/04/28 AM10
250361 発酵食品が何故放射能に有効なのか? 匿名希望 11/04/26 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp