暴走する悪徳エリートの所業
249515 「思いやりとエゴ」「非情と優しさ」は紙一重
 
志水誠 11/04/14 PM11 【印刷用へ
香高堂耕作記から転載します
リンク

 アメリカ人が9・11を忘れないように、日本人は3・11を心に刻み込んでおかねばならないだろう。まだ、福島原発の問題が不安を駆りたてるが、震災地ではまだまだ復旧で、これからが復興となる。その道は遠く長く、それは5年、10年という時がかかると思われる。
阪神・淡路大震災の時の貝原兵庫県知事は、その著書の中で被災者の心理状態は、被災してから復興に入るまで、4つの時期があるということを紹介している。それは「英雄期」「ハネムーン期」「幻滅期」本格的な「復興期」である。現在は外部からの支援の手が差し伸べられ、人間同士が支え合う連帯感に満ちたハネムーン期だろうと思われるが、今回は原発と言う問題もあり、幻滅期も同時に訪れている。

 東京新聞大場社会部長は、4・11の記事にこう書き記している。
≪被災地より,東京都民の皆さんへ。私は「天罰」と言われたことを忘れない。「原発推進」と言われたことを忘れない。震災から丸一ヶ月が経ったこの日の,東京都民の皆さんの選択を,私は決して忘れない。≫との現地の声を紹介し、「都民は、あらゆるものが集中するがゆえにもろい首都の機能や地方に支えられた反映の内実を思い知った。東京は地方とつながりを欠いては存在しえない」と、この自覚を促し、「思い知っていない人が多いように思う」と結んでいる。
 ネットには「エゴイストの詩」と言うものもあった。

■エゴイストの詩
・他人を害して喜ぶのは、自分が強いと勘違いして安心したいから。
・風評をばらまいて自分に有利にしようとするのは、実力がないから。
・隣がやる中傷に同調するのは、仲間はずれがこわいから。
・悪ぶって見せるのは、見下されてイジメを受けるのが怖いから。
・自分がえらいと誇張したがるのは、バカにされたくないから。
・自分がすごいんだと吠えて威嚇するのは、怯えているから。
・腕前でなく話術で語るのは、自分が劣ると知っているから。
・一人で行動を起こせないのは、臆病なので他人の陰に隠れたいから。
・ウソを仕方ないと言って用いるのは、己が信用に値しないと分かっているから
・被害者だと騙るのは、世論を味方につけたいから。
・詭弁が達者なのは、それだけ失敗を重ねているから。
また犠牲的献身の姿勢を美談として報道するメディアがまだ存在する。読んだ誰もが反論のしようのない美しさ」を持った意見や提案もある。「反論のしようもない美しさ」に、違和感を覚えることもある。メディアは国民に対して「奉仕という大義」によって「無償の行為」を求めてが、もっと割り切った「金銭的報酬」によった行為がましではないかと思うこともある。時には物事をシニカルな視線で照射し、他人の言動の本質を考察することも必要である。
加川良は1947年生まれのフォークシンガーで、1970年の第2回中津川フォークジャンボリーで、飛び入り出演して発表したのが「教訓T」である。

■「教訓T」作詞/作曲 加川良
命はひとつ 人生は一回 だから命を棄てないようにネ
慌てるとつい フラフラと御国のためなのと 言われるとネ
御国は俺達 死んだとて ずっと後まで残りますヨネ
失礼しましたで 終わるだけ 命のスペアはありませんヨネ
命をすてて男になれと 言われた時には震えましょうヨネ
そうよ私は女で結構 女の腐ったので構いませんよ
死んで神様と言われるよりも 生きてバカだと言われましょうヨネ
奇麗事ならべた時に この命棄てないようにネ
青くなって しりごみなさい逃げなさい 隠れなさい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
  List
  この記事は 249064 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249515
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp