学者とマスコミはグルで頭脳支配
249280 危機管理意識、あなたは政府を信用しますか?
 
橋本正雄 ( 50代 香川 エンジニア ) 11/04/11 PM08 【印刷用へ
福島原発事故についての対応が日本と欧米では極端に異なっています。
その違い、危機管理意識の相違に違いありません。
ビルトッテンさんのコラムを引用します。
それぞれの人にとって危機管理とは?この意識が問われているのです。

背負わされ続けるリスク    2011/04/07ビルトッテンさんコラム
リンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国々の対応に大差

 今回の原発事故で強く感じたのは日本とそれ以外の国々の対応に大きな差があったことだ。当初から「放射能汚染が健康にただちに影響を及ぼすことはない」と日本政府はいい、メディアも繰り返しそれを報道してきたが、その一方例えばフランスは在日フランス人に関東圏からの避難勧告を出したり、ドイツなど欧州諸国を中心に大使館機能を西日本に移転するなど、福島の原発事故が起きてからの対応には大きな差があった。

 しかし日本政府や東京電力が原発事故があたかも収束しつつあるように振る舞っている間にも事態は深刻化し、冷却水からは平常時の10万倍という異常な放射線量が測定されるまでになってしまった。そして原発から20キロ以内を避難指示圏としている日本政府に対して国際原子力機関(IAEA)が、約40キロ離れた福島県飯舘村で基準を上回る放射線量を観測したとして避難勧告をしても、日本政府は慎重に数値を調べてから決めると、住民をその危険な地域から移動させることを見合わせている。

許せない人命軽視

 私が日本国籍を取得しているがまだアメリカ人的な発想だからとか、私が得ている情報が欧米の報道であるとか、理由はあるかもしれないが、私が日本政府の行動が信じられないのは、政府のしていることは人命軽視にほかならないからだ。私はそれを許せないと思う。

 欧米の報道が悲観的で、過剰な反応をしているという見方があるが、危機管理は常に最悪を想定しておかなければ意味がない。『想定外だった』という言葉で済ますには、今回の原発事故はあまりにも多くの犠牲者を出したし、これからも出し続けることになるだろう。

 チェルノブイリと福島の違いは、チェルノブイリは核分裂が暴走して臨界状態となって爆発し、それで止まったが、福島はその逆で、原発は故障しても家電製品のようにスイッチをオフにできないために、核燃料は自分でどんどん発熱を続け、それを冷やすために注入した海水に放射性物質が溶けて流れ出していることだ。核の溶解は自己反応的なものだから、反応が止まらない限り誰もそれを止めることはできないのであり、したがって放射能汚染は長期化する。

MOX燃料を使用

 さらにチェルノブイリよりもひどいのは、福島は原子炉の燃料にMOX燃料を使っている。これはプルトニウムを含み、テロリストがこれを使って核兵器を作るといわれる危険なものだ。福島原発から20キロ圏内に放置された遺体は放射能汚染濃度が高く回収できない状態になっていると報じられたが、プルトニウム原爆を投下された長崎に次いで、福島でも多くの日本人がこの核の犠牲になるとはなんと皮肉なことだろう。

 3月30日、東電会長が記者会見し、福島第1原発を廃炉にするという方針をようやく示した。専門家によれば福島第1原発を処分するのにおよそ30年、1兆円はかかるという。お金はさておき、これはつまりこれから30年間、誰かが被爆というリスクを背負いながら原発に関わらなければならないということだ。そんな原発がこの狭い、地震の多い日本の国土に55基もある。原発が安くもクリーンでも安全でもないことを政府が認めないなら、国民から政府にそれを突きつけるしかない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
  List
  この記事は 249153 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249280
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
250460 どうして政府を信じられるのか 匿名希望 11/04/28 AM10
249880 「フクシマ」がドイツを変えた 大西敏博 11/04/20 AM02
249642 【新しい流れ】 ふぇりちゃん 11/04/16 PM10
249454 日本で何が起きているか 匿名希望 11/04/14 AM10
249451 大震災が暴露したこの国の政治家・官僚の不要・不毛さ 孫市 11/04/14 AM10
249399 もっと怒りを@=その無計画無責任無能の政府首脳に。 志水誠 11/04/13 PM04
249294 猫でもわかる原発シリーズ ふぇりちゃん 11/04/11 PM11
249282 菅政権ネット規制強化 国民をもっと信用すべきと専門家指摘 志水誠 11/04/11 PM10
249281 政府の被曝基準はおかしい『低線量被ばくの人体への影響について』より tanvool 11/04/11 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp