環境破壊
249222 【地震予知】人類の予知能力(危機察知能力?)の可能性も視野に〜中国の事例〜
 
福田尚正 ( 36 福岡 ) 11/04/11 AM00 【印刷用へ
247210 「東北地方太平洋沖地震」、『世見』サイトに書かれていたことが的中しています。
に関連する内容の紹介です。

地震予知について、「わが国は日米よりも進んでいる(リンク)」と豪語する中国では特に動物に関する研究が古くから行われ、実用してきましたが、人類の地震予知能力(危機察知能力?)についても、真摯に受け止め(非科学として軽視することなく)、有意な情報の一つとして蓄積していることが伺えます。

■中国の事例は? - 香港マダム

リンク
>子供の頃から動物は地震予知能力があると聞かされ実際中国では2006年に“深土川野生動物地震觀察與科学教育基地”を正式に成立した。また四川大地震が発生する前に動物園の動物の異状が多数観察されたから急いで一頭も被害なくパンダたちの救出成功したわけ。大量の死傷が出たのは手抜きの建築物の倒壊が主な原因となった。地震の一日前には街に数万匹のガマ蛙大移動の光景が生々しく危険を語った(添付写真)。

なお、
>実はアメリカ名門大学のMITが地震と動物予知能力の本にも震度M6.5の地震発生する20時間前には鼠、蛇、こうもりなど動物は必ず異様な動きを見せると明記してある。

■宏観異常現象 - Wikipedia

リンク
>宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)とは、大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象とされるものなどを、ひとまとめにして呼称するものである。

人類の危機察知能力とも言える地震予知能力も、宏観異常現象の一つと考えることができます。以下によれば、中国は既に統計情報として蓄積しているように伺えますが、それが本当であればスゴイと思いました。

■中国で「地震予知する男性」出現…特殊能力・的中率8割を確認(サーチナ) - エキサイトニュース

リンク
>雲南省曲靖市に住む朱さんは、これまでたびたび、「地震の予知」を行った。頭部内に特殊な脈動を感じるという。地元紙の春城晩報の記者が確認したところ、3月から5月3日までに朱さんが発信した「予知メール」12件のうち10件は、正しかった。的中率は約83%で、「特殊能力」は本物とみられるという。

>朱さんは定年退職した軍人だが、ショートメールで友人に「地震予測」を配信している。メールには「10時間以内に、南西の方角でマグニチュード6前後の地震が発生する」。送信時間は4月6日午前7時34分で、実際には7日午前6時15分にインドネシアのスマトラ島北部(北緯2.4度、東経97.1度)で、マグニチュード7.8の地震が発生した。

>4月12日午前9時には「2日以内に、マグニチュード7以上の地震が発生する。地球は地震の活動期に入ったと思われる」と送信。方角までは書かれていないが、4月14日午前7時49分、青海省玉樹チベット族自治州でマグニチュード7.1の地震が発生した。

>朱さんが予知しているのは、大部分がマグニチュード6以上の地震だ。「はずした」と判断された2回は、地震は発生したが、マグニチュードが大きく異なったという。発生時間は、朱さんの予知より、1日程度遅い場合が多い。

>朱さんによると、地震が発生する前に、頭のある部位で、特別な脈動を感じる。自動車のエンジンが起動する時のような音のような感じの振動で、地震の規模が大きいほど強い。「マグニチュード5以上の場合には、激しい脈動から逃れられない感じだ」という。

>自分の特異体質に気づいたのは1969年だった。工兵として軍に所属していた朱さんは、トンネル工事に従事していたが、頭部の一部に突然、強い脈動を感じた。本能的に後ろに飛びのいたが、上から大きな石が落ちてきて、あやうくかわしたという。2008年にも散歩をしている時に、「頭部の脈動」でビル6階からの落下物に気づき、避けることができた。

>地震の予知につながったのは最近のことで、1月4日午後に「頭部の脈動」を感じ、息子にむかってなんとなく、「しばらくしたら、大地震が起こるかもしれない」と言った。後になり、2010年1月12日にハイチで発生した地震を感じていたと分かったという。

>朱さんは地震と自分の予知能力に興味を持ち、書物を入手して地球物理学や日本の阪神淡路大震災、地震を予知したとされる生物の記録などの勉強を始めた。

>「頭部の脈動」を感じた時には、地球儀や世界地図を見て、「どのプレートの動きなのか」と、自分の感覚を確認。自宅には気象観測用の窓を新たに作り、望遠鏡で気流や雲、星などを観測して、それらの結果と自分の感覚を総合して、「予知」するようにしたという。

>雲南省地震観測予報所も朱さんの「地震予知」を知り、省地震局予報センターに報告した。「朱さんのような人は、他にもかなりいる。ただし、確実性に乏しいケースが多い」という。朱さんにも「地震を感知した場合には、事前に連絡してもらってかまわない。参考にしたいと思う。確度が高ければ、あらためて予知能力の持ち主を登録したい」との考えだ。(編集担当:如月隼人)
 
  List
  この記事は 247210 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249222
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp