学者とマスコミが人類を破滅に導く
248670 事実を隠蔽する日本の原発村の官学産複合体
 
匿名希望 11/04/04 PM03 【印刷用へ
「逝きし世の面影」リンクより転載します。
-------------------------------------------------------------
『事実を隠蔽する日本の原発村の官学産複合体』

ギルド的な内向きの利益集団 としての日本の原発が生み出す利権に群がる『官学産複合体』の闇は深い。
第二次世界大戦の英雄で連合国欧州軍総司令官からアメリカ大統領に転進したアイゼンハワー元帥が3期8年の大統領任期を終えて1961年1月17日に退任演説を行う。
この時の演説で初めて有名なアメリカの癌としての『軍産複合体』の悪業を明言(告発)した。
軍需産業、軍隊、官僚、政府など大勢が複雑に結びつき軍事利権に群がり、国家を牛耳り私利私欲で政治、外交、軍事や経済を支配している様を、『軍産複合体』と呼ばれている。

『ギルド的な内向きの利益集団』

アメリカの軍産複合体が日本国では官産政の鉄の三角形の複合体なのですが、原発では田舎の限界集落のように、その所帯が小さくて関係している人数か限られている。
この原子力村のギルド的な内向きの利益集団は、所帯の人数が小さい分、巨大なアメリカの軍産複合体以上に、もっと結びつきが強い村集団なのです。
原子力学会と電力会社と通産省などの官僚とのずぶずぶのギルド的な関係にある、官学産複合体が全ての情報を管理していて自分達だけが独占して決して外に出さない。
アメリカの軍産複合体も悪いが、この原発の日本の官学産複合体も強力な結束を誇り、今のように未曾有の災害を引き起こしても微動だにしないで、自分たちだけの利益の追求だけを考えている。
毎日系のテレビで連日『原発は大丈夫。安心だ』とくりかえしていて、近頃は『放射能は健康には影響は無い』『安全だ』とやっぱり念仏を唱えている専門家、諸葛宗雄東大特認教授ですが、この人物はあの爆発した福島第一原発のメーカーである東芝が育てた人間で、東京電力からは東大に対して莫大な研究費の委託がありその関係で、東芝から東大に出向して教授にまでなれたのです。
これなら、この人物が、不思議なことに事故が深刻化しているのに『安全だ』『安全だ』とテレビなどで念仏を唱えていたのは当たり前ですね。
外国の報道機関ですが、もろクズ教授のような原発メーカーの傀儡(広報マン)だけしか放送に出さない日本人よりも早く事態を掴んでいた可能性があります。

『管直人の電撃視察はオバマ大統領との電話会談の6時間後』

オバマ大統領は11日の超早朝午前4時という、人間が最も眠い時期にデーリー大統領主席補佐官から就寝中を叩き起こされて大震災原発の電源が喪失した恐るべき事実を聞かされている。
(日本の報道では大震災発生の一報を受けたと書いているが事実で無い可能性の方が遥か高い)
報告を入れたのは、何とホワイトハウスのトップである首席補佐官なのですよ。
しかも時間が寝入りばなに近い午前四時(日本時間では午後6時)の常識はずれの時間帯である。
大地震と津波だけであるなら8000キロも離れていて時間的余裕が有り、後数時間後でも何ら問題では無いのである。
ワシントンの早朝4時とは、日本の午後6時で地震発生から3時間半後で原発の非常用電源が失われていることが判明していて、それなら早朝4時の報告とはオバマが就寝時に、すでに日本の東日本大震災の事実を確認していて、『日本の原発に何かあれば時間に関係なく報告せよ』と主席補佐官に厳命していたと推測できる。
大統領が何時に寝たかの記述が無いが、東日本大震災は日本標準時14時46分発生なので、ワシントンとは10時間の時差があり、アメリカでは夜の0時46分である。
これなら大統領は多分就寝直前であったかも知れないが、まだまだ時間的には早くて寝ていない(大震災発生を聞いた)可能性が非常に高い。
また何時もなら亀並みに遅いことで知られている日本政府の首相(官直人)が、信じられないくらいに早く大震災翌日の12日昼に福島第一原発を視察した原因も、オバマ大統領からの指示(厳命)である可能性が高い。
オバマ大統領はまだ暗い時間である朝の4時に起きて日本の原発事故の報告を聞くなり即座に動いている。
ナポリターの国家安全保障長官らと緊急協議を行い、日本時間で12日の深夜の午前0時15分には、管直人首相に電話(協議)しているのですよ。
だから管直人首相本人が早くも、12日の昼にわざわざ福島第一原発まで出張っていったのですね。
日本人の生命の危機では動かなくても宗主国の指示なら即座に動くのですから、この政府がどちらを向いて仕事をしているかは明白である。
日本人の一人として何とも情け無い話ではあります。
------------------------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事は 248661 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_248670
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
249019 メルトダウン=燃料被覆管破損〜再臨界が始まっている〜 匿名希望 11/04/08 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp