日本を守るのに、右も左もない
248493 原子力発電の推進の根拠は全て嘘である
 
きっちょむ ( 大阪 会社員 ) 11/04/02 AM08 【印刷用へ
原発推進派の根拠は、

「オイルショック→オイルピーク説(石油枯渇)⇒原発」
「CO2増大→地球温暖化⇒(CO2を排出しない)原発」
という2重の嘘に加えて

「原発はCO2を排出しない」
という嘘、つまり3重の嘘で塗り固められているという。


原子力発電の推進の根拠は全て嘘である
リンク
______________________________

インターネット上で、原子力がなくとも電力供給は賄えると発電容量から検証をされている方がいるが、その論理では「賢い人たち」に原発の即時停止を説得することはできない。もともと原子力が推進されてきたのは、電力供給量が足りないからではないからである

経済産業省・資源エネルギー庁の『エネルギー白書2010』には、「原子力の意義と原子力政策の変遷」リンクについてこのように記述されている。

第一次オイルショックにより電力危機への不安が増大したこと等を背景として、(略)1975年には、原子力発電の安全性に関する調査・実証実験等の委託費及び、原子力発電施設の耐震信頼性実証実験や原子力広報研修施設整備費等の補助金が新設されました。

更に、第二次オイルショックを経て、新エネルギーの開発・導入とともに原子力開発の推進が図られました。(略)

2008年7月には、「低炭素社会づくり行動計画」が閣議決定されました。この中において、発電過程で二酸化炭素を排出しない原子力発電は、低炭素エネルギーの中核として、地球温暖化対策を進める上で極めて重要な位置を占める、とされ、改めて環境対策としての原子力発電の重要性が認識されました。(略)2020年をめどに発電電力量に占める「ゼロ・エミッション電源」の割合を50%以上とする中で、原子力発電の比率を相当程度増加させることが目標として定められております。また、核燃料サイクルを確立するとともに高速増殖炉サイクルの早期実用化を目指しています。

2008年における原子力発電所の稼働率は58%にとどまっていますが、原子力発電は我が国の総発電電力量の約3割を担っていて、エネルギー安全保障の確保や地球温暖化対策の観点からその重要性がますます増しています。このことから、我が国では引き続き、原子力発電を基幹電源として位置付け、安全の確保を大前提として、国民との相互理解を図りつつ、その推進を図っています。

つまり、1960年代前後の「鉄腕アトム」的な夢のエネルギーという時代を除けば、原子力発電の推進の根拠は、「石油ショック」と「地球温暖化」なのである。石油ショックの経験から石油火力発電に頼っていてはエネルギーの安定供給が期待できないから原子力、あるいは、地球温暖化で二酸化炭素を削減しないといけないから原子力、という理屈である。

この二つとも、大嘘である。

石油ショックは、アメリカの自作自演だった。その詳細は、ウィリアム・イングドール著『完全支配・ジオポリティックス編』リンクを読んで頂きたい。

また、石油が枯渇するというのも嘘である。

戦争と「石油ピーク」〜元「石油ピーク」信者の告白〜
リンク

人間活動に由来する二酸化炭素の増加が地球温暖化をもたらしているというのも嘘である。そもそも地球は温暖化していない。二酸化炭素の増加が温暖化の原因でもない。さらに原子力発電で二酸化炭素が削減できるというのも嘘である。ざっと数えただけで三重の嘘ということだ。


政策に合わせて気候データを決定せよ! 地球は温暖化したはずだ!
リンク

地球温暖化、それとも地球寒冷化? 本当に氷は溶けているのか?
リンク

メキシコ湾の原油流出とCCX
リンク


原子力発電には、一つも必要性がないのである。

騙されてきたのは仕方ない。だが、気付いたならば、改めるべきだ。
______________________________
 
  List
  この記事は 247900 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_248493
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
250082 メキシコ湾石油流出事故で英BP社が米ハリバートンを提訴〜ロスチャイルドによるDロックフェラーへの攻撃か 猛獣王S 11/04/23 PM01
248686 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある G きっちょむ 11/04/04 PM05
248685 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある F きっちょむ 11/04/04 PM05
248684 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある E きっちょむ 11/04/04 PM05
248682 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある D きっちょむ 11/04/04 PM04
248681 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある C きっちょむ 11/04/04 PM04
248680 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある B きっちょむ 11/04/04 PM04
248665 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある A きっちょむ 11/04/04 PM02
248663 日本の原発推進の真の目的は自前の「核武装」にある @ きっちょむ 11/04/04 PM02
248633 何で、骨に吸収されやすいストロンチウムは公表されていないのか? 本田真吾 11/04/04 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp