否定脳(旧観念)からの脱却
24840 規範の形成を阻んでいるもの
 
阿部和雄 ( 41 東京 設備士 ) 02/02/24 AM00 【印刷用へ
実は私会社の同僚と三人で共同生活をしています。(遠隔地通勤や単身赴任の男ばかりです・・・残念ながら)3人の小所帯ですが、そこではお互いが気持ちよく暮らすための暗黙のルールが、自然と形成されてきています。共用のスペースには私物を散らかさないとか、ごみが溜まってきたら気づいた人が率先して片付ける、とかささいな事柄ですが集団生活を営むための規範が共認されています。

おそらく、こういった暗黙のルールが守られないと、掃除当番だとかサボったときの罰則といった制度を作ることになるのでしょうが、今のところはまだ大丈夫です。

で、制度が無くてもなぜ秩序が保たれているかというと、相手を慮って行動することが共認されていて、それを破ることはいけないこと、という共認圧力が相互に働いているからなのだと思います。

このような共同生活を円滑に行うためのポイントは「相手あっての私」という心持でしょうか。この気持ちがうすれてゆくと制度や罰則で縛らなければ集団が維持できなくなるのだと思います。

集団の規模を拡大してゆけば、これが地域集団とか企業集団になってゆくのですが、どうも大きくなると「相手あっての自分」という気持ちが薄れて制度が幅を利かすようになってしまうようです。
ただ、これは規模とかの問題ではなく、いわゆる「個人の自由」とか「プライバシー」といった固定的な観念によるところが大であると感じています。

実際、このような固定観念をある程度取っ払わないと共同生活はできません。だからこそ共同生活は規範(の共認)が有効に機能する場になり得ているのだとも考えられます。

実際にやってみると、みんなで気持ちよく暮らせれば個人の自由がない不自由さはあまり感じませんし、プライバシーといっても便所が一人で使える程度あれば十分であるような気がしています。

「個人の自由」や「プライバシー」をさも大切そうに考えている「不自由な固定観念」こそが規範(とその共認)の形成を阻む元凶なのではないかと感じています。
 
  List
  この記事は 24640 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24840
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
136414 『衣食足りて礼節を・・』現在では通用しない 浦野てる代 06/11/03 PM11
86637 「自分の家」から「みんなの場」へ 中瀬由貴 05/03/02 PM10
25078 責任 酒井典子 02/02/27 AM00
24960 規範が有効に機能する場 村上靖佳 02/02/26 AM00
24938 Re:規範の形成を阻んでいるもの 阿部詩織 02/02/25 PM11
24892 自由と不自由(1) 福島健 02/02/25 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp