地震・噴火・気象
248097 地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(5)
 
新川啓一 ( 40代後半 神奈川 建築家 ) 11/03/28 AM02 【印刷用へ
地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(5)です。

角田史雄氏著「地震の癖」の要約です。
※VE過程とは・・・・火山活動と地震活動が移動して行く様子のこと。
※HT線とは・・・・・マグマが活性化した「高温化域」の中でも、さらに最高温度に達した部分で、噴火に必要な条件(火山性ガスの増大)が揃った最前線のこと。
※スーパープリュームとは・・・高温のマントルが地球中心の外核から地球表面の地殻に向けて湧昇する通り道のこと。


■環太平洋のVE過程
スーパープリュームの動きから、高温化域と「HT線」が地下深部から湧き上がっている、つまり「VE過程は浮上している」と言うことが分かった。「VE過程」の浮上が過去にも繰り返し起きているかを調べるために、USGS(アメリカ地質調査所)の地震情報を検索したところ、スーパープリュームでは毎年M5.0より大きい深発地震が発生しており、高温化域の湧昇は繰り返し何回も起こっていたことがわかった。
そこで観測精度をそろえるため、USGSの地震情報が採られ始めた1972年から2年ごとに、「VE過程」が繰り返し起きているかについて追跡したところ、確かに2年に一度は「VE過程」の浮上と横への拡大が確認できた。

「VE過程」の強い区域(噴火が起きてM6.0以上の地震が連発しやすい区域)を図上で囲み、その長さと幅で「VE過程」の強弱を示してみた。スーパープリューム付近で湧昇してきたVE過程が強ければ、M6.0以上の地震が密集する上に、その区域は長く広くなるはず。
結果、1972年〜1994年のものは短くて細いのに対し、1995年〜2007年のものは長くて太くなっており、1995年以降、スーパープリューム付近での地震エネルギーレベルは高くなったと言える。


■同時多発性のVE過程
一年間の地震エネルギーの総量を求めてみると、1995年以降は地震エネルギーが急増した時期であることが分かった。また1997年〜2001年には環太平洋の東西両岸で数多くの噴火と大地震が同時に発生していた。
「同時」と言っても、スーパープリュームからの[HT線」は、アメリカ側へ向かう時期はやや早く、アジア側へ向かう時期はやや遅いという特徴がある。

「VE過程」を起こす熱はスーパープリュームから両岸へ移送されるが、「HT線」にはその進行方向が変わる時期があるらしい。地球の磁場を発生させる「ダイナモ」の回転方向が逆転すると言われているが、それとの関係を調べてみる必要がある。
「VE過程」は強まったり弱まったりしているが、その強弱は地震エネルギーの増減を示している可能性がある。

地震エネルギーの増減を定量的に表すため、期間と場所を決めそこで起こった地震をM7.0の地震の個数に換算してみた。
(換算はM6.0〜M9.0クラスの地震一つひとつで行い、それらを加算し任意の時期と地域の地震エネルギー量を求めた)
2年ごとの地震エネルギー量の増減をグラフにしたところ、1994年以降にスーパープリューム付近の地震発生場が広がり、かつ地震エネルギー量が急増していることが分かる。

一つの仮定として、スーパープリュームから湧き出すエネルギーと地震エネルギーは比例しているのではないか。
太平洋地域における噴火総数の増減は、スーパープリューム沸出口付近のVE過程の動きと合致しており、地震エネルギーは増えたり減ったりしているのではないか。
ただし、スーパープリュームからの地震エネルギーの移送ルート、地震エネルギーの溜まり方と発散の仕方などには地域差があるため、必ずしも全てが合うと言うわけではない。

Eに続く
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_248097
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
248099 地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(6) TAB 11/03/28 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp