地震・噴火・気象
248097 地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(5)
 
新川啓一 ( 40代後半 神奈川 建築家 ) 11/03/28 AM02 【印刷用へ
地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(5)です。

角田史雄氏著「地震の癖」の要約です。
※VE過程とは・・・・火山活動と地震活動が移動して行く様子のこと。
※HT線とは・・・・・マグマが活性化した「高温化域」の中でも、さらに最高温度に達した部分で、噴火に必要な条件(火山性ガスの増大)が揃った最前線のこと。
※スーパープリュームとは・・・高温のマントルが地球中心の外核から地球表面の地殻に向けて湧昇する通り道のこと。


■環太平洋のVE過程
スーパープリュームの動きから、高温化域と「HT線」が地下深部から湧き上がっている、つまり「VE過程は浮上している」と言うことが分かった。「VE過程」の浮上が過去にも繰り返し起きているかを調べるために、USGS(アメリカ地質調査所)の地震情報を検索したところ、スーパープリュームでは毎年M5.0より大きい深発地震が発生しており、高温化域の湧昇は繰り返し何回も起こっていたことがわかった。
そこで観測精度をそろえるため、USGSの地震情報が採られ始めた1972年から2年ごとに、「VE過程」が繰り返し起きているかについて追跡したところ、確かに2年に一度は「VE過程」の浮上と横への拡大が確認できた。

「VE過程」の強い区域(噴火が起きてM6.0以上の地震が連発しやすい区域)を図上で囲み、その長さと幅で「VE過程」の強弱を示してみた。スーパープリューム付近で湧昇してきたVE過程が強ければ、M6.0以上の地震が密集する上に、その区域は長く広くなるはず。
結果、1972年〜1994年のものは短くて細いのに対し、1995年〜2007年のものは長くて太くなっており、1995年以降、スーパープリューム付近での地震エネルギーレベルは高くなったと言える。


■同時多発性のVE過程
一年間の地震エネルギーの総量を求めてみると、1995年以降は地震エネルギーが急増した時期であることが分かった。また1997年〜2001年には環太平洋の東西両岸で数多くの噴火と大地震が同時に発生していた。
「同時」と言っても、スーパープリュームからの[HT線」は、アメリカ側へ向かう時期はやや早く、アジア側へ向かう時期はやや遅いという特徴がある。

「VE過程」を起こす熱はスーパープリュームから両岸へ移送されるが、「HT線」にはその進行方向が変わる時期があるらしい。地球の磁場を発生させる「ダイナモ」の回転方向が逆転すると言われているが、それとの関係を調べてみる必要がある。
「VE過程」は強まったり弱まったりしているが、その強弱は地震エネルギーの増減を示している可能性がある。

地震エネルギーの増減を定量的に表すため、期間と場所を決めそこで起こった地震をM7.0の地震の個数に換算してみた。
(換算はM6.0〜M9.0クラスの地震一つひとつで行い、それらを加算し任意の時期と地域の地震エネルギー量を求めた)
2年ごとの地震エネルギー量の増減をグラフにしたところ、1994年以降にスーパープリューム付近の地震発生場が広がり、かつ地震エネルギー量が急増していることが分かる。

一つの仮定として、スーパープリュームから湧き出すエネルギーと地震エネルギーは比例しているのではないか。
太平洋地域における噴火総数の増減は、スーパープリューム沸出口付近のVE過程の動きと合致しており、地震エネルギーは増えたり減ったりしているのではないか。
ただし、スーパープリュームからの地震エネルギーの移送ルート、地震エネルギーの溜まり方と発散の仕方などには地域差があるため、必ずしも全てが合うと言うわけではない。

Eに続く
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_248097
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
248099 地震の発生メカニズム「熱移送説」の紹介(6) TAB 11/03/28 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp