健康と食と医
247376 放射能汚染から身を守る為の知恵〜塩、味噌が身を守る!
 
田野健 HP ( 50 兵庫 設計業 ) 11/03/18 AM00 【印刷用へ
大塚晃志郎氏のブログに貴重な記事があります。
以下のような書き出しで始まっています。全文を載せるには多いので抜粋していますが、必ずリンクに飛んで呼んでみてください。リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>福島の原子力発電所での爆発事故などで、放射能汚染が広がることによる被爆が非常に気がかりな現実の心配と不安になりつつあるここ数日、もちろんそういう場所から、できたらすぐに離れることがベストという大前提をもとにして、以前、私のブログに書いた記事を少々リライトして、こういう大きなリスクのあるときに、少しでも皆さん自身とご家族の身を守れる可能性を高められるよう、こういう危機的状況の中でこそ役に立つ、体質面から命をガードする知恵を、以下の私の記事で紹介しておきます。

実は、長崎に原爆が投下されたとき、爆心地から、ほんの1.8kmの場所で、その建物の中にいた全員がひどく被爆したのにも関わらず、彼らに、その後、その被爆による原爆症が出ず、命が奇跡的に助かったという事実があります。彼らは、原爆が落ちたときに、ある医師の指示で、とっさに、体に対して、あるガードをしたのですが、いったい、どういうことをしたと思いますか?
とっさの機転で体のガードをした彼ら以外、同じ距離で被爆した人は、皆、原爆症に苦しみながら、早くに亡くなっています。彼らは、皆、原爆症にもかからず、長生きし、そのとっさの指示を皆に与えた医師は、たしか90歳近くまで長生きされたようです。

原爆を落とされたとき、何が、生と死の明暗を分けたのでしょう?
この長崎に原爆が投下され、その爆心地から1.8kmしか離れていない場所で被爆したにも関わらず、原爆症が出なかった人たちがいる事実について、私は、すでに私の著書「治る力の再発見」(日本教文社)のなかで、はっきり書いています。その内容こそが、何が被爆した彼らを原爆症から守り、命を救ったのか、ということについての説明になると思いますので、以下、引用いたします。

1945年8月9日、長崎に原爆が投下された。その爆心地から、たった1.8kmのところで、当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆した。
博士は焼けただれて痛がる人々に、「水を飲んではいかんぞ!」と大声でどなった。おそらく直観的に、血液の濃度を保ち、血液を水でうすめることなくガードしようとしたのだろう。((注)たしかに戦地で、傷の深い重傷の兵士に水を飲ませると、すぐに死んでしまうという記録がある )

さらに博士は、次のように職員に命令したという。
「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」
 「放射線宿酔」と呼ばれる。レントゲンを受けたあとに起こることがある全身の倦怠や筒宇などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体をガードするには、塩が有効であることを推理したのだ。「味噌汁」の具は、「かぼちゃ」であった。のちに「わかめの味噌汁」も多くとったらしい。砂糖を禁じたのは、砂糖は造血細胞に対する毒素であり、塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与えるという、彼自身の食養医学によってである。
 
すると、どうであろう。そのとき患者の救助にあたったスタッフらに、原爆症の症状が出なかったのである。ふつうなら、しだいに原爆症の症状が出て、進行してしまうところなのに、彼らはそれからのち、ずっと現実に生き延びているのである。
このことは、私にとって大きなショックであった。食というものによる、見かけからはなかなかわからない「体質的な強さ」というものの重い価値を知り驚嘆した。ちょっとした体質のガードが、明らかに生と死を分けているからである。

博士の書いた「長崎原爆体験記」(日本図書刊行センター刊「日本の原爆記録」第9巻に所収)という本の英訳版が欧米で出まわり、チェルノブイリ原発事故のあと、ヨーロッパで日本の「味噌」がとぶように売れたということはあまり知られていない。

秋月博士は、「体質医学」の大切さを主張し、次のようにいっている。

「それは、人間の体質を作り変えることが医学の本然の姿であるという信念による。人間の体質を作り変えて、病気にかからなくてすむ身体、また病気にかかっても軽くて治る身体になることである。また、慢性疾患に罹患していても、体質を変えていつの間にか病気が離れる身体になる、この医学である。」(「体質と食物」)
博士は人間の体質にとって、「味噌」が実に大切であることを説き、のちにこう語っている。

「この一部の防禦が人間の生死の境において極めて重要なのである」

★ 放射能の被爆から、体質的に体を防御する食べ物のまとめのキーワード:
自然醸造味噌、自然塩、ごま塩、玄米、玄米おむすび、味噌汁(具は、わかめ、かぼちゃなど)、わかめ、昆布、塩昆布、血液を守るために、白砂糖・甘いものは摂らない。アルコールも摂らないこと。これを徹底して実行すること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
放射能に対しては薬はありません。氏が言うように塩や自然食品による防御が確かに効果を発揮する可能性がありそうです。
 
  List
  この記事は 247353 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247376
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『農業革命;未知なる乳酸菌』シリーズ−1 〜乳酸菌の大いなる可能性〜 「新しい「農」のかたち」 14/07/08 PM07
285568 玄米食の薦め〜「体質は食べ物で変えられる。細胞は食べ物によって常に作り変えられている」 田野健 13/12/28 PM09
271814 放射能に対する味噌の効果〜人の進化と食べ物の関係が分かります☆ 中村淳子 12/12/31 PM09
261266 原爆で被爆しても原爆症が出なかった人たち〜放射能を排出軽減中和する食品一覧〜 たっぴ 12/02/10 AM08
261126 「私たちは既に放射性物質を取り込んでいる」という認識 千葉敏昭 12/02/04 AM01
252004 広島で9歳で被曝した少女が玄米食で奇跡的に回復し、その後、結婚して7人もの子宝に恵まれた話 越見源 11/05/25 PM09
250829 バランスが大事 ますみん☆ 11/05/04 AM01
250647 マウス実験で味噌の放射線防御作用が明らかに えみ☆ 11/05/01 AM02
250487 放射線の性質は拡散性=陰性。塩気で放射線をブロックし、酸で排泄! みのり 11/04/28 PM08
249837 【書籍紹介】家庭で出来る「食品添加物・農薬」を落とす方法(1) 小圷敏文 11/04/19 PM05
249819 自然の摂理に則って体の機能を引き出せば放射線障害もガンも治る1 本田真吾 11/04/19 PM00
東日本大震災〜原発事故から学ぶ1〜放射線障害から身を守るには!? 「地球と気象・地震を考える」 11/04/18 PM02
249516 微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 1 本田真吾 11/04/15 AM00
248501 内部被曝への対処方法〜放射能物質の予防・排出に役立つ食材・栄養素 猛獣王S 11/04/02 AM11
248186 根拠のない『高血圧=“塩”犯人説』は嘘!⇒年をとったら血圧は高くてもよい! たっぴ 11/03/29 AM03
247805 味噌?発酵?? ふぇりちゃん 11/03/23 PM09
247528 放射線から身を守る食べ物、家の守り方 石敢當 11/03/19 PM11
放射能を中和する、様々な物質や電場・磁場の相互作用が存在するのでは? 「日本を守るのに右も左もない」 11/03/19 PM10
247467 ワクチンだけでなく、強い体を作るという視点が大事なのかな♪ チーズケーキ 11/03/19 AM11
247406 専門家試算「原発を止めても他の発電で電力消費をまかなうことができる」 土屋範明 11/03/18 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp