原発
247320 原発 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!
 
匿名希望 ( 25 鳥取 農業 ) 11/03/17 AM10 【印刷用へ
以下、中部大学 武田邦彦のコメント(リンク先→リンク)より引用

〜引用開始〜


政府とマスコミがごまかしを始めた。これはどうしてもすぐ多くの人が気がついて理解しておかなければならない。


それは「1時間あたりの放射線」と「そこに住んでいる子供が受ける放射線」の問題だ。実に危険なごまかしを始めた。


放射線の強さを「シーベルト」で示すが、これには「年間にあびるシーベルト」、「1時間あたりのシーベルト」、「白血病になるシーベルト」、「瞬時にあびるシーベルト」と4つある.


この複雑なことを利用して、昨日から政府とマスコミは歩調を合わせてごまかし始めた。子供をもつ親はその責任から、絶対に次のことを理解して欲しい。(今、私は計算中)

・・・・・・・・・


まず、法律で決められた「普通の人は一年に1ミリシーベルトまで(自然放射線を除く)」というのは、「1年間」だ。


政府発表やテレビで報道しているシーベルトは「1時間あたりのシーベルト」だから、1ヶ月少し(42日)住んでいるところの場合、それを1000倍する必要がある。


白血病になるシーベルトは約400ミリシーベルトで、これは1時間でも1年でもなく、そのままである。だから1時間400マイクロシーベルトのところに1時間いても大丈夫だが、1ヶ月あまり住んでいると白血病になる.


レントゲンを受けると「一度に600マイクロシーベルト」の放射線を受けるが、これは瞬時である.


・・・・・・・・・どのぐらいで何が起こるか・・・・・・


4シーベルト       死ぬ


400ミリシーベルト   白血病


1ミリシーベルト(1年) 法律で定められた限界


・・・・・・・・・・・・

1)  福島原発2号炉から放射線が漏れたときに枝野官房長官が発表した数値は1時間に400ミリシーベルト。
(もし、その場所に1ヶ月少し住んだら、400シーベルトになり死亡.その100分の1で死亡するから1日いたら死亡する)


2)  文部科学省が3月16日に発表した福島原発から20キロの地点(福島県浪江町周辺)の放射線は1時間330マイクロシーベルトであった(1時間あたりと思う)。
(そこに1ヶ月少し住んだら330ミリシーベルトになり、白血病になる数値・・・これをテレビでは「安全な放射線」と言っていた。)


3)  3月15日頃の東京の高い値は10マイクロシーベルトぐらいだった。
(東京に1ヶ月少し住むと、10ミリシーベルトで、1年間に浴びて良い値の10倍になる。1年ぐらい住むと子供はかなり危険。胃のレントゲンが1回で600マイクロシーベルトだから、1ヶ月で17回のレントゲンを受けることになる。安全とは言えない.)


・・・・・・・・・

【政府のトリック】

政府やマスコミは「福島原発から20キロのところの放射線は、330マイクロシーベルトだから、胃のレントゲンの2分の1」という言い方をしている。だから安全という.


しかしそれは「そこに1時間しかいない人」の事であり、住んでいる人ではない。だから、1ヶ月あまり住む人は330ミリシーベルトを浴びることになり、子供も親も白血病になるだろう.


すぐ待避しなければならない。決して「安全な放射線」ではないのだ。


・・・・・・・・・

今、私(武田)は少し動揺している.


もし文部科学省が16日に発表した値が正しく、私の計算があっていれば、政府は直ちに浪江町の人をもっと遠く(風上)に待避させる必要があるからだ。


でも、まったくその気配はない.なぜなのか?


私の計算が間違っているのか? それでは浪江町の少し南の人はどうなのだろうか?たとえばある地点で測定してみるとその3分の1の100マイクロシーベルトのところに住んでいる人は、3ヶ月住むと白血病になる.子供はさらに早いかも知れない。


もう一度、慎重に考えてみる.もしこの計算が本当なら大変だが、どこかに間違いがあることを願う.


原子力の専門の人、チェックしてください。もし、この計算が正しいと大変ですから。間違えていたらすぐ訂正します。でも重要な事ですから。


南無三! 私の勘違いであってくれ!

(平成23年3月17日 午前9時30分 執筆)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247320
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297019 国民はマスコミが作る別世界の奴隷〜ブラックマスコミを断じて許してはならない〜 匿名希望F 14/10/25 PM09
原発問題から見える特権階級・近代科学の問題性5 〜法律や基準は誰を守るためものか〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/05/29 PM09
251707 私たちがやらねばいけないこと 押金 11/05/20 PM00
249430 「激論」ぶら下がり中継取材を規制しようとした東電広報へ岩上安身が抗議 志水誠 11/04/14 AM00
248907 総務省による言論統制の動き [状況と変動] 志水誠 11/04/07 AM03
248182 東北大震災のある看護婦の手記(1)〜1日泣くのを我慢していたのでバスタオルに包まってずっと朝まで泣いていました〜 三浦弘之 11/03/29 AM02
247826 体を張って守る消防、火事場泥棒の自衛隊ー 匿名希望 11/03/24 AM06
247800 マスコミ自体がもう古いと感じている大学生! 嶺山志保 11/03/23 PM08
247735 東日本大震災・本当の行方不明者数は16万人!? SE_Hacker 11/03/22 PM11
247502 やはりマグニチュード9は責任逃れの嘘数字 きっちょむ 11/03/19 PM10
地震から1週目のなんで屋露店 「ルポルタージュなんで屋PROJECT.4」 11/03/19 PM10
247365 原発がクリーンエネルギーってのは詭弁だったのか? チャニ 11/03/17 PM11
東北地方太平洋沖地震〜原発は必要か否か3〜そもそも見切り発車だった原子力発電〜 「地球と気象・地震を考える」 11/03/17 PM10
247352 人知れず小沢一郎が行方不明? たっぴ 11/03/17 PM09
247351 2008年12月、「深刻な問題」が生じる恐れがあると警告されていた。 kuwavillage 11/03/17 PM09
247330 どこがまでが危ないか:計算結果@ 匿名希望 11/03/17 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp