暴走する悪徳エリートの所業
247225 全く大丈夫じゃない!福島原発事故は、スリーマイル以上!
 
ヒカル☆ 11/03/15 PM10 【印刷用へ
先ほど、ツイッター上で、ヤフーのニュース(3月15日21時44分配信)で流れた記事がつぶやかれていました。リンク

でもなぜか、すごく大事なことなのに、ヤフーのトップページにも載っておらず、且つ、ヤフーのHPからは直接このニュースにも行けなくなっています!!既に消されてしまったのか・・・
※なお、配信元の産経新聞HPからは大丈夫のようですリンク

ツイッターに貼られたURLからは、まだ見れましたので、リンクを貼って紹介します。

*********************************
yahooニュース

福島第1原発事故、海外で「スリーマイル島原発の同等以上」との見方広がる
産経新聞 3月15日(火)21時44分配信

 東日本大震災に伴う東京電力の福島第1原子力発電所の事故について、国際社会は、炉心の大規模溶融が起きた米スリーマイル島原発事故や、炉心もろとも大爆発を起こし多数の死者を出した旧ソ連のチェルノブイリ事故と並ぶ大規模事故だと受け止めている。少なくともスリーマイル島原発と同等以上の規模になるとみる声も強まっている。

 ロイター通信によると、フランス原子力安全当局は14日、原子力施設事故に関する国際原子力事象評価尺度(INES)で定められたレベル0〜7までの8分類のうち、福島第1原発事故は「レベル5か6に該当する可能性がある」という見解を明らかにした。

 スリーマイル島原発事故は「施設外へのリスクを伴う事故」に当たるレベル5なので、それと同等以上の規模だという見方だ。福島第1原発事故がさらに拡大すれば、「大事故」に相当するレベル6だとみられる可能性が強まる。

 これを上回るのが最悪のレベル7に該当するチェルノブイリ原発事故だ。欧州からの報道によると、国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)の天野之弥事務局長は14日の会見で、チェルノブイリ原発事故との違いについて「福島第1原発事故は人間や設計のミスが原因ではなく巨大な自然災害によって引き起こされた」と強調した。

 実際、チェルノブイリ原発事故が未曽有の被害を出したのは、旧ソ連政府の情報隠蔽など人災の側面が大きい。さらに原子炉の構造が福島第1原発と違う。

 チェルノブイリ原発の原子炉は「黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉」と呼ばれ、格納容器がなく原子炉が密閉されていないことが特徴だ。このため放射性物質が大量に放出された。

 これに対し福島第1原発が採用する「沸騰水型軽水炉」と、スリーマイル島の「加圧水型軽水炉」の原子炉には格納容器がある。

 ただ、15日には福島第1原発の2号機で、格納容器につながる設備が爆発で損傷を受けた。同原発に対する国際社会の目はさらに厳しくなる可能性がある。

*********************************

引用終わり
 
  List
  この記事は 247060 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247225
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
247238 過去の原子力発電事故との比較 2U 11/03/16 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp