環境破壊
247218 「思いを同じに」
 
ふぇりちゃん ( ニコニコどき ありがとうございます ) 11/03/15 PM08 【印刷用へ
あおいさん、247210の投稿をありがとうございます。
あおいさんの投稿を読んだ後、サイトに書かれている最近の記事を読ませていただきました。

本日サイト【幸福への近道】に書かかれた記事を読み、不安な気持ちが多少和らぎ、「がんばろう。がんばる!」と力が出ました。
そしてその記事を他の方にもお読みいただければ・・・と想い、転載投稿させていただくことにしました。

「思いを同じに・・・」の想いを込めて。



リンク
*******

昔から「三人寄れば文殊の知恵」と申します。
今こそ、大和魂を見せる時なのではないでしょうか。
この度、お読み戴く方の中に、私の事が人様を惑わすと思っておられた方がおられた事を知り、改めて身を引き締めておりますが、感じた事、聞こえた事や又、不思議な世界の方々から教えて戴く事を今日からどんな事を言われても、今迄以上にハッキリと書く勇気を持てました。
今迄、申し上げてまいりましたように、自分の身は自分で守る時期に来てしまっている事を、もう一度お心にお留めになって下さい。
又、私が書く事をご自分の心眼で判断されて、行動に移して下さい。
私は皆様が今日より明日、幸せに過ごせる事を祈りホームページのタイトルを「幸福への近道」と名付けました。
人は皆、幸福になりたいと思っていますが、今回の大惨事を見て心を痛めなかった人はいなかったと思います。

サア、今日から力を合わせる時です。
心配をなさる前に、ご自分が今生きている事を喜び、傷付いた心の人には癒しの言葉を、家族を愛し、隣人を大切にし、出逢えた事を喜び、悲しい日々を過ごされておられる方には心の中で「あなたは一人ではありません。一緒に乗り越えましょう。」と話し掛けて下さい。
人間力は未知なるエネルギーを持っています。
人を思いやれる気持ちが心に育つと、必ずそこには、どんな環境でも打ち勝てる人類にしかない磁場が出来ます。
我国が元のように過ごせるその日まで、朝8時〜8時10分の間、ご自分が生きている事を自覚し、今回大変な思いをしておられる方々に向けて「頑張る」と心の中で言って下さい。
一人が二人になり、三人が50人になり、50人が300人と増えれば増える程にこの「頑張る」と心の中で言われる言葉が大きな力となり、必ず奇跡が起きる事でしょう。
今回味わった心の傷も「頑張る」と云う素晴らしい言葉で、ご自分も又、目で見る事の出来ぬ人々も、勇気を持てる事になります。

私達に今、何が出来るのか?
それは私たち一人一人の心の中にあり、一人では乗り越えられない壁も、思いを同じにする事で乗り越えられる事を体験しようではありませんか。
心の中で思うのに場所など関係ありません。
気付いた時、思うだけでよいのです。
ただ、朝8時〜8時10分の間は、私には我国の生活リズムの中で人が無に近い時間帯にも感じていて、出来ればこの「頑張る」と云う言葉を一日一度、同じ時間に声にならない声で言ってみようではありませんか。
きっとご自分も爽やかな気分になり、ひとつの事を同時に思う人々の心の中の念ずる思いが、放射能などに負けない力になる事でしょう。
一人の力は小さくとも、皆も心がひとつになると自然界をも変化出来る事を今回は知る事になります。

「元素」は地球の中にあるひとつの生き物です。
「核」は本来、生物の細胞の中にあって、機能の中心となる特別な構造の球形の小体だと不思議な世界の方には教えて戴いています。
核とは、地球の核(コア)ベンゼン核と全ての物や現象の中心となる物の事です。
私は人間が発明と云う名で生み出した物全ては、この地球上に存在する物である事から、今回の放射能汚染に打ち勝つ方法が必ずあると信じています。
その一番の試みが今回、私が提案する人類が心の中で語れる能力にあると思っているのです。
この人類が手にした思いの力は、この地球を我が物顔で変化出来る力にもなりましたが、人間力として使用する時が今だと私は思っています。

明日も感じ取れた事や見えた事を勇気を持ってお知らせ致します。

*******
転載おわり
 
  List
  この記事は 247210 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247218
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
247894 【優しさに満ちた気は透明です】 ふぇりちゃん 11/03/25 AM00
247420 全てを失った日本が得たものは、希望だ。〜村上龍のNYタイムスへの寄稿文〜 やまと 11/03/18 PM08
247240 自分達の生きる場を、自分達の手で。 SSS 11/03/16 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp