現代意識潮流を探る
247211 「人とのつながり」の重要性が更に顕在化してきている
 
777 ( 33 岐阜 ) 11/03/15 PM07 【印刷用へ
diamond online やはり一番重要なのは「人とのつながり」だった!現代人が考える、生活を楽しむために必要なもの(リンク)より転載します。




「経済力」?それとも「時間のゆとり」?現代人が日々を楽しく過ごすために必要としているのは何だろうか。博報堂生活総合研究所は、「日本型成熟モデルを考えるシリーズ」の第5回として「生活を楽しむ調査」を実施。アンケート結果からは、人とのつながりに「楽しさ」を見出す現代人の姿が浮かび上がった。


 全国に住む15〜69歳の男女553人を対象に、インターネット調査で行ったもの。調査期間は2010年10月。

2位は「お金、経済力」、3位は「時間のゆとり」
そして1位は…?

 アンケートでは、「生活を楽しむために必要なもの」を1人3つずつ自由回答形式で聞き、集まった回答を16のカテゴリーに分類し、集計した。

 結果は、1位が「家族や友人、他者との関係」(全体の19.7%が回答)。「喜びを共有できる家族の存在が不可欠。辛く苦しいことも家族のためなら笑顔でやり遂げられる」(39代男性・栃木県)、「たくさんの人と関わりあっていくことで、多くのことを知ることができるから」(18歳女性・埼玉県)など、人との関係こそ生活に楽しさを呼び込んでくれるものと考える人が最も多かった。

 「お金、経済力」(19.2%)が僅差で2位。「最低限の生活を営むのに必要なお金」(68歳男性・静岡県)というように、生活の地盤を固めるためには経済力が必要だという回答が多かった。経済力があることがそのまま「楽しい生活」につながるというわけではなく、「楽しい生活」を送るために必須なもののひとつとして捉えている人が多いようだ。

 3位は「時間のゆとり」(12.4%)。他国と比べても労働時間の長さが指摘されている日本。生活を楽しむために、もっと「時間のゆとり」が欲しいと望む人は多いのではないか。「家族や友人、他者との関係」や「お金、経済力」と比べ、今現在「足りない」と感じている人が多いのが「時間のゆとり」かもしれない。


「情報機器やコンテンツ」選ぶ
“デジタルネイティブ世代”

 年代別に見ると、大きな差のある部分もある。まず、10代から40代では1位が「家族や友人、他者との関係」で、若いほど回答率が高かったのに対し、50代と60代は「お金、経済力」が1位。戦後の復興期を体験した年代と、日本が豊かになってから生まれた年代では、感覚の違いがあるようだ。

 また、10代では「情報機器やコンテンツ」(15.3%)が2位にランクイン。「情報機器やコンテンツ」は全年代で見ると4.3%にとどまり、他の年代では5位以内にランクインしていない。携帯電話やインターネットが広く普及し、「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代だからこその選択と言えるだろう。さらに言えば、若い世代ほど「人とのつながりに必須なモノ」=「情報機器やコンテンツ」という意識が高いのではないだろうか。

 生活の中であなたが「楽しい」と感じるのはどんな瞬間か。家族で話し合ってみるのも面白いかもしれない。







転載終了
 
  List
  この記事は 246888 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247211
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp