暴走する悪徳エリートの所業
247174 〔統計分析〕計画停電が「焼け太り原発推進プロパガンダ」にすぎない疑い
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 11/03/15 AM00 【印刷用へ
『〔統計分析〕計画停電が「焼け太り原発推進プロパガンダ」にすぎない疑い』(低気温のエクスタシーbyはなゆー)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
☆計画停電・東京電力総発電量 (原典聖書研究)

リンク
リンク

総計するとどう見ても 現役総発電量 は

総火力   1・ ★ 32,766,000 kW 39機 10系統 42系統
総原子力 2・ ★ 4,912,000 kW 7基
総水力   3・ ★ 8,671,380 kW 162ヶ所
協力    4・ ★ 1,050,000 kW 3機


東電総発電量  2・ ■ 50,029,542 kW 228ヶ所
最大電力需要が 1・ ■ 41,000,000 kW で

どうみても東京電力の発電可能総量は予想需要よりも9,000,000 kW ほど余裕が在りますよね?

なんか計算が全然合わないですよね!!

おかしいのじゃないでしょうかね。 私の計算が間違っているのでしょうかね?

まだ他に

横須賀火力発電所
総  2,630,000 kW 6機 2系統  2010年4月から長期計画停止

という遊ばせている設備も在りますよね???

不思議ですね!! それとも公表されている発電所が嘘ナノでしょうかね?

まさか、原子力発電が無いと首都は停電するので「国民の皆様原発は無くす事が出来ない」と言うプロパガンダに国民を教育する為に、偽装電力逼迫を内閣や政府に経済産業省原子力安全保安院が結託して宛にならないマスコミを巻き込んで国民を愚弄している なんてことは無いでしょうね?

《関連ツイート》

きっこ(ジャコビニ流星打法)
リンク
福島原発が止まったために電力が足りなくなったように報じてるけど、実際は「福島原発と5箇所の火力発電所」が止まったことが原因。5箇所の火力発電所が動けば電力は足りる。

Yu Kato
リンク
東電が火力をフル稼働させると、火力と水力で4600万KWHの発電能力がある。柏崎原発分を加えると5500KWHになる。しかるに、東電は地震のため今3100KWHしか発電できないという。5500−3100=2400KWHの火力発電はどこに消えたのか?(数値は概略値)

Yu Kato
リンク
消えた東電の発電能力2400万KWHのうち、地震で止まっているのは700万KWHしかない。

Yu Kato
リンク
東電の消えた火力発電能力2400万KWH−地震停止火力700万KWH=1700万KWHをフル稼働させるために4月末まで6週間かかる理由を推測は可能です。冬場はスタンバイでなく完全休止させているから。原発の定格運転のとばっちりです。6週間あれば地震被害からの復旧も可能なはず。

Yu Kato
リンク
地震で破損火力:広野260万+常陸那珂100万+鹿島320万=680万KWH。ほかに千葉、五井、神奈川とかがあがっているが、破損程度は低いとおもう。鹿島も地震被害甚大とも思えない。

カトラー
リンク
輪番停電ファシズムですな。国民にお願いするなら節電から始めるべき。何より節電、自粛を批判する声を排除する空気がTwitter上など蔓延してる。東電は自然代替エネルギーどころかスマートグリッドさえ鼻で笑って原発に傾斜していた。そのつけを払わされていることを忘れてはならない。

よねざわいずみ(温泉好き)
リンク
ふと思いましたが、もしやこれは官僚が作ってあった事故時用の裏マニュアルを機械的に運用してたりして。

☆「節電」と人心操作
リンク
投稿者 デペリエ 日時 2011 年 3 月 14 日 10:01:35

菅首相が国民に呼びかけた節電の訴えに、善良な日本国民の大多数は喜んで協力しようしているように見受けられ る。ツイッターで「節電」を検索するとよくわかる。この未曾有の「国難」に直面し、いても立ってもいられない気持ちでいた時に、自分たちにもさっそく実行出来る「善き行為」が見つかったので、むしろう浮き浮きしている様子が見られる。そして、「計画停電」の不便を甘受しながら、電気の有り難さに改めて気づくことであろう。

しかし、この節電は本当にのっぴきならない必要からとられた措置なのであろうか? 例年の夏の電力消費量のピーク時(これは常に何とか切り抜けている)に比べて3月の消費量はどのくらいであろうか?

私のこの疑問に対する答えとして、
「東京電力の発電所、水力と火力で4535.1万キロワット。それに柏崎と福島の原発が全部動くと1730.8万キロワット。需要量は4100万キロワット。バックアップとメンテを考えてもまかなえるはず」というツイートがあった。「水力発電所のなかには、電力需要減の見込みで、タービンを設置していないところもあるようです」という補足もあった。

いっぽう、「東電の電力供給力は5200万kwから3100万kwに低下。同社最大需要は01年夏の6100万kw、3月のピーク4000万kw台。ちなみに、福島では100万kwクラスの東電原発が11基止まっています。本当にやばい」と答えた人もいた。石井孝明氏である。氏は政府や官庁よりの人のように見受けられた。

今度の「計画停電」は実に機械的で乱暴な措置である。東京都23区内は部分的に実施されるようであるが、リストを見ると了解に苦しむ点が多い。千代田区、中央区、港区、新宿区等が除外されているのは分かるような気もするが、葛飾区は含まれて江戸川区は除外、豊島区は目白だけが含まれる、という不可解さである。

全く、急遽八つ当たり的に作られた案のようだ。節電の措置は別の方法で、例えば、企業別の制限とか、派手な照明や広告の制限とかも考えられよう。しかも夕方発表し、翌日早朝からの実施とは! まさに東電と菅首相のヒステリーの発作だ。東電は消費者を脅迫しているのだ。

政府、電力会社、マスコミは、今一斉に沸き起ころうとしている「脱原発」の動きを封じ込めようと必死になっている様子。これで電気の有り難さを身にしみて知らせた上で、原発は必要だという結論に国民をもっていかせようと企んでいるのである。

今回の「計画停電」は東電や菅首相が人心操作の巧妙な手段として考えついたもののように思われてならない。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 247165 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247174
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
249083 夏でも東電は電力供給可能 石敢當 11/04/09 PM00
247913 原発に事故があった場合に停電で市民を脅迫し反原発の声を口封じするための戦略=計画的犯行停電 猛獣王S 11/03/25 PM01
247364 節電すれば原発はなくせる 匿名希望 11/03/17 PM11
247236 電力不足危機あおる東京電力に憤り〜広瀬隆氏〜 猛獣王S 11/03/15 PM11
247176 計画停電の代替案 火中の栗 11/03/15 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp