採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
247160 3/13なんでや劇場(1) 牧畜によって何が変わったのか?
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/03/14 PM10 【印刷用へ
ユーラシア大陸には大きくは、コーカソイドとモンゴロイドという2つの人種がおり、コーカソイドは印欧語族(白人)とセム族・ハム族(ex.アラブ人)に分かれ、モンゴロイドは北方モンゴロイドと南方モンゴロイドに分かれる。

これまで、部族移動というテーマで、各人種の起源と移動の歴史を探ってきた。そこでは歴史事実の探索が中心であったが、今回からは、その事実を元に、それぞれの民族特性を構造化してゆく。

今回はまず、白人(欧米人)の意識構造の解明に入る。

そのためにまず、彼らの特徴を固定する。

@略奪性の高さ。
近代世界は白人の世界征服によって形成されたと言っても過言ではない。しかし、それは近代になって始まったものではなく、コーカソイドの部族移動の歴史でも明らかにされたように、数千年前から一貫して略奪性が高く、白人の原点に近いものである。

この間の追求で一番大きな論点は、白人(印欧語族)の出自は真っ当な部族ではなく、山賊・海賊集団(ギャング集団)であるということ。そこから略奪性や侵略性は一直線に登場する。また、その略奪性の高さが、支配性向(→秘密結社の存在)や貧富の差に繋がっている。

Aこれは、彼らの自我の強さ→観念性の強さも連関していると思われる。

B彼らが長ずる社交術・交渉術の背後には騙しがあり、これも略奪集団発であることと近い位置にある。

C未解明の問題として、白人は法治主義=先進国の証明であると称して、やたら滅多ら法律で社会を規制するが、彼らの法治主義はどこから発生しているのか?

D女に対する怯え・不信、あるいは敵視。その裏返しがレディーファーストだが、この構造はどこから登場したのか?

これら白人の意識構造がどこから出てきたのか?が今日の追求テーマであるが、『実現論』にその半答えはある。

従来の説は、遊牧という生産様式→男集団(斥候部隊)の派遣→男原理の集団・社会に変わり、ついに略奪闘争が始まったという論理である。そこでは、西洋と東洋の違いは略奪闘争の在り様の違いで説明されている。つまり、西洋はほとんど皆殺しの略奪闘争によって共同体が破壊され、共同性を失い自我の塊になったのに対して、東洋では略奪闘争は覇権闘争の色彩が強く、そこでは支配−服属という関係で敗者も共同体が残存し、共同性を強く残存させることになった、という論理である。


それに対して、最近『るいネット』で私権性の起源に牧畜があるという説が紹介された。
確かに、狩猟部族→牧畜部族→遊牧部族→交易部族という段階を経て略奪集団に至ったという流れを、どの略奪集団も例外なく経ていると考えられる。だとすれば、牧畜→遊牧→交易→略奪の各段階で、何が形成されたのかを追求してゆけば、白人の意識構造の全貌を立体的に掴むことができるだろう。

●牧畜が登場して何が変わったのか?
それまでの原始共同体から、牧畜が登場することによって何が変わったのか?

狩猟→牧畜が登場した理由は、森林よりも貧しい草原において牧畜によって生産性を上げるためである。狩猟で食えるのであれば牧畜は登場しない。

農耕→牧畜というルートもあるという説があるが、それも狩猟部族に農耕が伝わって、部分的・補助的に農耕をしていた部族である。∵牧畜の起源である追い込み猟→囲い込みは狩猟部族しかできない。

牧畜が登場することによって、何が変わったか?
@これは栽培も同じだが、牧畜によってはじめて、常時蓄積された財が登場する。それ以前も例えば、洞窟に動物の死骸の骨を溜めることはあったはずだが、そこでは財という意識はなく、収穫物の蓄積財が登場してはじめて財産意識が登場したであろう。

Aもっと大きな転換は、動物を飼い馴らすという自然の摂理に反する行為が登場したことである。
それまでは自然(動物)は畏敬の対象であり、生命をいただく代わりに感謝の念を捧げていたわけだが、その自然を人間が飼い馴らすというパラダイム転換が起きた。

牧畜では家畜を制御・統制する必要があるが、それはアメとムチによって家畜を支配することと同義である。また、去勢をはじめ性を抑制・管理してゆくが、それらは自然の摂理に反する相当残虐な行為である。このような家畜の制御・統制→アメとムチ→去勢という自然の摂理に反する行為を通じて、家畜を管理・支配する部族に残虐性が刻印されていった可能性も考えられる。
 
  List
  この記事は 245354 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247160
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
293593 生類を支配・利用する欧米人と、仲間として共に生きる日本人 おおさかじょん 14/08/14 PM10
248775 【中国】中国人の特徴@ 〜自己中心、ご都合主義、独善〜 西知子 11/04/05 PM08
【男の居場所はどこにある】 〜私婚関係から私権の共認へ(1)〜 「感謝の心を育むには」 11/03/27 AM08
247781 もう一度自然の摂理に合った日本人の生き方を見直した方がいいのでは 安部真未 11/03/23 PM01
247645 3月13日の劇場の内容図解化をして・・・ 川島尚 11/03/21 PM07
247635 狩猟から牧畜へ転じたパラダイム転換 太刀川省治 11/03/21 PM01
3/13なんでや劇場「欧米人の、侵略性と支配志向と観念収束の成立構造」(1) 牧畜によって何が変わったのか? 「日本を守るのに右も左もない」 11/03/21 PM00
247616 同類圧力という初めて経験する外圧を受けて、牧畜という生産様式を生み出した人類は自然の摂理を逸脱した。 倭民 11/03/21 AM03
247614 人類史の流れ定着へ 川島尚 11/03/21 AM02
247294 争いを回避する手段がパラダイム転換につながったんだ! 石川笑美 11/03/16 PM11
247284 理解できたような気がします。 ますみん☆ 11/03/16 PM09
247161 3/13なんでや劇場(2) 遊牧によって何が変わったのか? 冨田彰男 11/03/14 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp