日本を守るのに、右も左もない
247139 震災後、みんなの意識が、ネットを中心に統合されていく感じ。
 
タコ墨。 ( 四半世紀 豊中 ) 11/03/14 AM08 【印刷用へ
阪神淡路大震災のときには、Windows95がまだ出ていなかった時代。

家庭用のコンピュータは未だそれほど普及せず、「2ちゃんねる」も、「mixi」も「Twitter」も存在せず、現代のように、「携帯電話」もそこまでの利便性を持った道具としては存在せず、「メール」も「ブログ」も「つぶやき」もできなかった時代。情報収集やマス発信は、「マスメディア」を介してしか、行いようがありませんでした。

あれから15年、大きな時代の流れの中で、みんなの意識を統合する「インターネット」が登場し、マスコミの報道に対する批判、情報をもっと集めたいという思い、みんなを助けたいという意識の発信などが、本当に容易になったと感じます。

未曾有の大震災という悲劇の中で、人と人とがつながっているという感覚。現地の人たちには届かないかもしれないけれど、確実に、一人一人の意識は、ネット上に発信されています。

例えば、みんなで節電しよう、と誰かが「つぶやき」、「チェーンメール」が回り、マスコミの報道を待たずに、現状の状況を整理し、伝えようと、誰かが「ブログに発信し」、「掲示板に書き込み」、みんながこの危機的状況に答えを出そうとしています。

自分ひとりでは何もできないし、プロに任せるしかないけれど、この感覚をもっているかぎり、自分たち関西人に何かができる番になったときには、すぐに動き出せるはずです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247139
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
254932 「ネット新党」構想 猛獣王S 11/07/30 PM08
248938 ネットで拡がる被災者支援、節電の動き 疾風怒濤 11/04/07 PM05
人と人とが繋がっているという感覚☆*:・° 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 11/03/23 PM02
247210 「東北地方太平洋沖地震」、『世見』サイトに書かれていたことが的中しています。 あおい 11/03/15 PM07
247180 皆さんの発信、ありがとうございます。 権守美保 11/03/15 AM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp