採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
247088 西洋の恐ろしさ:エリートが大衆を羊のように管理/搾取する社会
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 11/03/13 PM01 【印刷用へ
西洋は、一部のエリート(貴族や聖職者)が大衆をヒツジのように管理する社会。そのためにダブルスタンダード思想を駆使している。その西洋と対峙するイスラムは観念で武装している。
・・・・面白かったので転載します。

中二病図書館さんの最新記事 リンク より転載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各地に武家屋敷という、お侍さんが住んでた家が残ってます。武家屋敷の特徴は、支配階級だった侍の家なのにひどく質素で飾り気がなく、質実剛健という感じの建物が殆どです。

そりゃ、農民の家よりも立派だったでしょうが、同時代のヨーロッパの貴族の館や、フランスのヴェルサイユ宮殿なんかに比べると豪邸とダンボールハウス程の違いを感じられます。イスラムのモスクや、日本の武家屋敷を見ると何にも感じないのに、ヨーロッパの教会や城・貴族の屋敷だけはなんか知らないけど、怖さというか恐ろしい寒気というものを感じるんです。
(中略)
ヨーロッパモノはよくテレビに映るけど、イスラムのモスクはあんまり出ないから比較するために、動画や写真でたくさんのモスクやついでに、中東のお金持ちの古い家なんかも見たんですけど、何でか感じないんです。

すごく不思議です。モスクも石造りなのにですよ。

この怖さは、キリスト教勢力に無残に殺されたインディオや黒人の怨念でも張りついてるのだろうか?と思うほど不可解な感じなのです。

でも色々調べていくうちに怖さの正体が少しわかったような気がしました。

欧米の搾取の恐ろしさ

欧米は、中近東ではその本性を出したけれども、日本では表のいい顔ばかり出してたので、日本人の多くが西洋の闇についてわからなかったと思うのです。

最近になってようやく、アメリカから搾取されている事に気がついてくるようになりましたが、まだまだこんなものは序の口です。

中近東では欧米よりの国王や独裁者が権力の座につくと、とんでもない格差社会になったりすることがよくありました。

そこで欧米化するから格差社会になるから、イスラムの教えに則った平等な社会を作るべきだということでイスラム原理主義が出てきます。

別にイスラム原理主義は女性抑圧や自爆テロだけが本業じゃないんです。福祉活動に熱心に取り組むのも「原理主義」のひとつの形なので、イスラム原理主義は結構人気があるんです。パレスチナのハマスだって福祉活動に熱心なので。

西側の人は、何故イスラム原理主義が人気を集めているのかいまいち不可解なのですが、中近東では昔から、欧米化するととてもひどい格差社会になったりすることがあったから原理主義が人気が出るんです。

日本は長らく、欧米のいい所ばかり見せられてたので、わからないのですが、中近東の人は100年近く前から欧米から本性むき出しで搾取されてきました。


欧米社会というのは、頭のいいエリートが大衆を羊みたいに管理して搾取するというのが本質なのです

アリストテレスが言ってるじゃないですか。

奴隷は生きた財産である。・・・生き物はまず精神と肉体からなっている。そのうち一方(精神)はその性質上統治するものであり、他方(肉体)は統治されるものである。精神が肉体を統治するように、主人は奴隷を統治する。奴隷にとっては、統治されるのがよいことである。

欧米のエリートは、古代ギリシアの哲学を学びます。欧米の多国籍の大企業を見ると、この思想がチラチラ見えるような気がするんですよねえ。


この基本を忘れないようにすれば、何でもわかるような気がします。

日本でも、アメリカ帰りとか言われる欧米的な志向を持つエリートは、モロにこういう思想をするではないですか?
2ちゃんねるで高学歴で学歴選民思想を持つ人は、大体欧米のエリートと同じ考え方をします。

その搾取が行き着く先が南アフリカですよ。
南アフリカでは、一部の人は超豪邸に住んでるけど、大多数の黒人はバラックに住んでます。
それを見ると、中丸薫の本に出てきたのと同じ恐ろしさを感じました。

ああ恐ろしさの正体はここから来てるのかと。
欧米的な社会は、自由や民主主義などいいものもありますが、コインの裏表みたいに恐ろしい搾取主義とセットになってるような気がするのです

中近東の人はその辺のダブルスタンダードをわかっているのです。

やっと恐怖の正体の一部がわかりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(転載以上)
日本のニワカ特権階級(官僚・マスコミ)と違って、西洋のエリートはかなり頭が良くしかも貴族の血統であることは良く聞くところだ。しかしそれは数千年におよぶ牧畜→奴隷社会の結果で、それが階級として固定化されている。

 
  List
  この記事は 247019 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247088
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
247089 奴隷の管理から生まれた欧米型経営 井上宏 11/03/13 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp