採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
246859 家畜化と農耕と遊牧、都市国家2〜家畜化と社会余剰〜
 
彗星 ( 中年 ) 11/03/08 PM05 【印刷用へ
[heuristic ways]のサイトより『家畜化と社会余剰(リンク)』より。
---------------------------------------1より
 文明の発生ということを説明するために、著者は英国の考古学者チャイルドのいう「社会余剰」(ソシアルサープラス)という用語を持ち出している。《…ごくあっさりと説明するならば、社会余剰とは、社会のなかにあって食糧生産に従事しなくてもよい人間のことである。そして文明とは、この食糧生産に従事しなくてもよい人間たちによって、つくりだされたのである。》
 こうした社会余剰が成り立つためには、まず十分な食糧余剰が存在しなければならない。さらに、社会余剰や食糧余剰が「集中され、組織される」ようにならなければ、文明というものは成立しない。
 ここで著者は、農耕生活者(農耕民)の社会と牧畜生活者(遊牧民)の社会とが、相互に依存(交換)しあいつつ、時に敵対(戦争)する場面を想定する。そして、農耕民社会に侵入する「遊牧民の論理」に関して、次のように説明している。
///////////////////////////////////
牧畜生活者も、いまでは搾乳ということを知って、家畜の乳を、かれらの最も重要な食糧資源としている。ところでこの乳というものは、家畜を殺したうえでなければ手に入らない肉とはちがって、家畜がかれらの子どもにのませるためにつくった、いわば家畜によって家畜のために生産された食物なのである。だから牧畜生活者は、家畜の生産した食糧の余剰をピンハネしている、ずるい奴だといわれても仕方がない。
 牧畜生活者は、乳や肉だけを食物にして暮らせないわけではないけれども、かれらにすれば、やはり穀物も食べてみたいのである。かれらはいままでに、いろいろな機会をとおして、農耕生活者のつくった穀物を食い、そのうまさもすでに知っていたことだろう。たとえば乾季に農耕生活者の家畜をあずかり、そのお礼としてもらった穀物を食っていたかもしれないのである。しかし、牧畜生活者もちゃんとした人間である。穀物ほしさに、農耕生活者のところへいって、強盗したり殺人したりするようなことはしない。
 けれども、もし、農耕生活者のがわに、食糧余剰ができて、それを集めて倉庫にしまいこんでいるというようなうわさが、農耕社会に出入りしているものから聞こえてくると、余剰のピンハネなら、家畜の乳のピンハネと同じことじゃないか、そんなものを遊ばしておく手はない、というのがかれらの論理である。
 それじゃ、あの集団をひとつ手に入れようじゃないか……。これもかれらの論理である。そもそものはじめ、かれらが家畜を手に入れたときでも、一頭一頭を相手にするようなケチくさいまねはしないで、群れごとごっそりと手に入れたのである。それをここで思いかえしていただきたい。
//////////////////////////////////
そしてこうした「遊牧民の論理」、いや実際の侵入や襲撃に対抗するために、農耕民集団のがわにも、職業的軍人、常備軍が必要になってくる。さらに、こうして軍事化した農耕民集団は、農耕民集団同士でも戦争を起こすことがあるだろう。このとき勝利した軍の指揮者は、大歓迎を受け、その発言力を強める。《かれの社会的地位はついに神格化されて、食糧余剰を一手に掌握し、それによって、神官、軍隊、役人をはじめ、その他必要なもろもろの職人、労働者をまるがかえにすることが可能となる。》
 著者はこうした有機的統合体を、「超世帯的世帯」(スーパーオイキア)と呼ぶ。
///////////////////////////////////
いまや古い経済組織と社会組織とは、ヒツジの群れの経済組織と社会組織にたとえられるものとなり、超世帯的世帯それ自身は、これに対して新たにヒツジ飼いの経済組織なり、社会組織なりを作ることとなったのである。このようにして人類の社会は立体化し、はじめて縦に分かれたふたつの社会の重複構造をとるようになる。社会がこのような構造をとるにいたったときには、これを重層社会とよんで、いままでのような重層化のみられぬ、原始以来の単層社会と区別することができる。
///////////////////////////////////
著者によれば、こうした「超世帯的世帯」が「国家の原型となるもの」であり、「歴史的にみれば、これはいわゆる都市国家へ、いま一歩というところまできている国家を想定しているのである」。
---------------------------------------転載終了
 
  List
  この記事は 246858 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_246859
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
262016 ミルクと搾取〜肉:搾取と乳:資本の関係〜 彗星 12/03/08 AM08
247136 動物文明(家畜&麦作)vs植物文明(稲作&漁業) 西村真治 11/03/14 AM03
アーリア人のミトラ信仰⇒本源共認を喪失した略奪集団を統合するための観念収束 「日本を守るのに右も左もない」 11/03/13 AM08
247019 牧畜に西洋管理社会の源流をみる1:家畜の起源 山澤貴志 11/03/12 PM01
新モンゴロイド(トルコ族)とコーカソイドは、どのように遭遇したのか? 「日本を守るのに右も左もない」 11/03/10 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp