採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
246858 家畜化と農耕と遊牧、都市国家1〜家畜化と社会余剰〜
 
彗星 ( 中年 ) 11/03/08 PM05 【印刷用へ
[heuristic ways]のサイトより『家畜化と社会余剰(リンク)』と題しての記事を転載します。遊牧前の状況が分かります。
---------------------------------------転載
農耕と牧畜の起源という問題について他に参考になる本はないかと書店で探したところ、今西錦司・池田次郎・河合雅雄・伊谷純一郎『世界の歴史1 人類の誕生』(河出文庫、1989年)という本があり、この中に「農耕はじまる」「牧畜はじまる」という章があった。
 この本の考察で興味深かったのは、野生植物の栽培化ということに関して、それがたんに人間による植物の選別や利用であるだけでなく、むしろ「植物のほうからはじまった人間への適応」が結果として「人間と栽培植物のあいだの相互適応」を生み出したと見ていることである。
 そして同じことは家畜化した動物に関しても当てはまるのではないかと、著者は推測している。
///////////////////////////////////
植物あるいは動物が、こうしてまずむこうから人間的環境に適応することによって、人間に対する第一次的な歩みよりをとげたのちに、認められればとりあげられて、栽培化あるいは家畜化の待遇を受けるようになるという場合も少なくない。
///////////////////////////////////
著者によれば、イヌは「人間が飼養をはじめた最初の動物」だが、「イヌを牧畜の対象ということで、家畜に数えるのは、おかしなものである」。
 イヌ以外で、どの動物の家畜化がいちばん古かったかということに関しては諸説あるらしい。シベリアにおけるトナカイの家畜化がいちばん古かったという説(ウィルヘルム・シュミット)もあるが、いまではこの説に反対する人が多い。西アジアにおけるヒツジの家畜化がいちばん古いという説も出ていて、著者は「決め手」はまだ提出されていないというが、どうやらこの説が有力だと見ているようだ。
 家畜化の方法に関して、著者の発想が刺激的なのは、「人間が個々のヒツジをだんだん馴化するのではなくて、ひとつのヒツジの群れを、群れごと一挙にして手に入れた」のだと見ていることである。「群れにはちゃんとリーダーというものが存在して」おり、「リーダーが逃げれば他のものも逃げるけれども、リーダーが逃げなければ他のものも逃げない」。だからリーダーを手なずけることによって、群れ全体を帰属させることができたのだと。この点で、著者は、「群れを人間に帰属させる手段として、まず群れの中から幼獣をとらえてくるという、梅棹忠夫の幼獣捕獲説には賛成しかねるところがある」と批判している。
 さらに興味深いのは、この家畜化=牧畜の成立ということによって、人間と家畜化された動物との間に、「保護者と被保護者」の関係、つまり新たな「社会的な組織づけ」が生じた、という洞察である。
///////////////////////////////////
…こういう砂漠にとりかこまれ、草の不足しがちなところに住みついた人間と動物とが、いつまでも食うものと食われるものの関係にあるということは、どちらにとっても生活の脅威である。それを牧畜にきりかえたところで、食うものと食われるものの関係が、なくなるわけではないけれども、牧畜をとおした相互適応による共棲関係とは、いままでの食うものと食われるものの対立を、いちおう保護者と被保護者という、一種の順位関係によって調整統合し、これによって、そこにいままでみられなかった社会的な組織づけが、新しく生じたものと解することができるのである。
 したがって、いままでどおり何頭かが人間に食われていても、それは保護してもらうことに対して被保護者がわの払う、一種の税金のようなものとみてよいのかもしれない。
///////////////////////////////////
これはほとんど人間と家畜との間の政治的関係(=統治)の成立といえるだろう。そして実は、ここから、人間による人間の「家畜化」(=統治)、新たな「社会的な組織づけ」の発生はあと一歩なのである。
---------------------------------------2に続く
 
  List
  この記事は 241514 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_246858
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
348531 遊牧・牧畜と無縁な日本人の生命観 彗星 19/08/15 PM10
246859 家畜化と農耕と遊牧、都市国家2〜家畜化と社会余剰〜 彗星 11/03/08 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp