共同体社会の実現
246857 当面の大事なことの見通しと意志決定
 
匿名希望 11/03/08 PM04 【印刷用へ
船井幸雄「いま一番しらせたいこと、言いたいこと」リンクより転載します。
-------------------------------------------------------------
3月3日は忙しい日でした。
 3月15日前後に書店店頭に並ぶ徳間書店刊の拙著『「包みこみ」と「確信」が今後の決め手』の校了日が3月4日でした。だから3月3日中に再校を終り、付加する記事を書き、この日の間に出版社に送らねばならなかったので、朝から「てんてこまい」をしていました。
 それは急に、この本のさいごに(「あとがき」のあと)に、「日本はねらわれている。2−3年中に国家破綻の可能性あり。気をつけよう」という文章を、2000字分ほど付加したからでもあります。S&Pの日本国債の格下げやムーディーズの動き、そして日本国債10年ものの金利の高騰から考えて、世界の格付け会社やヘッジファンドなどが、日本と日本国債をねらいはじめた可能性がありますので、一筆どうしても日本人のためにその大事なポイントを付けたしたかったのです。
 詳しくは拙著をお読みください。
 これら当面の大事なことや、その対応には重大な意志決定が必要だからです。
 3月3日の午後から夕方にかけて、何人かの人が訪ねて見えました。もちろん前からお会いする約束をしていた人ばかりですが、その中のお2人から、むつかしい相談をうけました。
 1人は弁護士さんで、私とは特に親しい人です。
 「中国はどうなりますか? 副島さんやベンジャミンさんは“大丈夫、経済成長はつづく。潰れない”と言っていますが、船井先生の御意見は? また顧問先で中国に進出したいという会社が多いのですが、安全に進出するためには、どういう方法がいいでしょうか」という御質問です。
 私の意見は、昔から、企業としては、中国はリスクがありすぎるから、物を買うのはよいが、売るのは先方から「売ってほしい」というものだけを、一つ一つ先金をもらうことにして売ること以外は、「合弁会社であれ、何であれ、進出しない方がよい」ということで一貫していました。
 いまの中国の将来性には、ほとんど期待できない……と私は見ているからです。
 必ず近々に大暴動が発生し、いまの共産党政権では、それを止めることは不可能だろうとも思うのです。多分、中国は大きくさまがわりするでしょう。
 もちろん、大事な隣国であり、13億人もの人口を抱える国ですから上手に発展してほしいのですが、自由の抑圧やその支配の形態は、戦前、戦中の日本以上のもようです。
 おそらく、この辺で180度国の方針を変えないと、一つの国家としてうまく運営できなくなるように思います。いわんやいまはIT時代。ムリな報道統制などは、どうしても、かえってマイナス効果です。
 この日の結論は「中国と対等条約を結んでいるシンガポールの会社とでも合弁企業をつくり、その会社を主にして進出する以外、いい方法はないでしょうね」というような答になりました。
 そのあと、ある上場会社のトップが見えました。専門部門では、日本一の会社です。そのトップからはつぎのような話しがありました。
 「リビアはどうなりますかね。カダフィが亡命するか、死をえらぶしか仕方がないと思うのですが、それはいつ頃でしょうかね。その時に原油や商品価格はどうなるでしょうか?」というストレートな御質問でした。
 私を含めて、だれでも、このような近未来のことには興味がありますが、それははっきりは分らないからです。私にも分りません。しかしこういう時の私の予測はどういうわけか過去30年ほど、ほとんど外れなかったので、いまでもこういう相談が相つぎます。
 「はっきりは分りませんから、責任は持ちませんよ。
 ただ私の勘では、今月中くらいに、はっきりするような気がします。
 いずれにしても原油高は止まり、原油は暴落するでしょう。
 マクロにみると、金余りで物不足なので、インフレ、金利高、国債安は今後はさけえないでしょうが、当面、金、銀、以外は下がるでしょう。
 まあ目先のことが大事なのは分りますが、私がいま言えるのは、日本やアメリカの国債を持っていらっしゃるのなら、すぐ売ること。これからはマネーゲームというかゼロサムゲームというか、虚業的なこと、いわゆるバクチや投機は、経営者としては、おやめになることですね。詳しくは、もうすぐ出る私の本にこれからの時流などを詳しく書き足しましたので、それでもゆっくり読んで決めてください」ということで終りました。
 そのあと、このホームページの3月4日付けの原稿を書いたり、送られてきた池田整治さんの著書の『マインドコントロール2』(ビジネス社刊)を読んだり、「にんげんクラブ誌」の、私への羽生善治さん(将棋名人)と奥田祐斎さん(染色家)からの質問にこたえたりで、3月3日は、あわただしい一日でした。それでも、私はもう気楽な身分なので、昔に比べると、1/3〜1/4の忙しさでした。
 ともあれ、私はいま日本人であることに幸せを感じています。
 世界でもっとも安全、安心な国。信用のある国。
 経済的にも、それなりに人並み以上の国。休みが多く、人たちが平和ぼけしている国。10年で10人以上も首相が変り、政治家と役人がおちぶれた国。彼らは、もうリーダーでもエリートでもありません。これはすばらしいことです。
 こう考えますと日本は本当によい国です。
 GDP増とか経済拡大を考えずに生きていけるこの日本国に誇りを持ちましょう。
--------------------------------------------------------------
転載終了
 
  List
  この記事は 246698 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_246857
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp