現代意識潮流を探る
24648 社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/02/22 AM02 【印刷用へ
同類圧力とは、期待⇔応望の圧力を母胎として生起する評価圧力(評価共認⇔評価競争の圧力)、および(その評価共認によって収束→固定された)制度・規範・観念の固定圧力であり、全ては共認圧力である。
この圧力を受けて、
〇外識機能は、個人や集団を超えた社会圧力(上記の共認圧力)を把握しようとする認識欠乏(注:これを脱集団という意味で、外向欠乏と呼ぶ)に収束する。
注:この外識機能の外向基調(外向欠乏・外向収束)は、内識機能の充足基調(充足欠乏・充足収束)と並ぶものである。
注:マスコミもネットも、社会探索も事実収集も、実現論も、全てこの外向欠乏が生み出したものである。
〇内識機能は、個人や集団を超えたより広い対象に向かい、多くの人とのつながり(広がり)欠乏に収束する。
注:これは外識機能の外向基調が生み出した共認(期・応)欠乏である。

かつて、人類の同類闘争(とそれが生み出した集団を超えた社会圧力)は、掠奪闘争(その原基は縄張り闘争)として顕現し、それが私権時代の幕開けとなった。それに対して、現在生み出されつつあるのは、縄張り闘争ではなく、つながり(共認)を紐帯とした本源的な社会収束であり、これは人類史的に全く新しい潜在欠乏の発現である。
これまでこの本源的な外向欠乏は、私権引力やその縄張り集団によって打ち消されor閉ざされてきた。しかし、’70年以降の私権の衰弱につれて私権引力やその縄張り集団を超えて、人々が個々につながってゆくという形で、本源的な外向欠乏が徐々に顕在化してきた。
そして、遂に’02年、私権統合の崩壊によって外向欠乏⇒社会収束の潮流が一気に顕在化してきた。(但し、まだ人(つながり)収束に留まっており、社会そのものに収束していないという意味では半顕在化の段階にある。)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24648
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
社会を変える『トモダチづくり』〜社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流〜 「感謝の心を育むには」 11/07/28 PM00
244261 社会収束2  私権圧力を超えた外向収束の潮流  聴写して ノン 11/01/18 PM11
241163 猿・人類特有の内識機能と外識機能の断層!? 佐藤祥司 10/11/24 AM08
240593 外向欠乏の顕在化→私権統合の崩壊の事例 COLA 10/11/10 PM11
238994 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 三澤超洋 10/10/06 PM01
238875 人つながりと社会収束を繋ぐものは? 匿名希望 10/10/04 AM03
233663 今や外向収束の潮流は私権圧力を超えた 匿名希望 10/06/24 AM08
233631 まだ人(つながり)収束に留まっている ヨネ 10/06/23 PM06
233617 私権の崩壊から外向収束へ 佐藤晴彦 10/06/23 AM08
232708 共認圧力の現在 K.G 10/06/04 PM08
228414 私権圧力を超えた外向収束の潮流 岡田英利子 10/03/16 PM10
〜社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/02/09 PM09
221742 大転換の時代に生きている。 匿名希望 09/12/12 AM00
221716 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 馬場真一 09/12/11 PM09
213415 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 匿名希望 09/08/22 PM09
210197 なんで屋活動が大潮流となる? 宮本昇 09/07/05 PM01
206474 「社会」を鮮明に意識する時代 星埜洋 09/05/14 AM01
206470 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 坂本日出夫 09/05/13 PM11
204251 マスコミの凋落と共認社会の実現 COLA 09/04/13 AM01
202825 社会収束は、そもそも「本源的」でなければできない。 越見太士 09/03/24 PM10
201229 倒錯思考(現実否定)では、外向欠乏が生起するはずがない。 Rivet16 09/03/02 PM10
201224 【図解】「社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流」 匿名希望 09/03/02 PM08
201214 【幹図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 新川啓一 09/03/02 PM06
200144 人類社会の普遍構造 金木洋平 09/02/20 PM01
200142 内識機能の充足基調がつながりに収束 わっと 09/02/20 PM01
200140 【図解】社会収束1・2 川井孝浩 09/02/20 PM00
200025 排除から共認へ 佐藤晴彦 09/02/18 PM06
193780 次なる固定圧力を作り出す事が急がれる。 八代至誠 08/12/02 PM02
193766 今年が転換期では waiwai 08/12/02 AM11
193733 意識(共認)が変わり→制度が変わるが、窮屈で目先的 コスモス 08/12/01 PM11
193727 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 大森義也 08/12/01 PM10
192545 共認時代の「外識機能=内識機能」の意味とは? 土屋範明 08/11/18 AM00
192469 共認空間は「社会」という巨大なスケールが前提 鈴木康夫 08/11/17 AM00
190739 ’70年から現代はまさに「収束不全」の歴史 渡邊真也 08/10/26 PM06
182407 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 鈴木隆史 08/07/31 AM00
181852 認識機能(外識+内識)は共認圧力次第 center_axis 08/07/22 PM08
181408 「脱集団」は視野を広げること 中村康次郎 08/07/17 AM04
181374 今の社会では・・・ 山田哲也 08/07/16 PM07
181336 射程距離 ジャック・ダニエル 08/07/16 AM09
181290 ネット社会を生み出した欠乏は 神家佳秀 08/07/15 PM08
180310 外向欠乏はいつ生まれた?? 樫村志穂美 08/06/30 AM10
177727 評価競争に限界はない 匿名希望 08/05/28 PM07
177630 時代に求められているのは 匿名希望 08/05/27 PM10
177618 社会収束を加速させるために 匿名希望 08/05/27 PM09
177607 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 ゆ〜た 08/05/27 PM07
174451 意識を常に社会に向ける。 あいうえお 08/04/19 AM08
174332 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 麦秋 08/04/17 PM06
172630 同類圧力を外識機能で把握するのが出発点 岡本誠 08/03/18 AM08
172201 課題捨象の『逃避空間』では充足できない 吉川功祐 08/03/10 PM03
171343 社会収束の潮流 ヨネ 08/02/22 PM10
171340 友チョコ、レタ交、携帯Web閲覧に見る現物志向の潮流 彗星 08/02/22 PM09
171336 【繋がり】系のブログは【代償充足】の一つであり衰退してゆく傾向にある 志水満 08/02/22 PM08
171335 メディアが衰退した今、ネットの質が問われている 是永恒久 08/02/22 PM07
171330 評価競争の時代になり、外向収束することが評価共認を得る条件でもあり、充足欠乏にも応えられる 佐藤晴彦 08/02/22 PM06
171322 小泉が残したもの・・・私権統合の崩壊と認識収束の顕在化 こうた 08/02/22 PM05
171236 事実捨象のマスコミと、高まる人々の事実収束 斎藤裕一 08/02/21 AM00
170806 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 匿名希望 08/02/13 PM05
170593 期待応望の共認圧力が社会を変える源泉 バスケットマン 08/02/09 PM07
170584 個人や集団を超えた、同類圧力による同類闘争=認識闘争 渡辺卓郎 08/02/09 PM03
170578 評価共認⇔評価競争の圧力が高まってきている パンダマン 08/02/09 PM00
169779 縄張り闘争・縄張り集団を超えるか超えないか?の大きな違い 彗星 08/01/27 AM08
169678 社会空間における共認は「答え」が創り出す。 K.G 08/01/26 AM00
167744 外識機能と内識機能の欠乏をともに充足させる場がるいネット 磯貝朋広 07/12/25 AM09
167696 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 宮崎未帆 07/12/24 PM02
164502 人々の社会収束の足枷となっているマスコミ 酒井裕志 07/11/01 AM08
164495 脱集団、社会収束を加速する統合サイト 新川啓一 07/11/01 AM02
164482 共同体の解体と現在の意識潮流〜万人がつながる可能性への道すじ〜 HAYABUSA 07/10/31 PM10
164479 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 (その現在の状況とは?) 浅見昌良 07/10/31 PM09
163804 社会そのものに収束できないのはなんで? 匿名★希望 07/10/20 AM00
163775 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 コスモス 07/10/19 PM05
159630 【図解】社会収束への流れ 川井孝浩 07/08/24 PM01
159507 ポイントは「意識を“自分からみんな”へ」 吉岡由香里 07/08/23 AM01
159455 人収束は、5年間で数万倍 西村真治 07/08/22 PM00
159271 脱集団とは 匿名希望 07/08/19 PM02
159269 外識と内識がイコールで結ばれる 狒狒 07/08/19 PM02
156574 『’02年、私権統合の崩壊』に至るまで 【2002年の事象】 大森義也 07/07/10 PM11
156569 『’02年、私権統合の崩壊』に至るまで 【2001年の事象】 大森義也 07/07/10 PM10
156558 『’02年、私権統合の崩壊』に至るまで 【2000年の事象】 大森義也 07/07/10 PM09
156500 オンリーイエスタディ…02年私権統合崩壊 わっと 07/07/09 PM09
156445 「私権圧力を超えた外向収束の潮流」の一事例:内部告発 向芳孝 07/07/08 PM07
155562 視野と自我は反比例 鍛冶屋 07/06/29 AM00
155452 「みんな発」はこんなところにも。。。 谷光美紀 07/06/27 PM11
155233 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 澤根和治 07/06/25 PM03
155227 社会収束の大潮流が、マスコミetcの淘汰圧力を生み出し始めている! 井上宏 07/06/25 PM01
154717 外向欠乏⇒社会収束の顕在化はインフラの拡大とそのネットワークにより実現される 宮本昇 07/06/18 PM11
150287 みんなで優れた投稿を輪読するのは、外識=内識を加速させる 喜田育樹 07/04/26 PM00
147707 新認識を体得するほどに、共認対象は広がり、社会は充たされていく。 福田尚正 07/03/22 PM03
147599 「否定意識から充足基調に変わったという認識転換の重要性」 TAB 07/03/20 PM02
146681 何が全く新しいのか 山上勝義 07/03/08 AM08
146670 みんなの期待を捉える事で外識機能はまともに働く デラウェア 07/03/07 PM11
144180 ニートを卒業する為には、答えを見つけていかなくてはいけない ゆずの素 07/02/05 PM03
143178 今の組織、社会に突破口はあるのか ポパイ 07/01/24 PM02
143151 表層的でない、本源的な社会収束のために 獅子丸 07/01/24 AM06
143115 「自分だけ」では、危機意識すら芽生えない ジャック・ダニエル 07/01/23 PM07
143110 外に目を向ける 32 07/01/23 PM06
意識潮流と色彩心理 「conte.diary」 07/01/17 PM10
142537 課題捨象をし続けている場合ではなくなった! 大嶋洋一 07/01/17 AM01
142506 社会全体への意識転換 米澤祐介 07/01/16 PM10
142504 本来の共認充足を体験する者だけが生き残る時代 熊澤敬輔 07/01/16 PM10
142499 社会収束は「自分=みんな」の答え探し 鈴木康夫 07/01/16 PM08
139231 構造認識がなければ収束しきれない くるくま 06/12/04 AM01
137420 外向収束の潮流を右傾化させていないか。 高田敦 06/11/14 PM08
137412 人(つながり)収束を越えて社会収束できる場って本当にあるの?? 中北千奈美 06/11/14 PM05
137411 外向欠乏と右傾化 ビッグバンアタック 06/11/14 PM04
137399 中身のない情報によって共認支配されるな。 匿名希望 06/11/14 AM09
137395 本源的な社会収束への第一歩。 猪原裕子 06/11/14 AM02
137387 この先どうなるのか ぎゃお 06/11/13 PM11
137384 取引先からのマイナス評価よりも、一市民からのマイナス評価が怖い時代 浅田祥幸 06/11/13 PM11
133866 社会収束の顕在化にどう応えるか 新井弘 06/10/11 PM05
133840 外識機能と内識機能 佐藤晴彦 06/10/11 PM00
133582 社会収束の顕在化 松井英仁 06/10/08 PM03
133574 実現回路・再生 笠原光 06/10/08 PM00
133491 【図解】 社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 森政子 06/10/07 PM07
132358 内識機能がおかしいから... 是永恒久 06/09/28 PM06
132331 【図解】社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流 越見源 06/09/28 AM11
132328 いつの時代も中身は違えど同類圧力は私たちに働いている。 近藤文人 06/09/28 AM10
131277 社会圧力が生み出す、社会不全(社会収束) 村田貞雄 06/09/18 PM08
130207 世界的な共認圧力も働いている。 今井勝行 06/09/07 PM04
130201 社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流【図解】〜人収束から社会収束に向かうには 坂本日出夫 06/09/07 PM02
130198 内識機能・外識機能の逆転と収束先の変化 野田雄二 06/09/07 PM01
107063 「本当は集団に入ったのではなく、社会に出たのだ」は、存在全体を構造化し、可能性収束を導く言葉 山田真寛 06/03/09 PM11
100768 あらためて「なんで?」追求の重要性に気付く 竹村誠一 05/11/13 AM00
98887 今こそ現実を対象化し実現思考を習得べき リバーバンク 05/10/11 AM01
98688 パラダイム転回の対応した学校教育の必要性 井上光利 05/10/07 PM05
94392 社会収束の行方 前山薫 05/07/12 PM11
94324 答えがどこにでもあれば… base 05/07/11 PM10
91194 JR事故を臨界点に人々の意識は動いた。 田野健 05/05/21 PM11
89640 探索能力を高めようとする意識潮流 矢ヶ崎裕 05/04/27 PM07
88733 共認欠乏と対象認識をつなぐ社会空間における実現回路=媒体 山澤貴志 05/04/12 PM10
87836 媒体需要の先にある「るいネット」 熊谷順治 05/03/24 AM01
87776 解脱媒体から認識(答え)媒体へ 吉川明博 05/03/23 AM03
86481 就職するという事 マー 05/02/28 AM02
85200 どうすればいいの?にこたえをあげる事から始まるのかも・・・? 西麻美 05/02/05 PM10
84218 人々が個々につながっていく事例 矢野聡子 05/01/19 AM08
83426 新しい繋がりを創ろうとする欠乏 村上祥典 04/12/31 PM05
83123 外圧=内圧という適応原理 福島健 04/12/24 PM11
82282 外へ外へと向かう 立石裕美 04/12/09 AM08
82278 外圧=内圧の構造を認識する 麻丘東出 04/12/09 AM02
25293 答えとしての『実現論』の更に先にこそ 佐藤祥司 02/02/28 PM11
24953 縄張りを超えた個々の繋がりの先にあるもの。 笠原光 02/02/26 AM00
24943 評価の軸足は透明性 橋本正雄 02/02/25 PM11
24897 社会収束の半顕在化 山本豊 02/02/25 AM11
24883 内から外へ、自分探しから本来の答えへ 冨田彰男 02/02/24 PM11
24876 冒険からシェアへ 岡本誠 02/02/24 PM10
24867 新たな同類圧力の胎動 田野健 02/02/24 PM06
24857 社会圧力(共認圧力)は活力源 浅見昌良 02/02/24 AM02
24828 個人や集団を超えた評価共認へ誘う言葉 麻丘東出 02/02/23 PM11
24823 関係回復→社会収束 田村飛鳥 02/02/23 PM11
24802 外向収束が、「万人による社会統合」の必然的な基盤 村田貞雄 02/02/23 PM09
24790 旧来の仕事や利害を抜きにした新しい関係を求めて 森田政則 02/02/23 PM03
24771 外識機能の原点 田野健 02/02/23 AM01
24758 私権闘争にかわる評価競争の場への参加が意識を変え社会を変える 上平貴昭 02/02/23 AM00
24751 事業が本源の社会収束を実現する。 伊藤浩 02/02/23 AM00
24736 外向欠乏を加速させるもの 田中一成 02/02/22 PM11
24715 人との繋がりから社会への流れへ 川井孝浩 02/02/22 PM09
24711 社会不全の極み 麦秋 02/02/22 PM08
24710 チャットのつながり 野本水奈子 02/02/22 PM08
24702 つながりの先は言葉 喜田育樹 02/02/22 PM05
24694 「場をつくる」という課題が社会収束を顕在化させる 匿名希望 02/02/22 PM02
24691 外向欠乏を収束させるNWは答えを知る者の務め 大河明日 02/02/22 PM02
24687 つながり欠乏と広がり欠乏 るぎあ 02/02/22 PM02
24680 人から社会 琵琶湖 02/02/22 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp