古代社会
246247 西欧だけが性を罪悪ととらえる文化であるのはなぜかB〜隠蔽したいローマ帝国崩壊後の空白の200年間
 
ギニュー特戦隊 11/02/24 PM08 【印刷用へ
Aの続きです。
Aでは現代西欧の「女性恐怖と快楽敵視の思想」とローマ時代の「快楽重視の思想」との大きな違いについて紹介しました。

では、現代西欧の文化・価値観はどこで作られたのでしょうか。今回はローマ帝国崩壊後の空白の200年間に焦点を当てて、引き続き論文を引用したいと思います。

女性恐怖のドイツ的起源
−ヨーロッパ文化史の再構築に向けて
リンクより

以下抜粋引用*****************************************************

V.だれもが思い出したくない空白の二百年

今日あるヨーロッパ文明の起源が、古代ギリシア・ローマ以前ではなく、もっと近い過去に存在する可能性を、ドイツの歴史家セバスチャン・ハフナーは指摘している。

彼は、ローマ帝国崩壊後の五世紀から七世紀にかけての時代にヨーロッパに起きた真実が、現代の人びとにほとんど伝わっていない事実に着目する。そしてその理由が、その時代に起きた本当のことを「おそらく誰も思い出したくなかった、もしくは後世に思い出させたくなかったからだろう」と推察しているのである。

どうして思い出したくないのかを探りだすのは、さほど難しいことではない。それは、現代にいたるまで国家、法律、軍事の面で西洋の規範をなしているといっても過言でないローマ帝国が、以上の二世紀あまりの期間に、文明のレベルからすればローマの足元にもおよばないゲルマン人によって破壊し尽くされただけでなく、この野蛮な勢力によって西ヨーロッパ全土、いや北アフリカまでもが席巻されるなかから、今日につながるヨーロッパの新たな秩序が誕生したからである。

ゲルマン人による殺戮に次ぐ殺戮の想像を絶する大混乱の中から、今日あるイタリアも、フランスも、スペインも、そしてイギリスも、まぎれもなくゲルマン人の王が支配する王国として誕生したのである。

これらの地域からゲルマン人がなんらかの理由で撤退するか追いだされ別の民族に取って代わられた事実は、唯一北アフリカから侵攻したイスラム系ムーア人によって、今日のスペイン地域を支配していた西ゴート王国が八世紀初頭に滅ぼされたことを除けば、まったくない。

国民国家を前提とする価値が浸透した今日的観点からすれば、ヨーロッパ全土がゲルマン人の支配下におかれるなかから、今日につながるヨーロッパ文明が生まれた事実は、一般にはできれば認めたくないものであろう。

とりわけドイツ人が二〇世紀にはいって二度も世界戦争を引き起こした悪夢を経たあとの現代おいて、この事実は居心地の悪い不名誉としか思えない。

だからこそヨーロッパ人は、自分たちの優れた文化を語る際、とかくゲルマン的秩序が支配していた中世を「暗黒の時代」と呼びあまり触れたがらず、古代ギリシア・ローマからあたかもルネサンスを経て近代が生まれたかのごとく語りたがるのだろう。

しかしこの二世紀あまりに起きたことは、いまや世界を隅々にまで塗り固めんとする資本主義の発生源を見いだすうえでは、きわめて重要な意味をもつと言わざるをえない。

なぜなら、〈世界全体を狩猟区とみなす戦闘性〉と〈女性恐怖と快楽敵視を旨とする禁欲〉という二つの要素から成り立つことがますますはっきりしつつある現代の資本主義は、逆にいえば、これら二つの要素を何にもまして重要視する民族のなかからしか生まれ得なかったはずだからである。

すでにみたように、地中海文明に属する古代ギリシアやローマ人には、戦闘性という要素に関してはある程度備わっていただろうが、第二の要素である性的快楽を憎み嫌う精神となると、それを、文明を築くための絶対条件とみなしていた証拠はどこにも見いだせない。むしろ逆に、すでにみたように、民衆に心地良さとスペクタクルを提供することを、きわめて重要なものと考えていたとみなさざるをえないのである。

ローマ帝国崩壊後、ヨーロッパ文明の担い手が、狂暴なまでに戦闘的であると同時に快楽を極端に忌み嫌う、ローマ人とはまったく別種の民族に取って代わられたことを知ることから、ヨーロッパ文化史を初めて整合性のあるものとして把握しうる道が開ける。

ちょうど日本でいえば、聖徳太子の大化の改新によって天皇を中心とした中央集権的な律令制度がそろそろ整いはじめる時期に、ヨーロッパでは、高度なレベルに達していたローマ文明がいちどすっかり破壊尽くされ、すべてをゼロからリセットするかのごとく、まったく価値の異なる人種による支配がはじまったのである。

しかしこの新たな支配者たちは、石の家をひとつ建てる知識もノウハウも持ち合わせていなかった。ヨーロッパの支配権を確立したとたんに彼らが行ったことは、かろうじてローマの高度な文化やテクノロジーの継承者として生き残ったキリスト教の修道士や司祭を自分たちの側につけることと、自らの野蛮な出自を消し去らんとするかのごとく、ローマの継承者を名乗ることであった。

それはちょうど、人類の文明が廃墟と化した理由を探ることをタブー視し、まるで最初から自分たちが高度な文明の担い手であったかのごとく地球を支配する猿の世界を描き出した SF映画『猿の惑星』と、どこか似通った現象である。

〜以下省略〜

引用ここまで***************************************************
Cへ続く
 
  List
  この記事は 246245 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_246247
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
ゲルマン人と古代ローマ人の性に対する意識の違いとは? 「共同体社会と人類婚姻史」 11/06/23 AM08
246250 西欧だけが性を罪悪ととらえる文化であるのはなぜかC〜二つのまったく異質な文化圏の衝突とゲルマン部族の支配方法 ギニュー特戦隊 11/02/24 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp