人類の起源と人類の拡散
245329 2/6なんでや劇場(1) 1万年前以前の極寒期には南欧以北の欧州は無人だった
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/02/08 PM01 【印刷用へ
【資料】
@「■コーカソイドの部族移動」図解リンク
A「■Y染色体亜型の世界的分布」地図リンク

地中海沿岸、ギリシア・ローマ、エジプト・シリアといった周辺には、8〜6万年前には黒人が進出していたと考えられる。

5〜6万年前から2万年前までは最終氷期。但し、最終氷期の間には、4万年前等比較的温暖な時期もあり、欧州ではクロマニヨン人(新人)の生存が確認されている。ネアンデルタール人(旧人)の生存も確認されているが、3万年前には絶滅。

最終氷期終了後も、1.3〜1.15万年前にはヤンガー・ドリアス期(最後の極寒期)がやってくる。この極寒期(−8℃)には旧欧州人は南下したため、1.1万年前の時点では南欧以北の欧州は無人化した。但し、南欧、例えばスペインのバスク地方にはそのまま住み続けており、現在のバスク人(白人で長身)はクロマニヨン人直系の子孫と考えられている。

1万年前からの温暖期にステップの北上に応じて、一旦南下した欧州人が東欧・北欧に北上した。当時は、西欧や北欧はステップ地帯だったが、アナトリアやコーカサス、メソポタミアは森林地帯で、その一部を開墾して農耕が開始。イラン高原もステップ地帯で牧畜や遊牧が営まれていた。

1.3〜1.15万年前の極寒期の欧州は、本当に無人だったのか?
極寒期の人類遺跡があるかが最終的な決め手であり、今後も調べて証明する必要があるが、比較的温暖期の遺跡が見つかったからと言って、そこに人類が住み続けていたとするのは大間違いである。例えば、バイカル湖周辺で比較的温暖だった4万年前の遺跡があったことをもって、NHKや学者たちはあたかもそこにブリヤート人が住み続けたかのような報道をしているが、文献調査の際には彼らのアホさ加減を頭に入れて調査する必要がある。

まず、極寒期の人類に同化する必要がある。
まず減ってゆく食糧を確保するには、弓矢をはじめとする武器が必要であり、寒さに耐えるためには防寒が十分な衣服が完成している必要がある。3万年前には防寒具も弓矢も発明されておらず、洞窟で暮らしていたのが当時の人類である。そんな人類が極寒期に北方で生存できるはずがない。

そういう部族にとって、洞窟を出て移動することは生存確率1割以下の危険な賭けである。まして、寒冷期に食糧がなくなってゆき、追い詰められた上での移動は、生存確率1〜2%の「決死行」となる。実際、ネアンデルタール人は手遅れで絶滅した可能性が高い。

NHKの番組によれば、シベリアのマリタ人は移動テントで暮らしていたとのことだが、移動テントであれば寒くなれば簡単に移動するのであって、寒い場所に居続けたなどということは有り得ないだろう。

学者やTVのアホさ加減を示す例をもう一つ挙げる。

学者やマスコミはシベリアの人類を「マンモスハンター」などと称して、出土した骨の数からこれだけの頭数を狩っていたなどと発表しているが、この時代の人類がマンモスを狩れるはずがない。出土した骨の数からみても当時の主要な食料はトナカイである。マンモスの骨が出土するのは、当時の主要食糧が動物の死骸の骨髄であり、マンモスの死骸の骨を持ってきただけにすぎない。
 
  List
  この記事は 243368 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_245329
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ「人類の部族移動」その6〜1万年前以前の南欧以北の欧州と原欧州人 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/05/04 PM08
246221 「マンモスハンター」という嘘 【その3】 火中の栗 11/02/24 AM03
246220 「マンモスハンター」という嘘 【その2】 火中の栗 11/02/24 AM03
246219 「マンモスハンター」という嘘 【その1】 火中の栗 11/02/24 AM02
245780 僕が最近思うこと。(前からかもしれない) SSS 11/02/16 AM08
2/6なんでや劇場「コーカソイドの移動」(1) 1万年前以前の極寒期には南欧以北の欧州は無人だった 「日本を守るのに右も左もない」 11/02/10 PM03
245374 遺伝子で見る日本人との違い 1 新聞会 11/02/08 PM11
245334 2/6なんでや劇場(2) 原欧州人とシュメール人の出自 冨田彰男 11/02/08 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp