実現論を塗り重ねてゆく
244805 12.5万年前、人類の脱アフリカルートはアラビア半島経由だった!〜本日のニュースより
 
田野健 HP ( 50 兵庫 設計業 ) 11/01/29 PM01 【印刷用へ
新聞の1面に踊った脱アフリカのニュース。
そこでは新ルートの証明。さらに12.5万年前にすでにアラビアに居たという証拠が出た。この発見はかなり大きく、これまでは10万年前以前の間氷期に”当然”人類はアフリカからユーラシア大陸に北上したという説まではあったが、証拠がなかった。今回の発見はそれを裏付ける形となり、さらに脱アフリカのルートを従来の地中海から黒海へという単一ルートから、むしろ早期には脱アフリカ⇒アラビア半島⇒インド西側という複数のルートが成立していた事を示した。

考えてみれば当たり前で、アフリカから最も渡りやすいルートがアラビア半島の南西部であることは地図を見ればわかる。わざわざ北上しなくてもこのルートを辿ればほぼ海沿いにインドまでたどり着くことができる。12.5万年前或いはもっと以前から、この間氷期に人類は一気に拡散していったのだろう。

2つの通信社の記事を転載しておきます。
>現生人類(ホモ・サピエンス)が約20万年前にアフリカ東部に出現した後、約12万5000年前にはアラビア半島東部に居住していた可能性が高いことが分かった。これまでは、インド洋沿いに同半島に進出したのは約6万年前とみられていた。
 英ロンドン大などの国際調査隊が、アラブ首長国連邦(UAE)の遺跡の中から現生人類が作ったと推定される約12万5000年前の石器を発見したと、28日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 この遺跡はペルシャ湾とインド洋をつなぐホルムズ海峡近くにある。調査隊によると、石器の特徴はアラビア半島の他の遺跡で発見された物より、アフリカ北東部で見つかった石器に近かった。アフリカ東部とアラビア半島西部を隔てる紅海の入り口にある海峡の水位が気候変動で下がり、渡りやすかったのではないかという。 (時事通信)

>約20万年前にアフリカで出現した現生人類(ホモ・サピエンス)は、従来の説より早い約12万5千年前に、紅海南端付近のルートをたどって中東・アラビア半島に到達したのではないかとする研究結果を、ドイツや英国などのチームがまとめ、28日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 アラブ首長国連邦(UAE)の遺跡で発見された石器の分析などから推定した。現生人類がいつアフリカを出て、どんな経路で世界に広がったかは長年、議論になっている。これまでは、ナイル川流域を通って約6万年前から地中海やアラビア海沿いに拡散していく、より北寄りのルートだとの見方が強かった。
 東アフリカからアラビア半島南部に直接渡ったとの今回の研究についてチームは「現生人類が、いかにして世界に広がる『種』になったか、再検討が必要だ」と主張している。
石器が発掘されたのはUAE東部のジュベル・ファヤ遺跡。見つかった握斧(あくふ)などの年代を測定すると約10万〜12万5千年前で、中東の他地域で見つかった石器より、東アフリカなどで現生人類が使っていたものに似ていたという。(47NEWS)

石器発見場所の地図も転載しておきます。
リンク
 
  List
  この記事は 243120 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244805
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「続・人類の拡散」シリーズ 初期ホモ属〜人類初の出アフリカ ホモ・エレクトス?〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/02/16 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp