実現論を塗り重ねてゆく
244322 日本は多様な人種がいるだけでなく、驚くほど多様な生物が生きている
 
2U 11/01/20 PM01 【印刷用へ
日本列島では維持できた高いDNA多様性は、外圧環境(=自然環境)の多様性と関連があるのではないか?と感じさせるような調査研究を紹介します。
昨年NHKで放送された、「日本列島 奇跡の大自然」という番組の内容です。


>日本列島は“多様な自然が残されている場所”として、今、世界中から注目を浴びている。

なぜ、日本列島には、それほど豊かな自然が誕生したのか?最新の研究により、気候、地質、海流、DNA、化石といった様々な分野のデータから、日本の自然は、「数え切れない地球の偶然の積み重なって生まれた奇跡」だということが見えてきた。

地球規模の視点で日本の自然を見つめ直す2回シリーズの1回目は森。
日本の位置する緯度は、本来は砂漠となる地域である。ところが、日本は7割近くもが森に覆われている。森には多種多様な落葉広葉樹が広がり、世界でも日本でしか見ることのできない固有の生きものたちが数多く暮らしている。
(ガラパゴス諸島の固有種は110種。日本の固有種は131種。日本と同じぐらいの大きさのイギリスの固有種は0。ガラパゴスよりガラパゴスな日本)
リンク
リンク
リンク

>氷の海からサンゴ礁、さらには1万メートルの深海まで、あらゆる環境が日本の海にはそろっている。また、最近の国際調査で、日本の海にすむ生きものが3万4千種で、世界一多いことが明らかになった。
なぜ、日本の海はこれほどまでに多様な環境に恵まれているのか?その秘密は「境界線」。はるか上空から日本列島を俯瞰してみると、海にいくつもの「境界線」が見えてくる。 陸と海の「境界線」。海流がぶつかり合うことで生まれる「海の境界線」。プレートの「境界線」。大陸と大洋の「境界線」。
これらの境界線が、絶妙なバランスで影響し合い日本の海に豊かな多様性を生み出している。
リンク
リンク

これによれば日本の山・海ともに非常に多くの生命が生存しており、このような地域は日本のほかにどこにもないようです。
日本人(そのルーツである縄文人)の受け入れ体質は、このような多様な生命に囲まれ、八百万の神に祈りをささげる(感謝する)精神が創り出したようにおもいます。
これとは対比的に西洋の自然は同種の生物(植物)が時代によって完全に塗り替えられます。この自然のありようと、民族意識(一神教や帝国支配)は深く関わっているとおもいました。
 
  List
  この記事は 242846 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244322
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp