日本人の起源(縄文・弥生・大和)
244307 日本語の起源:「文法は北方由来、語彙は南方由来」の謎⇒変化したのは大陸の言語のほう。スンダランド海没が解明の鍵!
 
山田真寛 ( 40代 愛知 経理 ) 11/01/20 AM02 【印刷用へ
日本語は、文法は北方由来、語彙は南方由来という。文法はかなり厳密にアルタイ的であり、語彙はインドネシア語など南方の言語に共通性が多く見られるという。

しかし、ここで問題があり、北方とは文法の共通性にかかわらず単語はさっぱり似ていない。南方は基礎語彙に共通性が見られるにかかわらず、文法は全く異なっている。(東南アジアの文法はSVO、英語型がほとんど。)ネジレ関係である。

日本語がもと南方の英語型の文法で、のちアルタイ語の文法に変わったとして、なぜ全く単語が入ってこないのか。曲芸かマジックとしか思えない。(逆を想定しても同じ。)何か前提に間違いがあるに違いない。

先の「なんでや劇場」のY遺伝子追求では、日本人は古くからの遺伝子を蓄えていることが明らかにされた。また、人類古来の共同体を保持しているのはやはり日本人である。言語についても、アジアの古い形を保持していると考えるべきだろう。変化したのは、大陸の言語のほうと考えるのが自然ではないか。

従って、スンダランド諸語は、文法は日本語と同じ膠着語、語彙も現日本語に共通のものがあったと推測します。おおげさに言えば原日本語がスンダランドにあった。そして、

【1】日本列島に到達したものは、その後温暖化→海面上昇で、大陸との距離が広がったこともあり、古い言葉を維持。→現日本語へ。(ヨーロッパでも孤島アイスランドに古いゲルマン語が残っているという。)
【2】スンダランドから北方へ向かったもの(O3)は乾燥・寒冷適応で肉体改造したくらいだから、気候にあわせて発音体系(喉と唇の運動様式)も改造したと思われる。→単語が跡形もなく変わってしまった。文法はそのまま。アルタイ語族。
【3】東南アジアに残ったものは、スンダランド海没過程で、民族移動、民族接触を繰り返し、すでに言語の地域差が大きいため、意思疎通の必要から文法が簡単になった(英語型の語順へ)。(参照244305)単語は日本語と共通のものを残す。

と言うことではないかと考えられる。

このよう(【3】のように)に考えると、東南アジアを囲む形で同心円状に、膠着語(日本語型の文法)がぐるりと配置していることが納得できる。(ドラヴィダ語、ビルマ語、チベット語、チュルク語、モンゴル語、朝鮮語、日本語)

さらに、【1】のように日本語がスンダランドの言語を色濃く残していると考えたほうが、母音語族(146997)と呼ばれることにも整合しそう。

日本語は文法も語彙も南方由来の言語ということになる。
 
  List
  この記事は 244305 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244307
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
250395 日本語起源アルタイ語説は全く的外れな学説 ET 11/04/27 PM00
246067 文法は容易に変化する→文法的共通性は起源論の根拠になり得ない 西谷文宏 11/02/21 AM03
日本語は文法も語彙も南方由来の言語 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/02/08 AM08
245256 日本語の成立構造に関する仮説 雪竹恭一 11/02/06 PM05
244781 日本語の起源 岸良造 11/01/29 AM07
244681 「文法は北方由来、語彙は南方由来」の謎⇒変化したのは大陸の言語のほう。〜とアホバカ分布図法則の一致 狒狒 11/01/27 AM02
シリーズ「南から見た縄文」〜予告編 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/01/27 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp