人類の起源と人類の拡散
244144 アボリジニーの男女の役割・儀式A
 
マリー ( 兵庫 OL ) 11/01/17 AM01 【印刷用へ
【女の役割】
アボリジニ社会では、「命を産む性」である女性は、自然のエネルギーとより密接に結びついているとされ尊敬されていたそうです。
それと同時に森から木の実等の日常の食料の60%は女性達が調達していたそうで、森の木の実のある場所や病気にきく薬草など、女性から女性へと受け継がれていったそうです。

【男の儀式・婚姻様式
この恐ろしくも神秘的な木はアボリジニにとって「御神木」のようなものだったそうで、男性が大人になる儀式がここで行われていたそうです。
これがなかなか大変な儀式で、その上この儀式を終え、大人だと認められたら、体に切り傷をつけ炭の粉を擦り込んで各部族を表す傷模様をつけるそうです。
その儀式を何年かおきに繰り返し、最後の儀式を終えると結婚できるそう。リンク

【男女の儀式】
伝統的なアボリジニーの社会には、「精霊の社会」と交わるための儀式がたくさんある。「精霊」は、地上と天上に住んでいるとされ、普段はどこにも存在していて、彼らの祖先が地下に戻る時に通った、丘や平原や岩の形などを作っていると考えられている。その精霊が生み出される大地はすべてのものの母であるとされます。

彼らの祭礼には多くの神秘的な部分が垣間見られる。代表的な祭礼の中には「コロッボリー」という社会の重大事を記すというものがある。これは精霊の祭典で音楽、踊りなどを通常は夜に行うもので、祭礼に参加する者は男女に関わらず多彩なペンキで体に神聖な模様を体中に描いている。羽や動物の皮を身につける人もいる。アボリジニーの文化には、男女それぞれ別の儀式や物語、祭礼がある。しかし、コロッボリーのように全員が参加する祭りもある。 リンク

【儀式の意味】
 アボリジニの場合、儀式そのものが進化していて動物だけに限らず植物の採集、自分の部族がであったきた事柄、万物の創造を意味する男女の性愛についての踊り、自分達を養い生かしてくれる大地への賛美歌など多種多様だが、根本的なところではパワーアニマル(守護霊)への供養に重点を置かれる。

 つまり踊りの本質的な意味合いはトランス状態に入り非日常的な世界に赴き、あらゆる動物に変身する事によってアルター・エゴ(第二の自己)を呼び覚まし、超自然的なものと繋がるということといえる。 その結果が自然界の動植物の繁栄であり、自分達の社会の繁栄でもある。
 したがって儀式とは自然界において人間だけが持つ重要な使命であるといえる。 リンク

*アボリジニの死生観については、239794に詳しくありました☆ヤノマミリンクと通ずるところがありそう☆
 
  List
  この記事は 244141 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244144
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
アボリジニーの人々 「男と女の職場話」 11/01/26 AM00
244565 男と女は役割があるから充たし合える 阿部和雄 11/01/24 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp