人類の起源と人類の拡散
244144 アボリジニーの男女の役割・儀式A
 
マリー ( 兵庫 OL ) 11/01/17 AM01 【印刷用へ
【女の役割】
アボリジニ社会では、「命を産む性」である女性は、自然のエネルギーとより密接に結びついているとされ尊敬されていたそうです。
それと同時に森から木の実等の日常の食料の60%は女性達が調達していたそうで、森の木の実のある場所や病気にきく薬草など、女性から女性へと受け継がれていったそうです。

【男の儀式・婚姻様式
この恐ろしくも神秘的な木はアボリジニにとって「御神木」のようなものだったそうで、男性が大人になる儀式がここで行われていたそうです。
これがなかなか大変な儀式で、その上この儀式を終え、大人だと認められたら、体に切り傷をつけ炭の粉を擦り込んで各部族を表す傷模様をつけるそうです。
その儀式を何年かおきに繰り返し、最後の儀式を終えると結婚できるそう。リンク

【男女の儀式】
伝統的なアボリジニーの社会には、「精霊の社会」と交わるための儀式がたくさんある。「精霊」は、地上と天上に住んでいるとされ、普段はどこにも存在していて、彼らの祖先が地下に戻る時に通った、丘や平原や岩の形などを作っていると考えられている。その精霊が生み出される大地はすべてのものの母であるとされます。

彼らの祭礼には多くの神秘的な部分が垣間見られる。代表的な祭礼の中には「コロッボリー」という社会の重大事を記すというものがある。これは精霊の祭典で音楽、踊りなどを通常は夜に行うもので、祭礼に参加する者は男女に関わらず多彩なペンキで体に神聖な模様を体中に描いている。羽や動物の皮を身につける人もいる。アボリジニーの文化には、男女それぞれ別の儀式や物語、祭礼がある。しかし、コロッボリーのように全員が参加する祭りもある。 リンク

【儀式の意味】
 アボリジニの場合、儀式そのものが進化していて動物だけに限らず植物の採集、自分の部族がであったきた事柄、万物の創造を意味する男女の性愛についての踊り、自分達を養い生かしてくれる大地への賛美歌など多種多様だが、根本的なところではパワーアニマル(守護霊)への供養に重点を置かれる。

 つまり踊りの本質的な意味合いはトランス状態に入り非日常的な世界に赴き、あらゆる動物に変身する事によってアルター・エゴ(第二の自己)を呼び覚まし、超自然的なものと繋がるということといえる。 その結果が自然界の動植物の繁栄であり、自分達の社会の繁栄でもある。
 したがって儀式とは自然界において人間だけが持つ重要な使命であるといえる。 リンク

*アボリジニの死生観については、239794に詳しくありました☆ヤノマミリンクと通ずるところがありそう☆
 
  List
  この記事は 244141 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244144
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
アボリジニーの人々 「男と女の職場話」 11/01/26 AM00
244565 男と女は役割があるから充たし合える 阿部和雄 11/01/24 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp