素人による創造
243854 「相手の不全は何か」を読み取ることってどういうこと?
 
中村淳子 ( 20代 神奈川 おたまじゃくし ) 11/01/12 AM01 【印刷用へ
@共認不全→本源収束
A社会不全→外向収束

 @&A⇒まず『人』収束

============
          
このように、本源収束と外向収束では、不全の元が異なります。
しかし、そのいずれも人に収束す点では同じです。
(25431)



☆先日の体験から・・衝突の原因は根底の不全が異なるからだった。

久し振りに帰省した際に、(久し振りに帰ったのに)政治の事で父と私が大喧嘩してしまいました。

どんな喧嘩だったかというと、
私:「今の日本の政治の仕組みで、上手く行っていないと誰もが感じている。どうして行くのがいいかをみんなで議論していきたい。そのためにはまず事実の追求が必要だし、今の仕組みの中では何も変えられない。」
父:「上手く行っていない、なんて言うが、まず自分はどうしたらいいのか提案はあるのか?今の方法がよくないなって、何の為の民主主義なんだ?そもそも、自分の意見がないのに、現状を否定するなんてなしだ。」


というのから始まって、そのまま、お互い同じ様な事の繰り返し(苦笑)

この衝突:何を問題とするかという議論自体は、私権時代を生きてきた父親世代と、共認原理へ転換して行く社会状況の中で社会に入った私とで、意識の違いが生み出したのだと思います。

ですが、その後に気付いたのが、父が最後に言い放ったこの言葉。
「せっかく帰ってきたお前と、政治の話なんかしたくない!!もっと家族でするような話をしろ!」
というもの。(!!)

(私も父も、このときは頭に血が上ってしまっていたでの、)この言葉は私には、「単に問題を捨象しようとしているだけではないのか、私は単に、父はどう感じているのか知りたかっただけなのに。」と感じられました。

しかし、思い返してみれば、このとき父も同じように「単に、娘と普段の仕事の話で、楽しかった事とか辛かった事を共有したいだけなのに」と思っていたことでしょう。


私は、そのときに父と私との間で『不全の違い』があることをやっと気付きました。

わたしは、るいネットやサロンで認識を学んでいく中で、「答えがない・先が見えない社会。だから、みんなで考えたい!みんながどう考えているのかもっと知りたい!」という“社会不全”を持っていました。

一方父は、日頃話す相手は仕事上のお客さんや母くらいという中で、「年に一度か二度しか会えない子供と、もっと話しをして充足したい!」という“共認不全”を持っていました。

“社会不全”と“共認不全”。お互い不全は全く違うところにあるのに、その収束先が『人』ということは共通するので、父と私との間では、お互いに話はしたいのに平行線を辿るだけの、ただの言い合いになってしまったのです。


自分の期待や、気持ちを正直に相手に伝える事も必要ですが、それだけではだめで、相手の不全を感じ取って、いま、どうしたらお互いが一番充足するのかをもっと意識することが大切である事を学べました。


(お父さん、せっかく帰ったのに喧嘩になっちゃってごめんね。(;;))
 
  List
  この記事は 25431 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243854
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
244014 お父さんの生きてきた時代や意識潮流を押さえてみる 西村真治 11/01/15 AM10
243951 RE:「相手の不全は何か」を読み取ることってどういうこと? 内田ちひろ 11/01/14 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp