人類の起源と人類の拡散
243351 ’10年末なんで屋劇場レポート3〜南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生
 
山澤貴志 ( 45 鹿児島 ITコンサル ) 11/01/03 PM00 【印刷用へ
●南方モンゴロイドの拡散

他方、南方のモンゴロイドは温暖湿潤で豊かなスンダランドを中心に、大きな移動を起こすこともなく、定着して南方に適応的な形質を強めていったが、1.4万年前から6千年前の温暖期には、極地の氷床が溶け出したことでスンダランドの海没が始まり、南方モンゴロイドの拡散が始まる。

その内の一派は太平洋へと乗り出していき、ポリネシア、メラネシア人となり、インドへと流れ込んだ一派がドラヴィダ人となり、中国へ進出した人々が現在につながる原中国人となった。(バイカル湖周辺にいた北方モンゴロイドも南下し合流したと思われるが、前述の通り免疫力に劣るため、少数派となった。)

また1.4万年前の温暖期に、D祖型のモンゴロイドがスンダランドからモンゴル高原へと進出した。しかしそのすぐ後、1.3〜1.1万年前の極寒化に伴い、一方では西回りにチベット方面へ、もう一方では東回りに南下し朝鮮半島を越えて日本へとやって来た。前者は、チベット族(D1,D2)となり、後者は縄文人(D2)となった。

以上、南方系モンゴロイドの系譜を模式図にまとめる。
5.5〜5万年前
インドへ原モンゴロイド到着(C祖、F)
 ├───────┬─────────┬──────────┐
 │       │         │          │
 │   オーストラロイド←スンダモンゴロイド→ シナモンゴロイド
 │       │         │          │
 │       │    1.4万〜6千年前       │
 │       │    スンダランド海没        │
 │       │         ↓          │
 │       │    南方モンゴロイドの拡散     │
 │       │    (D祖、O、O1、O2)       │
 ├───────┼────┬────┼────────┐ │ 
 │       │    │  モンゴル高原へ    │ │ 
 │       │    │  (D祖)    (O1、O2) │ 
 │       │    │  ┌─┴───┐    │ │ 
インドへ    豪州へ   │ チベットへ 日本へ   中国で混血
 ↓       ↓    │  ↓     ↓      ↓
ドラヴィダ人  アポリジニ │ チベット族 縄文人   原中国人 
C、F、O2   C4、K4    │(D1,D2)(D1>C1、C3)(D1,D2)
              ↓
             太平洋の諸島へ
          ポリネシア人・メラネシア人
          C2、K、K3、M1、O1、O3

●新しい北方適応モンゴロイド=新モンゴロイドの登場

1万年前、温暖化すると、スンダランドからパミール高原・タミル盆地に北上していたO型モンゴロイドがさらに北上してアルタイ山脈・モンゴル高原に進出し、新たに北方適応したO3タイプの北方モンゴロイドとなる。このタイプが後のトルコ族、モンゴル族、ツングース族といった現存する北方モンゴロイドの祖となる。この新しく登場し、現在につながる北方モンゴロイドをほとんどが絶滅してしまったC型の旧い北方モンゴロイドと区別するために新モンゴロイドと呼ぶことにする。このO3モンゴロイドはこの後、中国へ進出すると、豚の家畜化に伴って強い免疫力を獲得したためと思われるが、中国人の主流となって行く。現存する中国人は、華北では66%、華南でも33%、チベットでも33%がO3タイプである。

ただし、日本ではO3タイプの比率はそれほど多くなく、都道府県によるばらつきはあるが、24〜14%といったところである。これは同じO3タイプでも免疫力を獲得しないまま日本に到着したためと考えられる。(免疫力の強さと遺伝子タイプは必ずしも一致しないと考えらるべきだろう。)
 
  List
  この記事は 243349 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243351
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「共同体社会における生産と婚姻」〜その6 村落共同体における「性」のありよう 「共同体社会と人類婚姻史」 13/08/17 PM00
「人類の部族移動」1,2,3の中間整理 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/04/04 PM09
12/29なんでや劇場(3)〜南方モンゴロイドの拡散〜東洋人の基層は南方(スンダランド)で形成された。 「日本を守るのに右も左もない」 11/01/09 PM08
243356 ’10年末なんで屋劇場レポート4〜縄文人の起源 山澤貴志 11/01/03 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp