人類の起源と人類の拡散
243349 ’10年末なんで屋劇場レポート2〜モンゴロイドの誕生と北方への進出
 
山澤貴志 ( 45 鹿児島 ITコンサル ) 11/01/03 PM00 【印刷用へ
● 南方(スンダランド・インド)で形成されたモンゴロイドの基層的形質

Y染色体分析によると、原モンゴロイドの登場は5.5万年前のインドとされる。インドのドラヴィタ人はその末裔である。また5〜4.5万年前には原モンゴロイドはアジアの南方(オーストラリア、スンダランド、中国南方)へと広がっていく。各々をオーストラロイド、スンダ・モンゴロイド、シナ・モンゴロイドと呼ぶことにする。

ここでモンゴロイドY染色体の分化を整理しておくと、

C型     F型
│     │
├──┐  K型
│  │  │
C型 D型  O型

となる。このように多様に枝分かれしたが、旧人とも交配したという最新事実から考えて、基本的に枝分かれした各スンダランド人同士も、温暖湿潤で豊かな環境条件に恵まれていることもあって、共存共栄関係にあったと考えられるだろう。

●4.6万年前頃、寒冷化に伴って、インドのインダス河流域にいた原モンゴロイドが北方のパミール高原・タリム盆地へと進出する。これはこの地域がヒマラヤ山脈の影響を受けて、寒冷化すると南方が乾燥化し、北方のパミール高原の方が湿潤化するためである。こうして北方へ進出したモンゴロイドは4万年前の温暖期には動物を追ってバルハシ湖からバイカル湖へと進出した。彼らを北方モンゴロイド(C型)と呼ぶこととする。
しかし、3.3〜2.7万年前の寒冷期には、バルハシ湖からバイカル湖は極寒故に無人化し、人々は大きく二方向に分かれて南下した。主勢力はパミール高原・タリム盆地へと戻り、そこで中央アジア・モンゴロイドと呼ぶべき形質を獲得したと考えられる。もう1派は、更に東へと進路をとって、日本やアメリカ大陸へ進出したと考えられる。(ただし、寒冷期に何故、北上してアメリカへと渡ったのか?は論理的に疑問が残るため、4万年前の温暖期にアメリカへと進出した可能性も否定できない。この点は継続追求課題とする。)

この後、中央アジア・モンゴロイドは温暖期にはバイカル湖へと進出し、寒冷期にはパミール高原へと後退するという「行ったり・来たり」を繰り返しながら、北方適応を進めていった。

しかし、原モンゴロイドのCの形質を強く残している北方モンゴロイドは、多様な交配が進む地域では後発のD,Oの方が免疫力が強いため、基本的に絶滅していった。他集団との交配の少なかった、アメリカ大陸とインドの原住民にかろうじて生き残っているという状態である。
 
  List
  この記事は 243344 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243349
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【東南アジアにおける、南方モンゴロイド的社会とその可能性を探る】1−4南方モンゴロイドに共通する性習俗の特徴 「共同体社会と人類婚姻史」 13/11/03 AM09
258119 日本人の起源=D2 を考える1(C系統の移動経路) 田野健 11/10/29 PM08
シリーズ「モンゴロイドの歴史」2〜人類の出アフリカとモンゴロイドの誕生〜 「共同体社会と人類婚姻史」 11/05/03 PM03
シリーズ「人類の部族移動」その2〜モンゴロイドの誕生と拡散〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/03/21 PM09
12/29なんでや劇場(2)〜北方モンゴロイドは東洋人の基層ではない 「日本を守るのに右も左もない」 11/01/09 AM10
243351 ’10年末なんで屋劇場レポート3〜南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生 山澤貴志 11/01/03 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp