実現論を塗り重ねてゆく
243130 モンゴロイドの歴史E 日本人は、どこから来たのか?
 
案内人 ( 人類史 に 光を照らす ) 10/12/30 AM04 【印刷用へ
■日本人の起源
5.0万年前〜1.5万年前
原モンゴロイドがスンダランドや中国南部に到達。それぞれスンダ・モンゴロイド、シナ・モンゴロイドに。
その後、C1スンダ・モンゴロイドが波状的に日本列島に漂着。

3万年前〜 寒冷期
日本列島が草原化し、大型哺乳類が日本列島へ。
それを追って、北方モンゴロイドが樺太を経由して日本列島に。
(40万年前以降は、対馬海峡が陸地化した時期はないとする説が主力。1.2万年前には、宗谷海峡も海水面下に。)

2.1万年前〜1.8万年前 最終氷期極寒期
C3中亜モンゴロイドが南下。樺太→北海道を通って、日本列島に。

1.4万年前〜6000年前 温暖化→スンダランドが水没し始める。
C1スンダ・モンゴロイドが拡散し、一部が海流に乗って日本列島に漂着。

1.3万年前〜1.15万年前 ヤンガー・ドリアス期
モンゴル高原のDスンダ・モンゴロイド(D2)が、朝鮮半島や北海道を通って日本列島に。
⇒縄文人の主構成員に。D2スンダ:C1スンダ:C3中亜=5:1:1(北方モンゴロイドは消滅?)

3000年前〜(弥生時代が始まる)
 中国大陸の戦乱が激しくなる(春秋戦国時代)
 呉越が滅亡し、江南人(O2b)が南朝鮮や日本列島に逃亡⇒縄文人に同化し、早期弥生人に。(敗軍か?難民か?敗軍なら東日本漂着の可能性も)

2200年前〜
 秦の始皇帝支配の下で、O2b倭人(徐福)が南朝鮮と日本列島に渡来(男女児童3000人、30隻の大船団、最先端の軍備と職工と穀物種)。
(徐福は、四国、紀州、伊豆、青森、出雲、舞鶴、越後、etc.日本各地に分散渡来→関東に大和に匹敵する日本国?) 
⇒縄文人に同化し、弥生人に(O2b倭人が支配)。
 

1900年前〜
 高句麗からの圧力を受け、南朝鮮から亡命民(O2b)が日本列島へ

1700年前〜(古墳時代が始まる)
 朝鮮半島の戦乱が激しさを増し、高句麗、百済、任那、新羅の敗軍の王将O3eが日本列島に渡来。先住の弥生の首長と攻防を重ねながら最後は手を組んで支配階級となる。
 ⇒混血して、現日本人の基層が成立。
※日本語はスンダD2、倭人(タミル人)O2等の南方語の上に、北方アルタイ語C3の文法が導入されたもの?
 
  List
  この記事は 243129 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243130
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
286380 世界四大文明の嘘 川井孝浩 14/01/20 AM00
252660 半島由来の日本の支配者の意識構造@(発想が貧困なのはなぜか) 田野健 11/06/07 PM06
プロローグ「南から見た縄文」 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/03/05 PM08
245769 日本人の起源はいつまでさかのぼるのか? 向芳孝 11/02/16 AM01
245313 ギリシア〜ローマ史まとめ@ 8000年前〜4000年前 略奪戦争の勃発、クレタ文明の登場 案内人 11/02/08 AM00
243958 Y染色体D2系統(≒縄文人)の起源に触れた論文 松井英仁 11/01/14 AM03
243344 ’10年末なんで屋劇場レポート1〜人類史を追求する意義と視点 山澤貴志 11/01/03 AM10
日本人の起源〜北方モンゴロイドはいつ来たのか? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/01/01 PM04
日本人の本源性・共同体体質 「共同体社会と人類婚姻史」 11/01/01 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp