人類の起源と人類の拡散
243124 モンゴロイドの歴史B 1.4万〜1万年前 スンダ・モンゴロイドの拡散
 
案内人 ( 人類史 に 光を照らす ) 10/12/30 AM03 【印刷用へ
■温暖化→スンダランドの縮小・水没
温暖化の影響で極地の氷が縮小していくにつれ、海水面が上昇し、広大な陸地であったスンダランドが1.4万年前頃から水没し始める(6000年前には完全に水没し、東南アジアの海岸線が現在の姿に)。それに伴って、この地で繁栄していたスンダ・モンゴロイドが拡散していく。

1.南アジアを通って、インド亜大陸へ。
(インド亜大陸の原モンゴロイドと混血→ドラヴィダ人に)

2.ガンジス川を遡上して、タリム盆地からモンゴル高原へ。
 【Dスンダ・モンゴロイド】

3.海岸沿いに江南地方から中国全域に移動。
(シナ・モンゴロイド×中亜モンゴロイドと混血→【原中国人】に)

4.北東の東シナ海を航海して、中国・江南地方〜日本列島へ。
(江南のシナ・モンゴと混血、日本列島の中亜モンゴ×北方モンゴと混血)

5.南方のオーストラリア大陸へ。
(オーストラリア大陸に先住していたオーストラロイドと混血→アボリジニに)

6.メコン川などの大河を伝って、チベット高原からタリム盆地へ。
(1万年前にはアルタイ山脈〜モンゴル高原に到達し、新モンゴロイドO3に)

■1.3万年前〜1.15万年前の急激な短期寒冷化期(ヤンガー・ドリアス期)(−7℃〜−8℃)
1.3万年前から急激な短期寒冷化期(ヤンガー・ドリアス期)に入る。アジア大陸内部(中央アジア)では乾燥化が進み、砂漠が拡大した。

○バイカル湖地域
急激な寒冷化の影響で、バイカル湖付近に留まっていた中亜モンゴロイドが東回りでアムール川下流域に移動していった。一部はさらに南下し、中国や朝鮮半島、日本列島にも移動したと考えられる。
この時期、シベリアは三度無人の地になった。
○Dスンダ・モンゴロイド
モンゴル高原のDスンダ・モンゴロイドが、急激な寒冷化の影響で、チベット高原(D1,D3)と日本列島(D2)に移動していく。それぞれ、チベット族、縄文人の主構成員に。
 
  List
  この記事は 243121 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243124
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
モンゴロイドの歴史2〜スンダランドの水没→南方モンゴロイドの大移動 「縄文と古代文明を探求しよう!」 11/01/21 AM00
243757 大陸での東西差がついたのは1万5千年前からの5千年間 田野健 11/01/10 PM04
243125 モンゴロイドの歴史C 1万年前〜6000年前 新モンゴロイドの誕生と拡散 案内人 10/12/30 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp